夫のトリセツ〜結婚生活を天国へ導く〜

夫のトリセツ〜結婚生活を天国へ導く〜

神本との出会い夫に対して「言いたいことが伝わらない」「何度言っても変わらない」と思ったことはありませんか? 私は ゛男脳と女脳はそもそもの性質が違う。“と聞いたことがあり、この本を読んでみました。 夫のトリセツ (講談社+α新書) 黒川 伊保子 トリセツシリーズ。私にとってはもう、神本です!! 私はこのシリーズの大ファンになり、新しい本が出れば買い揃えています。私の教科書的存在です。 この本を読むと男女の違いが面白いほど分かります。分析がとても分かりやすく、そして確

スキ
3
読破[妻のトリセツ]
+2

読破[妻のトリセツ]

巷で話題の書であるらしく、妻が読んでくれと買ってきました。 おそらく、この本は、妻が旦那に「これを読んで私を理解しなさい」と言ってプレゼントする為にあります。 時間があれば1日で読める本ですが、僕は3日くらいで読みました。 脳科学の知見から、男と女の脳の違いを解説します。 同じ世界に住んで同じ言葉を発していても感じること・思うこと・見える世界が異なるそうです。 よく言いませんか?男は、会話に解決策を求め、女は共感を求める的なやつ 男が男友達と接するように妻に接して

スキ
1
『我流俳句』|『秋を堪能』一挙放龍(全31龍|28龍の解説付)

『我流俳句』|『秋を堪能』一挙放龍(全31龍|28龍の解説付)

※※※皆さまへ|お読みになる前に※※※ この全31龍の記事は "#タグ"の関係で誤って登録となりました。 #白杯応募 の正式な作品は、以下↓となります。(Jオヤジ) 『我流俳句』|秋の食卓|#白杯応募に参加します https://note.com/joyaji/n/n3791dce05ccf 晩秋を迎えるにあたって、この時期の微妙な情景と情緒を一気に書き出してみました。 新作の28龍をお楽しみください。白杯応募済の3龍も添えています。 スキは大歓迎! コメントもビシバシ大感

スキ
20
我が家の円満の秘訣

我が家の円満の秘訣

基本的に夫が家で仕事をしてるから、洗濯も晩ご飯の支度も、私が会社から帰宅すると完了していることがほとんどな我が家。 本当にありがたい限り。 でも、先日会社から帰ると、夫が「ごめん、晩ご飯作る余裕ない~!」というので、その日の晩から当分はわたしが晩ご飯を用意することにしました。 いつもは終わってるはずの洗濯物も、途中のままになっていたり… と、アレ?と思うことが続いて、さらに最近素っ気ない気がするなぁと思いあたりました。 タイミングを見て訳を聞いてみると、どうやら新しい仕

スキ
10
念願の銚子丸。
+2

念願の銚子丸。

今日から連休スタート。 お昼すぎに行きつけのカット専門店へ行き、前髪カットをして頂いた。 2ヶ月ぶりかな〜と、勝手に思っていたらまさかの3ヶ月ぶり。 前よりも髪の毛が伸びなくなったのかな?? わたしは毛量がすごいのでありがたい!( 笑 ) その後は、夫が午後休を取得したので一緒にららぽーとへ。 H&Mで夫のズボン、.stで夫婦でリンクコーデが出来るようにと、デニムアウターを購入。 .stの店員さんの応対が素晴らしく、購買意欲が掻き立てられました・・! アウターはまた近々

スキ
19
感謝の気持ちを表すことで、夫婦関係が円満に

感謝の気持ちを表すことで、夫婦関係が円満に

私が夫婦仲良く過ごすために心がけているのは、「感謝の気持ちを常に言葉にすること」です。 「家族なんだからやってもらって当たり前」 お互いがそんな気持ちでいるとモヤモヤした気持ちがどんどん溜まっていきますよね。 家族で暮らしているとそれぞれに役割分担がありますが、仕事で疲れているときに手伝ってくれて助かった経験があります。 ・子どものお迎え ・ご飯作り ・洗濯物をたたむ ・お風呂掃除 など そんなとき、私はすぐに「ありがとう」とお礼を言うようにしています。 「家族なん

スキ
5
嫁バカ3分間日記(3)

嫁バカ3分間日記(3)

よめさんは大のトマト嫌いです。 食べると大体、「めっっちゃトマト!!!!!」 と、トマト農家の方に一ミリも尻尾を振るなんてことはなく、 眉間に深々と皺を寄せて、ブルドッグになります。 僕はいつも、「当たり前やん。トマトなんやから。」 と、3回心の中で呪文のように唱えては呑み込みます。 その言葉を放ったところで意味などないですし。。。 そんなよめさんですが、 僕が大のトマト好きなので食卓には大体並べてくれます。 色合いも大事にしてるのか、 大トマトからプチトマトまで様々並

スキ
1
長期休暇、何しよう。

長期休暇、何しよう。

無事にパートが終わり、明日から来週いっぱいまで連休を頂いた。   夫のお仕事が多忙を極めており、今年のお盆休みは丸々無くなってしまい、9月末までずっと朝から晩までお仕事を頑張ってくれたのだ。 そして、やっと今月に入ってからお仕事が落ち着いたので、お盆休みの代休を約1週間近く取得することになり、わたしも合わせて連休を取得。 目星をつけていたニトリの電動ソファを改めてもう一度確認しに行ったり、わたしは友人とランチ、夫も友人と飲み会、夫婦で仙台旅行に行ったり、シーシャを吸いに

スキ
23
夫婦喧嘩ゼロ

夫婦喧嘩ゼロ

我が家は結婚15年、ほとんど喧嘩という喧嘩をしたことがありません。 声を荒げるような喧嘩なんて一度も無いです。 子どもが巣立ったら…早く二人であれしたいね、これしたいね、と夫婦で妄想しています。 今朝も出勤する夫のスーツ姿を見て「かっこいい〜」と思ってしまって。。。 (のろけ) あまりに仲が良いので、息子が社会に出た時、喧嘩を見慣れていなくて困るのかも?と真剣に考えてしまいます。 世の中には、夫婦喧嘩の絶えない方もいるそうで…。 なぜ?私たちはこんなに仲が良いのかな?

スキ
5
価値観の違いが我慢できなくなってしまった/夫婦の悩み#6
+2

価値観の違いが我慢できなくなってしまった/夫婦の悩み#6

このnoteは結婚2年目となる石川ともみ(夫。通称ともみん)と石川ふさこ(妻)が、いただいた夫婦のお悩みをテーマに、自分たちの結婚生活も振り返りながら、時に真剣に、時にゆるく語り合っています。 夫婦の悩み#6 『価値観の違いが我慢できなくなってしまった』 「価値観の共有不足」が悩みです。結婚に対して早くしなければという思い込みもあり、結婚前、相手の顔色を窺ってばかりで自分の考えを伝えることができていませんでした。結婚後、価値観が合わないことは「自分が我慢すればいい」と思っ

スキ
4