kawauchisyun

サラリーマンから主夫になりました。 家事育児や夫婦のことを書いています。 楽天ROOMに愛用品等置いています。 https://room.rakuten.co.jp/kawauchisyun/collections

kawauchisyun

サラリーマンから主夫になりました。 家事育児や夫婦のことを書いています。 楽天ROOMに愛用品等置いています。 https://room.rakuten.co.jp/kawauchisyun/collections

マガジン

  • 料理嫌い克服への道

    主夫になって早7年。いつまでも料理が嫌いと言っているわけにもいかないと、料理嫌いを克服することを決意。このマガジンには料理嫌いを克服していく軌跡(記事)をまとめていく。

  • 夫婦仲・夫婦生活の悩みを解決するマガジン

    夫婦仲・夫婦生活に関しての記事をまとめたマガジン

  • SNS運営やエッセイ・創作漫画のハウツーマガジン

    SNS活動で得た知識・ノウハウを公開したハウツー記事をまとめたマガジン

    • 料理嫌い克服への道

    • 夫婦仲・夫婦生活の悩みを解決するマガジン

    • SNS運営やエッセイ・創作漫画のハウツーマガジン

最近の記事

家族の美味しいというたった一言のために主フは毎日料理を作っている

家族のために毎日料理を作る。それは主フの仕事。 とはいえ365日休まず料理を作るのは簡単なことではありません。 毎日料理を作るのは正直面倒くさいまず一言で料理を作ると言っても分解すると、献立を考えることから始まり、栄養面を気にし、冷蔵庫の食材と相談し、必要なら買い出しに行き、そして子どもがお腹空いたと言い出す前に作り上げて食べさせる。…とここで終わりではなく、その後に家族が食べた食器や調理器具の洗い物という後始末まであります。また帰宅時間がバラバラだと、誰かが帰宅するたびに

    • 惣菜=楽はもう古い!惣菜を買うのは家族とスーパーのため!

      かつて「ポテサラくらい作れ!」という言葉でTwitterが賑わったことがありましたね。その時は「いやポテサラに失礼だろ」とか、「くらいって何だよ。ポテサラは簡単じゃねーよ!」と思ったものですが、今回改めて考えてみました。 本当に主フは楽をするために総菜を買っているのか、と。 ちなみに今主婦雑誌「サンキュ!」さんで連載をしていますが、連載のタイトルは「ポテトサラダはカンタンなんかじゃねぇ!」です笑 楽のためだけではない未だ主フが総菜を買うのは「楽をするため」と思っている人は

      • 夫婦喧嘩後の剣呑な雰囲気を吹き飛ばす方法

        皆さんの家庭ではどうでしょうか。夫婦喧嘩になることはありますか? 我が家でも夫婦喧嘩は定期的に起きていますが、正直避けられないですよね。夫婦喧嘩の多くは感情が原因ですから。家事育児への協力が足りない、感謝が足りない、家(家族間)に居場所がない、金の使い方がおかしい、子どもが言うことを聞かない、自分ばかり楽している、などなど。また自分に余裕があるかないかでも変わってきますし… 主な原因が感情的な部分ゆえに防ぐのは本当に難しい。いや、不可能と言っても良いかもしれません。 夫婦喧

        有料
        300
        • 子育てをしている人にヒステリーと言ってはいけません!

          先日とある男性から「妻がいつも子どもを怒っているんですけど、主フになるとみんなそうなんですか?」という相談が来ました。その回答を今回書きたいと思います。 怒りっぽくなる理由かつてSNSで家事が嫌い!子育て大変!と言い続けていたら、ある日言われたんですよ。河内さん男なのにヒステリーっぽいですね、と。まぁムカつきましたよね笑 ちなみにムカついたのはヒステリーと言われたことに対してではありません。何もわかっていない感じの透け具合にです。だってわかっている人は言いませんから。子育て

