山里亮太

『深夜ラジオの魅力』について

こんにちは!

ジェリーです🔥

わたしは、大手子会社(物流系)で
営業職として勤めて3年目になります。

学生の頃にはなかなか、縁が無かった
深夜ラジオなのですが、
社会人になり、社用車や通勤時に聴くように
なって、どハマりしております🙄🙄🙄

本日は、
『深夜ラジオの魅力』について
書いていこうと思います。

拙い文章ですが、読んで頂けますと、
幸甚です。

お笑いが好きなことについて

もっとみる
嬉しいです☺️ありがとうございます🙇‍♂️🙇‍♂️
73

ドラマ日記『あのコの夢を見たんです。』(第8話)

山里亮太さんの妄想小説を実写ドラマ化した『あの夢』第8話。今回のヒロインは、主演ドラマ『恐怖新聞』が話題を呼んだ白石聖さん。

才色兼備で仕事も完ぺきな白石(白石さん)。全てが上手く行き過ぎて人生がつまらなく感じていた頃、嫉妬を自分の“燃料”にする庶務八課の山里(仲野太賀さん)に感銘を受け、弟子入りするのですが…というストーリー。

毎回、最初と最後に描かれる山里の喫茶店シーン。今回は『恐怖新聞』

もっとみる
スキをありがとうございます
2

ドラマ日記『あのコの夢を見たんです。』(第7話)

山里亮太さんの妄想小説を実写ドラマ化した『あの夢』第7話。ヒロインは大友花恋さん。

若手女優の“登竜門”といわれる全国高校サッカー選手権応援マネジャー。歴代マネージャーは、堀北真希、新垣結衣、広瀬アリス、川口春奈、広瀬すず、永野芽郁、清原果耶、森七菜など錚々たるメンバー(敬称略)。女優の大友花恋さんもその一人。

大手芸能事務所・研音所属ということもあってか、出演作にはこれまで恵まれてきた印象。

もっとみる
スキをありがとうございます
1

ドラマ日記『あのコの夢を見たんです。』(第6話)

山里亮太さんの妄想小説を実写ドラマ化した『あの夢』第6話。ヒロインは何かと話題の山本舞香さん。リアルに空手黒帯の山本さんを活かした、天才空手少女設定でした。

天才空手少女・舞香(山本さん)に一目惚れした山里(仲野太賀さん)。「自分のハンカチを取ったら付き合ってあげる」という舞香の言葉から、二人の長い戦いが始まるのですが…というストーリー。

戦いとはいいながら、殴り殴られ、蹴り蹴られる姿が一つの

もっとみる
スキをありがとうございます
3

あざといは処世術なの

テレビ朝日の「あざとくて何が悪いの?」という番組にめちゃくちゃハマっています。

観てない人は本当観て。見逃してもTVerで観られるから。便利な世の中ですね。

特番の頃から観ていたので、レギュラー化してくれて本当に嬉しい!欲を言えば千葉雄大もレギュラー出演させて欲しかったな!あれほど千葉雄大にハマる番組はなかなか無いと思う。まあ、それにゲストも呼んだら人数過多でカオスになりそうだけどな。あの3人

もっとみる
ふふっ、大好き
3

ボクらの時代「若林正恭×山里亮太×西加奈子」の回を見た。

ボクらの時代でお笑い芸人オードリーの若林正恭と南海キャンディーズの山里亮太、そして直木賞作家の西加奈子の回を見た。

間違いなく3人とも天才である。そんな天才の3人が何を話したかと言うと、普段思っていることであったり、結婚、恋愛についてなど誰もが普段話すであろう話題であった。

ただ3人とも何気ない話題についての考え方が奥深く、素晴らしかった。誰もがマイナスに考えてしまいそうな事を肯定的に捉えてい

もっとみる

山ちゃんが聞く!ニュースがもっとよくわかる本 Vol.197

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
★この note は、かつてわたくしが発行していたメールマガジンを再構成したものです。楽しんでいただければ幸いです。本文中のURLはほとんどがリンク切れしていますので、興味のある方は自分で検索してください。

★今のわたくしからひとこと..
山ちゃんはこのころから意外な人とペアとなる人ではあったわけです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━

もっとみる
うれしいです
1

傷ときずなとたりないひとり。 _ありすのエッセイvol.3

「たりないふたり」をご存知だろうか。
お笑いコンビオードリーの若林正恭サンと、南海キャンディーズ山里亮太サンの番組であり、その2人のユニット名としても通っている。

番組が開始した2012年当時、ふたりは「人見知り」「ひねくれた考え」などどちらかといえば陰の共通点を持ち合わせていて(というかもうその代表格で)、さまざまな「たりなさ」を克服していく(体で世間への鬱憤を発散していく)という内容。

もっとみる

森七菜、あるいはその青春と一瞬について~「あのコの夢を見たんです。」第3話

「あのコの夢を見たんです。」というドラマが毎週金曜日0:12からテレビ東京系列で放送中だ。山里亮太(南海キャンディーズ)が実在の女優をモデルに妄想を広げ続けるエッセイを原作としたドラマ。仲野太賀が主人公として山里亮太を演じ、実際の女優たち(芳根京子、飯豊まりえ、池田エライザetc..)と共に各話ごとに妄想ストーリーを展開していく。その10月16日放送、森七菜がヒロインを務めた回があまりにも素晴らし

もっとみる
スースキスー
12

異世界へ

いや、ヤバイ。

めちゃくちゃなときめきを感じた後の余韻は、どうしようもない。

***

とんでもない恋愛ドラマを見てしまった。

『あのコの夢を見たんです。』第3話、ヒロインは森七菜。

このドラマは南海キャンディーズの山里亮太さんの短編小説が原作で、ドラマの脚本にも山里さんが携わっている。

ドラマの中の世界は山里さんの妄想という設定。

その妄想の世界に山里さんが入り込んでめちゃくちゃかわ

もっとみる
ありがとうございます👍
13