お金の教育

「あれもこれも」大切にする子どもから大人が学ぶ  レオス栗岡大介が子どもに伝えたいこと(前編)

「これからのお金」「これからの投資」を一緒に考える“研究所”、ひふみラボ。こちらのnoteでは、ゲストの方々にさまざまな切り口で参加していただいています。

「子どもに伝えたい、お金のこと」は、ライター田中裕子さんによる連載です。

「お金についてなにを教えたら正解なのか、よくわからない」「子どもたちが生きる時代に、自分の知識が役に立つのか自信がない」そんな、お父さんお母さん、いらっしゃいませんか

もっとみる

熱烈ラブコール 続き

タイトルの通り、昨日の続きになります。

まず、その友達と約束した前日から、
氷点下となり、雪が降り積もりました。
向かう朝も、雪でした。
ひょっとしたら行けなくなる…?という
軽い妨害を感じながらも、当日の朝も
手土産に思った以上に時間ががかり
ながらも、でも、普通にぴったりの
時間に到着出来ました。
着いたら太陽が輝いて…

無事に会えること、祝福してくれている
ように感じられるほど、とても清

もっとみる
あなたに幸せが降り注ぐでしょう♪
21

【新1万円札から学ぶ子供の教育の真髄】

21世紀型の教育システム  

 『STEAM』

をご存知ですか❓

もし、子供の教育に興味をお持ちならば
ぜひご自分でも調べてくださいね‼️

まず
STEMとは

自分で学び、自分で解決できる子供を
育てるために作られた教育システム✨

S:science 化学
T:technology 技術
E:engineering 工学
M:mathematic

もっとみる
とっても嬉しいです!!
4

何かを生み出すこと、何かを産み出すこと

今回のテーマは「生産すること」です。

前回は、どうやってお金を増やすのかをもっと学ぼうという内容を書きました。その続きです。

少しおさらいすると、ある物を安く買ってきて高く売るとお金が増えるということでした。

今回は「ある物」にフォーカス当てて見ようと思います。

世の中には物が溢れています。日用品、食料品、化粧品、スポーツ用品、などなど、〇〇品というものは全て物です。今の時代は、物があるこ

もっとみる

お金が増える仕組みを学ぶ機会が欲しい。

お金を稼ぐとはどんなことなんだろうか。ふと浮かんだので、書き留めてみます。

小さい頃から、お金を稼がないと生活できないよと教え込まれてきましたが、どーやってお金を稼ぐかは教えてもらったことがないです。

一般的なお金を稼ぐとは、自分の労働力を売って、時間を売って、自由を売ることで、その対価として、お金をもらうことをいうのでしょう。それは、雇われる側のお金の稼ぎ方です。

では、雇う側のお金の稼ぎ

もっとみる

『高値を嫌う日本人の性(さが)』

思った通り過ぎる『反応』で私は一人『ほくそ笑んでいますが』

日本全体は基本的に『薄利多売』に慣れ過ぎていますし、自分の商品に自信が無さすぎなます『周りと合わせて値下げ』…ふ…『愚の骨頂です』

それは売れないのではなく『自身が無いから』『失敗するのが怖いから』『高値』を付けない

いやいや『お前電子書籍1章139円じゃんw』ってなると思いますが

1章完結139円20頁で『12章だと1668円で

もっとみる
ありがとうございます

日本人は民間保険料を過剰に支払いがち

私調べでは知人の子持ち家庭の多くは毎月3-5万円の民間保険料を捻出していました。

保険と一口にいっても、その種類は様々ですが、
今日は、医療保険や生命保険に関しての話題です。

以前会社員だった頃の話です。私が務めていた会社では、民間の団体保険の加入が必須となっておりその毎月の掛け金は会社が負担してくれていました。

ある程度の規模の会社であれば、こういった団体保険に加入する会社は
多いと思いま

もっとみる
00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(26:07)は購入後に視聴できます。

今回は今起こっている教育改革と私が今取り組んでいるお金について小中高校生などが知識と実践を通じて学ぶプログラムについて。さらに、神戸市により完了が宣言された阪神淡路大震災の新長田地区復興における失敗から学ぶという話です。もちろんすべてが失敗ではないですが、開発事業としては大いなる問題を抱えており、高校時代から尋ねて良くして頂いた新長田地区だからこそ思うことを語りました。

ありがとうございます!! ぜひSNSでもシェアいただければ幸いです。
7

親から教えてもらったお金のこと

私は両親から「お金」について教えてもらって感謝していることが2つあります。

1つ目は郵便貯金の定期預金についてです。
私が子供の頃、母から郵便貯金の通帳を渡され「あなた名義の定期預金が満期になったから金額を郵便局で調べてきて」と言われました。
当時、郵便局員の方が利息がプラスされた金額を、鉛筆でメモしてくれました。アップした写真にありますが、45,000円預けたものが、満期になったときには65,

もっとみる