天才はあきらめた

天才について

この間お店に来たお客さんと話の流れで天才について話す場面があって衝撃を受けた。

デザイナーをやっているお客さんで小さいころからデザインする仕事に就きたくて美術系の大学に通い狙った会社に就職できたらしい。

美術系の大学は進むコースよって毛色が違うみたいで、そのお客さんが専攻していた油絵コースは中でも変わった人が多いコースで先生がすでに変わってるって。(お客さんは好青年な見た目)

自分の中の偏見

もっとみる
スキをありがとう!良ければシェアも、よろしく!
3

努力の天才になろう【天才はあきらめた 山里亮太さん】

お笑いコンビの南海キャンディーズの山里亮太さんの「天才はあきらめた」を読んだ感想です。

山里さんは、努力の天才ですね。

相方の山崎静代さんとのエピソードや先輩、後輩の芸人さんとのエピソードも山里さんの人柄を表してて素敵ですね。

・努力って素晴らしいな
・継続するって素晴らしいな
・山里さん素晴らしいな

そう思える本です。
読み終えたとき過去の自分に早くこの本を読め!と教えてあげたくなりまし

もっとみる
ありがとうございます!これからもよろしくおねがいします。
4

「天才はあきらめた」読み終えて不覚にも南キャン山ちゃんを好きになってしまった

南海キャンディーズの山ちゃん。
みなさんどんなイメージですか?
私は正直、なんか勝手ながらあまりいいイメージを持ってなかったんですよね。
生理的にあまり好きじゃない…みたいな。

あまり好きじゃないのに、なぜか読んでしまった山ちゃんの著書「天才はあきらめた」
芸人を目指してからこれまでの山ちゃんの人生を1冊にまとめたような内容です。
山ちゃんの本を読むってことは、好きじゃないけど嫌いじゃなかったん

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!励みになります♡
12

Noteから、はてなブログに浮気して、またNoteに戻ってきた理由

おひさしブリーフ。

前回「アトピー性皮膚炎の治療のまとめ」を投稿しましたが、あれは別のブログからこちらに張り付けただけなので、実際、直接こうやってNoteに書き込むのは約1か月ぶりかと思います。おひさしぶりです。

何をやってたかと言うと、「はてなブログ」やってました。

浮気です。

この敗北感の漂うアクセス、見てみ。

いや、別にはてなブログさんが悪いわけではないですし、2つ3つブログサイト

もっとみる
スキを食べて生きてます。
22

薄い膜のハリボテ

南海キャンディーズの山里亮太さんの「天才はあきらめた」を読んで、下記の文章が自分と重なる部分がありとても楽しく読ませていただいた。

「こうすれば人は笑うという考え方をしてきたせいで、これがやりたいという気持ちがない問題にぶつかった。」(天才はあきらめた,山里亮太)

ここからが今回の本題だ。
ある社会人の方にコーチングしてもらっている時に気づいたことだ。

「君は何がしたい?」「どうなりたい?」

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
1

書評『天才はあきらめた』全文

2年前の本日、大先輩である山里亮太さんが「天才はあきらめた」を発売されました。こちらは前作「天才になりたい」を加筆・修正された文庫本です。その時、僕はテレビブロスさんに書評を寄稿させてもらいました。ずっとタイミングがなくて出せてませんでしたが、せっかくですのでこの機会に、その全文を載せたいと思います。思い入れが強すぎて少し気恥ずかしいですが、本書を読まれた方も、これから手に触れる方も、よかったら一

もっとみる

「頭いいんだね〜」

「頭いいんだね〜」とは、学歴の高さに対して放たれる言葉。

この言葉のどこがムカつくかといえば、“頭のよさ“を一面的な尺度でしか測ってない点だ

頭のよさはめっちゃ多義で、

・記銘力

・想起して口とかから出力する能力

・創造力

・弁論力

・狡猾であること

・コミュニケーション力

とかいろいろある。そのすべてが揃っていることを頭のよさって言うかもしれないし、そのどれかが突出していること

もっとみる
スキを押して頂きました
14

天才はあきらめた

<BOOK REVIEW 11>

(山里亮太 著/2018年/朝日新聞出版)
#天才はあきらめた #山里亮太 #南海キャンディーズ #お笑い芸人 #書籍レビュー #書評 #読書感想文 #読んだ本

「天才はあきらめた」なんてタイトルだけど、「ねぇ、山ちゃん、あんた十分天才じゃん!」

この本を読んでまず思ったのは、そんなこと。

そしたら、オードリーの若林が本編後の「解説」で、「山里亮太は天才

もっとみる