教職課程

教採では英検準一級がコスパ最強

こんにちは。蜂に刺された男です。

今回は英語の教員採用試験を受けようと思っている方に向けての内容です。

あくまでも「教採において」という視点で見ていただけたら幸いです。

教採における英語資格の利用について

これは英語科の教師や、英語推進枠の小学校教師になりたい人限定の話なんですが、教採ではそのような枠には加点申請が設けられています。

英検やTOEICで高い級や点を持っていると、採点のとき

もっとみる

教採合格体験記

こんにちは。蜂に刺された男です。

先日、大学の方から教採合格者に向けて、合格体験記というものを書いて欲しいとお願いされたので、書きました。

今回はそれです。これまでの内容と重複しているところもあるかもしれないですが、興味ある人はどうぞ。

1.受験した自治体について

私は奈良県の高等学校・英語で受験しました。

試験の内容としては一次試験で教職教養と専門教科(英語)の筆記、集団討論が設けられ

もっとみる

私の教職教養の勉強法

こんにちは。蜂に刺された男です。

教職教養ってどんな内容かわかりますか?

皆さん、大学で「教育法規」とか「教育原理」っていう講義を履修したと思いますが、それのことです。

今回は教採における教職教養の攻略の仕方について、私の考えをお話しできたらと思います。

1.教員採用試験における教職教養の位置づけ

自治体によって採用試験の内容は様々ですが、教職教養の筆記試験は100%設けられています。(

もっとみる

教採で大学生が魅力的になるには?

こんにちは。蜂に刺された男です。

今回は、気持ち的な部分で、大学生がライバルである講師と戦って、教員採用試験を突破する方法をお話ししたいと思います。

また、今回の記事は前回のアンサー記事になるので、そちらにも目を通していただけると幸いです。

教採のライバルについて。

前回の記事、読んでいただけたでしょうか?

教採の受験者の半分は教員経験がある講師や社会経験のある社会人の方です。

そして

もっとみる

教育実習

3週間の教育実習が終わった。

教育実習とは、教員免許所得のために必須となる学校現場での実習のことである。皆様も学生時代に教育教育生が来た経験があるかもしれない。

実習では、授業はもちろん、生徒指導や部活指導も行い、現職の教員とほほ同じ仕事をこなす。

私は極端に朝に弱いので、1時間以上かかる通勤のために朝5時過ぎに起きる事が非常に苦痛だったが、何とか乗り切れた。

私は教育学部の学生ではないの

もっとみる

教採を受けようとしているあなたへ

こんばんは。蜂に刺された男です。

今回は教員採用試験(教採)を受けようとしている人、即ち教師になりたい人に向けて、

もっというと、教師になりたいけどまだ何もしてない人、何をしたらいいかわからない人に向けてお話しします。

私は実際ずっと教師を目指していて、大学で教職課程を履修し、今年の教採に合格しました。嬉しかったです。

そんな私の去年の今頃(11月)の気持ち、教採に向けて何をしていたか、何

もっとみる

教職課程認定制度の先行研究

 尊敬する先輩職員が「大学設置認可制度の先行研究」をブログにまとめています。

 先輩を真似て,また,私自身のメモ用に「教職課程認定制度の先行研究」をまとめてみました。
 事例が多く掲載されている『教師教育研究』(全国私立大学教職課程協会)や政策解説記事の多い『シナプス』(ジダイ社)については十分に拾いきれていません。

制度史

・竺沙知章・大谷奨(1999)「1954年教育職員免許法改正前後に

もっとみる

自己紹介とこれから。

初投稿なので自己紹介とこのnoteのこれからの概要についてお話します。

自己紹介

初めまして。蜂に刺された男です。同志社大学文学部英文学科4回生(2020年現在)で、英語教育について勉強しています。大学では教職課程を取っていて、今のところ無事に教員免許は取得できそうです。そして春から実際に公立高校の英語教員として教壇に立つことが決まっています。真面目です。

コロナの影響でバイト先が潰れて、今

もっとみる

杉野服飾大学に入学して見つけた将来の夢

杉野服飾大学は東京都品川区にある服飾の大学だ。ドレスメーカー学院という専門学校が併設されている。
杉野学園が立ち並ぶ通称ドレメ通りに入ると、好きな服を着て好きな髪色にして、大学生活を謳歌する楽しそうな杉野の学生に出会えるだろう。

今日は私が杉野服飾大学を受験した時のことを書こうと思う。
私は元々高校で 生活科学科 という学科に所属していた。いわゆる家政科みたいなもので、私は服飾を専攻していた。

もっとみる

結果が出揃う

この間、公立の二次試験の結果が郵送されてきた。

結果は落ちました。

まぁ私立教員が第一志望なので悔しさとかそういう感情はないが。

ただ、教採を受けてみて肌で感じたのは

私立と公立で対策の方向性が全然違う

ということ。

私立はそもそも出題形式が多様なので一概には言えないが、私が受けてきた範囲だと

専門科目と模擬授業の比重が大きかった

ように思える。

というのも大半の生徒が中学受験を

もっとみる