子どもに伝えたいお金のこと

「あれもこれも」大切にする子どもから大人が学ぶ  レオス栗岡大介が子どもに伝えたいこと(前編)

「これからのお金」「これからの投資」を一緒に考える“研究所”、ひふみラボ。こちらのnoteでは、ゲストの方々にさまざまな切り口で参加していただいています。

「子どもに伝えたい、お金のこと」は、ライター田中裕子さんによる連載です。

「お金についてなにを教えたら正解なのか、よくわからない」「子どもたちが生きる時代に、自分の知識が役に立つのか自信がない」そんな、お父さんお母さん、いらっしゃいませんか

もっとみる

投資信託会社で働く母と、娘の「お金観」 レオス竹中陽子が子どもに伝えたいこと

レオス・キャピタルワークスのメンバーが考える「子どものお金の教育」について、ライターの田中裕子さんが根ほり葉ほり尋ねていく本連載。

今回登場するのはパートナー営業部・竹中陽子です。高校生の娘さんに対して、お金の教育は厳しくせず、時に甘かったと振り返りつつも、最近になって金融教育につながっていた「あること」に気付いたとか。
投資信託会社で働く母の元で育った娘は、どんな「お金観」を持っているのか聞い

もっとみる

子どもにお金の使い方を教えるつもりで親も学ぶことになった話

来年うちの子どもも小学生になるので、そろそろお金のことについて考えてもらう機会をきちんと持っていこうと夫婦で話していて。
先日の家族旅行で、子どもが自由に使えるお小遣いを渡すことにしました。

そもそもの目的としては「子どもにお金のことを考えてもらう機会」にしようと思ったのですが、「大人もいろいろ考える機会」になりましたという話です。

旅行中限定のお小遣いを渡す

我が家は元から旅行含めてお出か

もっとみる

父から学んだお金と社会とのつながり レオス渡邉庄太が子どもに伝えたいこと(後編)

レオス・キャピタルワークスのメンバーが考える「子どものお金の教育」について、ライターの田中裕子さんが根ほり葉ほり尋ねていく本連載。

今回登場したのは運用部・渡邉庄太です。前編では「お金の教育」にこだわってきた背景についてお話ししました。後編は、自身の生い立ちにある想いの原点と、具体的なお金の教育の第一歩について語っています。

               * * *

今回の話し手:渡邉庄太

もっとみる

投資家がお金の教育にこだわる理由 レオス渡邉庄太が子どもに伝えたいこと(前編)

「これからのお金」「これからの投資」を一緒に考える“研究所”、ひふみラボ。こちらのnoteでは、ゲストの方々にさまざまな切り口で参加していただいています。

「子どもに伝えたい、お金のこと」は、ライター田中裕子さんによる連載です。

「お金についてなにを教えたら正解なのか、よくわからない」「子どもたちが生きる時代に、自分の知識が役に立つのか自信がない」そんな、お父さんお母さん、いらっしゃいませんか

もっとみる

「家族会議」でお金の使い方の練習をしてほしい レオス蛭田純が子どもに伝えたいこと(後編)

レオス・キャピタルワークスのメンバーが考える「子どものお金の教育」について、ライターの田中裕子さんが根ほり葉ほり尋ねていく本連載。

パートナー営業部・蛭田純が語る前編ではなぜ「使い方」を伝えたいと考えているのかをお話ししました。後編は、具体的に「お金をどう教えるか」がテーマです。運用会社に勤めているからこその発想で、これからやってみたい金融教育の方法も考えているようです。

* * *

今回の

もっとみる

「幸せなお金の使い方」は親が教えるもの レオス蛭田純が子どもに伝えたいこと(前編)

「これからのお金」「これからの投資」を一緒に考える“研究所”、ひふみラボ。こちらのnoteでは、ゲストの方々にさまざまな切り口で参加していただいています。

「子どもに伝えたい、お金のこと」は、ライター田中裕子さんによる連載です。

「お金についてなにを教えたら正解なのか、よくわからない」「子どもたちが生きる時代に、自分の知識が役に立つのか自信がない」そんな、お父さんお母さん、いらっしゃいませんか

もっとみる

少年の涙に投資家は何を決意したのか 藤野英人が子どもに伝えたいこと(後編)

レオス・キャピタルワークスのメンバーが考える「子どものお金の教育」について、ライターの田中裕子さんが根ほり葉ほり尋ねていく本連載。

代表・藤野英人編の最終回は、レオス・キャピタルワークスと藤野がスポンサーとなり、5月に打ち上げ成功した初の民間開発のロケットとひとりの少年のお話です。藤野と少年の姿から、「投資ってなに?」に迫ります。

*   *   *

今回の話し手:藤野英人 
レオス・キャピ

もっとみる

お小遣いは4か国の通貨で渡す 藤野英人が子どもに伝えたいこと(中編)

レオス・キャピタルワークスのメンバーが考える「子どものお金の教育」について、ライターの田中裕子さんが根ほり葉ほり尋ねていく本連載。

代表である藤野英人へのインタビュー第2回は、藤野が考えるもっとも効果的な金融教育プログラムと、家庭でできるユニークな「お小遣い制度」について語りました。

*   *   *

今回の話し手:藤野英人 
レオス・キャピタルワークス代表取締役社長。まごうことなきお金の

もっとみる

子どもとは『人生の質』について話してほしい  藤野英人が子どもに伝えたいこと(前編)

「これからのお金」「これからの投資」を一緒に考える“研究所”、ひふみラボ。こちらのnoteでは、ゲストの方々にさまざまな切り口で参加していただいています。

今回から、ライター田中裕子さんによる連載「子どもに伝えたい、お金のこと」が始まります。

「これから子どもにお金のことをどう教えていけばいいのか」と戸惑っていらっしゃるお父さんお母さん、いらっしゃいませんか。一児の母でもある田中さんもその一人

もっとみる