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 料理嫌い克服への道
          kawauchisyun
        • 夫婦仲・夫婦生活の悩みを解決するマガジン
          kawauchisyun
        • SNS運営やエッセイ・創作漫画のハウツーマガジン
          kawauchisyun

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          孤独になりがちな主夫でも自己肯定感を高く維持できている理由

          最近noteでは夫婦のことを重点的に書いていますが、同じ言動で喧嘩することもあればしないこともある自分達を振り返っている時に、「夫婦にとって一番大事なことって何だろう…」と思ったんですよね。そしてたどり着いた結論が「互いに承認欲求を満たし合うこと」ではないかと思い至ったのです。特に主フは褒められることが少なく自己肯定感を高く維持することができないことも多いので、そういう意味でもパートナーから承認欲求を満たされることは重要だと思います。ちなみに兼業主フで仕事上でいくら褒められて

          有料
          300

          苦手な野菜料理克服のために簡単な野菜料理から作ってみた

          いつまでも料理嫌いと言ってもいられないので決意した料理嫌い克服企画、第2回目は特に苦手な「野菜料理」にチャレンジすることにしました。今まで何となく野菜を使った料理に対して苦手意識があったのですが、今回改めて野菜料理の何に対して苦手意識があるのかを考ました。そして前回記事から色々と野菜料理を作りましたので、それらも書いていきます。 それにしてもあれですね、記事にするというインセンティブがあると普段よりやる気が出ます。あとはやってわかったことですが、作って慣れろという根性論が以

          夫婦生活を求めて断られたときに感じる感情

          今回は夫婦生活に関する相談の回答記事です。来た相談はこちら 「夫から夜の生活を求めてきた時に断ると、夫がものすごく分かりやすく落ち込み、しかもそれが何日か続きます。正直面倒くさいのですが、どうしてここまで落ち込むのでしょうか?」 簡単にまとめるとこういう内容です。これは求められたことしかないとわからないかもしれません。夫婦生活を求めることを、告白やプロポーズ並みに大きな要素と考えている人もいます。少なくとも俺の周りにはそういう考えの友人(男)も多いです。 結婚とは特定の

          有料
          300

          出費に対する価値観の違いから夫婦喧嘩に発展した話

          家計を管理しているのは夫婦どちらでしょうか? 一昔前は夫が稼ぎ、主婦が収支を管理するというケースをよく聞きましたし、両親や親戚の多くもそうでした。とはいえ今は共働きが一般的で、両方正社員という家庭も多いと思います。そうなると自分の給料は自分が管理するというケースも今は多いのかもしれません。 ですが仮にそうだったとしても家族共通の出費はどちらが出すのかという問題が発生すると思います。となるとその共通の経費、つまり家計(主に食費や生活費)はどちらかが管理しているはずで、基本的に主

          有料
          300

          夫が疲れているからと夫婦生活に応じないのは普通にある話

          今回は夫婦生活に関する相談への回答記事です。相談内容は「疲れているから」「明日早いから」と言って夫が毎回夫婦生活に応じてくれないのは、本当に疲れているからなのか。浮気をしていたり、自分に興味がなくなったからではないのか?というもの。 この手の相談には以前も答えているのですが、今回は「疲れているから」という理由は本当なのか?という点に焦点をあてて答えていきたいと思います。同じ悩みを抱えている方は参考にして下さい。 女性に求められたら応じるのが男じゃないの?は間違い寄せられる

          有料
          300

          料理嫌いの男が料理に前向きになった理由

          先日料理嫌い克服を宣言し料理と向き合うことにしたわけですが、今までの自分と料理を見返した結果、色々と思うことがありました。そしてその中で一番大きかったのが、自分が料理を嫌いなことともっと早く向き合えば良かったということです。 ただ最初に言っておきたいのが、俺は料理に前向きになることを決意しましたが、だからと言って全ての主フに料理に前向きになれなどと言う気は全くありません。これから料理と向き合い、仮に料理を好きになったとしても、毎日料理を作るのが面倒という考えを変えることはな

