人はナゼ、生まれてくるのか?

・おはようございます^^

2020年 11月 16日の朝です☀️

4連勤を終えて、少しひさしぶりなお休みの気分であります。

今日は、タイトルにもある通り、「人はナゼ、生まれるのか?」について

あさの、まだ余計なものが入っていないこの時間に

書いていきたいと思います。

ずっと、自分の内側で

〜人間って、なんだろう〜 という

問いが僕のなかにはあって、

ずっと その答えを探しているよ

もっとみる

【今年の振り返り】人材交流活発 大企業の『出向』が話題に

大企業から大企業への出向を報じられることが最近増えてきました。

大企業はどこも人手不足の補填と人件費のコストカットを同時に行わなければいけない状況の中で『出向制度』を利用した人材交流に至ることとなりました。

『出向』といえば「半沢直樹」という今年でしたが私自身あまりよいイメージは持っていませんでした。

ところが最近報じられる『出向』は少し趣きが違うようです。

■労働市場で価値があるかどうか

もっとみる
明日も読みに来てください!
25

まずは「開拓する土地」を決めよう。できればピンポイントで。

今回も自分事の整理としての投稿になりそうですが、誰かに何かの示唆を与えられるよう、留意しながら書いていこうと思います。

私の投稿をコメントまで読んで下さる方というのは、ほとんど居られないと思いますし、居られるのなら、この場を借りて、お礼申し上げます。

ありがとうございますm(__)m。

毎日書き綴れていられるのは、あなたのおかげです。

…ということで話を戻しますが、「〇型人間(”オー”では

もっとみる
あざ~すm(__)m
28

大学院進学の専攻選びについて②



大学のときが文系で、だから大学院のときも文系でないといけない?
そんな決まりはありません。

大事なのは、学びと研究の内容が、どういう課題解決にターゲットしているか、というところです。

大学院進学(留学の場合も含む)は、自分の将来を見据えて広く専門を捉えれば、より良いチェンスが見えてくるかもしれません。

自分の将来を見据えてって、言うのは簡単ですが、具体的にどう考えればいいだろう? ちょっ

もっとみる
お役に立ったようでよかったです。これからもよろしくお願いします。
3

【履歴書2行の重み】

「転職が以前よりも文化的に当たり前になってきていますが、
 流行りものとしての活動にならないように向き合うことが大事ですね。」
という内容を昨日書かせていただき、専門性(社外でも通用する経験)について簡単に触れましたがその延長です。

一つの専門性を高めるにも時間は必要です。
1~2年で環境を変えることでリフレッシュすることができるかもしれませんが、客観的にみて短い印象は否めません。

もちろん「

もっとみる
励みになります!うれしいです!
1

【30代のキャリア活動】

転職が以前よりも文化的に当たり前になってきていますが、
流行りものとしての活動にならないように向き合うことが大事ですね。

特に30代の転職は、その転職によってある程度人生戦略の方向性が決まってくるということになるので、やみくもに転職をするのではなく入念な設計をご一緒したいものです。準備はだいたい一年くらいかけてもいいと思います。
「現役を引退するまでやり続けることのできる仕事を見つけること」もあ

もっとみる
励みになります!うれしいです!
3

2020年11月8日:中途半端の利点

今日は気分がいい。何故なら明日から五連休だからだ。

この休みの期間に自己を見直していこうと思う。私は定期的に行き詰まりを感じると自己分析をするという癖がある。自分の強みややりたい事、何に充足感を覚えるのか、ここ数年間自己分析をしているがよくわかっていないのである。いや本当は薄々気付いているのだ。分からないというのは言い訳にしているだけかもしれない。

正直自分はやりたい事は沢山ある。小説や漫画、

もっとみる
嬉しいです!
00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(04:59)は購入後に視聴できます。

No.24 『影響力の武器』〜第6章【権威】〜

「影響力の武器」第6章

権威者に対する服従は一種の短絡的な意思決定として思考が伴わない形で生じてしまう上に、その影響力の効果は思った以上に大きい。

その効果について理解することで権威性から逃れることが可能になると考えられるが人間は権威性から逃れようとしない。

権威性を持つものは「専門家」であることも多く、その専門家に従う方が正しいことがあるからということもある。

ではどのように批判的思考を

もっとみる
ありがとうございます!😊
4

実践マーケッターの神田昌典は「得意分野では尊大に、それ以外は謙虚に振る舞え」と説いた。自信がない者や虚勢を張る者は客からの信頼を得られない。
謙虚と自己卑下は違う。専門家なら己の仕事や能力を誇れ。

インポスター症候群|amica. https://note.com/amica_2020/n/na38c1c99d3fd