          有料
          300

          料理嫌いの主夫、家族のために料理嫌いを克服することを決意する

          最近料理に対して思うところがありまして、というのも奥さんの同僚の小島君が「料理ができるのっていいな」と言っていたそうで、俺も主夫7年目ですし、そろそろ諦めて(笑)料理と向き合おうかと思った次第であります。 まぁだからといって主フだから料理くらいできて当然とは死んでも言う気はありません。あと面白いのが料理ができると料理が好きは=ではないということ。主夫を7年もやっていれば色んな料理が作れるようになりますが、だからと言ってそれで料理が好きになるとは限りません… 主夫、料理嫌い

          男は働いてなんぼの価値観、実は主夫にも適用されるという話

          自分が働き、夫(または彼氏)を主夫にしたいがどうしたら良いか?とい相談が、SNSで発信を始めてから頻繁に来ます。女性が今以上に社会進出するためには、男が家の事の大部分を担う必要があるので、相談が度々来る状況というのは良い傾向なのかもしれません。 ただ今のご時世、片方が専業主フでやっていくのは難しいものがあります。理由は単純に片方の収入だけでは足りないからです。基本的に今の日本は共働きでなければやっていけません。とはいえ両方が正社員にならなければダメというほどではなく、片方が

          有料
          300

          主夫である自分が母の日に何を貰ったら嬉しいかを考えた

          もうすぐ母の日ですね。スーパーや百貨店は母の日コーナーで溢れ、日ごろの感謝を伝えようなどのキャッチフレーズで盛り上がっています。そして、母親って要するに主婦ですよね。男性の家事育児参加率も増えてきたとはいえ、いまだ「シュフ」としての役割の多くを母親が担っている家庭は多いと思います。 ということはですよ?母の日は母親に感謝というよりは、主婦に感謝する比でもあると思うんですよね。そして主婦に感謝をするって一つしかないと思います。それはズバリ「家事育児からの解放」です。 母の日は

          有料
          300

          皿洗いを巡って喧嘩する夫婦、悪いのは誰か?

          まず言いたいのは皿洗いは誰にとっても面倒だということ。料理はまだ食べた人に美味しいと言われたり労ってもらえますけど、皿洗いをして「皿キレイにしてくれてありがとう」とはまず言われません。その理由は皿洗いが完全なる後始末であり、その先の展開がないからだと思います。 皿洗いで夫婦ゲンカ…どっちが悪い? 皿洗いを巡って喧嘩する夫婦は多い皿洗いをしてくれない。皿洗いはしてくれるけど、それだけで自分は家事に物凄く協力的だと態度に出す。皿洗い担当だったけど、ある日いきなりもうやらんとキ

          浮気をされたくなければお互いの好きな料理を作り合え

          最近よく考えるんですよ。夫婦仲は感謝の言葉を言い合う、相手の好きな料理を作り合う、などそんな大それたことをしなくても維持できるな、と。そして感謝については前回書いたので、今回は料理について書いていきたいと思います。 「胃袋を掴め」とはよく言ったものですが、冗談でも大袈裟でもなく、これはこの世の真理だなと思います。最初に言語化した人は天才ですよ。 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 料理を作れる魅力に男女はマジで関係ない ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ここから有料公開となります。単独購読も可

          有料
          300

          ありがとうを一番伝えなければいけないのは誰かを思い出せ

          皆さんは周りの人に感謝をきちんと伝えているでしょうか?そして一番伝えなければならない人にも伝えているでしょうか? …ところで感謝を一番伝えなければならない人って、一体誰でしょうか。今回は「何よりもまず感謝を伝えなければならない人」について書いていきたいと思います。 でもまぁ多分みんなわかっていると思います。ただわかっているからといって、きちんと感謝を伝えているかどうかはまた別問題です。照れくさかったり、面倒くさかったり、今更言わなくても良いと思っていたり、わざわざ言う必要が

          有料
          300