吉田都

ライモンダ

ライモンダ

新国立劇場バレエ団『ライモンダ』2021/06/06 新国立は2年ぶり。ライモンダ全幕は初めて。 ほぼ満席。みんな舞台を待っていたのだよ。 ライモンダ:小野絢子 ジャン・ド・ブリエンヌ:奥村康祐 アブデラクマン:中家正博 3階から見たので表情は見えません。 長いのなんの。なんでそこでバリエーション踊るの?もう1人?まだ踊るの?という感じでひたすら長い。よく言えば見せ場が多い。悪く言えば物語が全然進まない。実際、物語は大したことではないのだが。 バリエーション減

熊川哲也

熊川哲也

僕が初めて彼を観たのが、 いつなんだったのかは覚えていない。 ただただ驚いた。目を疑った。 たぶん、16歳でゴールド・メダルを受賞した、 1989年ローザンヌ国際バレエコンクールの、 「ドン・キホーテ」だと思う。 このゴールド・メダルは、 該当者無しの年がほとんどで、 以下のような熊川の名言がある。 ゴールド・メダルは、 取れるとは思っていなかったが、 取ろうとは思っていた。 アメリカン・バレエ・シアターで、 「ドン・キホーテ」のバジル役を踊る、 ミハイル・バリシニ

5月20日のマヤ暦占い【kin158】

5月20日のマヤ暦占い【kin158】

占い師Asukaです。 いつもありがとうございます(*'▽') 曇りだったり雨だったり イマイチすっきり晴れない日が続いている北海道ですが (あ、北海道在住です) 今日も直観のマヤ暦占いをお届けします♪ ★今日のマヤ暦★ 5月20日(木) kin158 太陽の紋章:白い鏡(永遠・映し出す・枠・スピリチュアル) ウェイブスペル:赤い地球(リーダーシップ・絆・リズム) 銀河の音:2(二極化・選択・挑戦) 自分の内面と向き合うような日。 他者に対しても大らかな気持ちで、

ロイヤル・オペラ・ハウスで見た熊川哲也さんと吉田都さんの活躍

ロイヤル・オペラ・ハウスで見た熊川哲也さんと吉田都さんの活躍

あなたは英国ロイヤル・バレエ団の プリンシパル(最高位のダンサー)だった 熊川哲也さんと吉田都さんを ご存知ですか?   お二人とも英国ロイヤル・バレエ団を退団され、 熊川さんはKバレエカンパニーを率い、 吉田さんは新国立劇場の舞踏芸術監督 に就任されています。    わたしが渡英していた1997年は、 まだお二人とも英国ロイヤル・バレエ団で 活躍されていた頃でした。    ある日、「英国のお母さん」ジルが 電話をくれました。    「あなた、バレエが見たいって言ってたわよ

スキ
18
心揺さぶられる舞台、新国立劇場バレエ団『くるみ割り人形』(オンデマンド配信中!)

心揺さぶられる舞台、新国立劇場バレエ団『くるみ割り人形』(オンデマンド配信中!)

日本舞踊の次はバレエ......と、節操なくて恐縮ですが、配信開始されたこちらも熱烈お勧め!!なので紹介したく! ___ 新国立劇場バレエ団『くるみ割り人形』をU-NEXTで配信決定!プリンシパル 小野絢子・福岡雄大のインタビューも到着 ※上記2つめのリンク(バレエ団の公式ページ)には「くるみ割り人形」のあらすじや、3分解説動画、U-NETX以外の視聴サービスについても掲載があるので、詳しく知りたい方はこちらへ。 ____ 2019年末にinstagramでバレエへ

スキ
2
新国立劇場バレエ団「ニューイヤー・バレエ」2021年:衣装で身体が拡張したダンサーが動物を踊る『ペンギン・カフェ』など

新国立劇場バレエ団「ニューイヤー・バレエ」2021年:衣装で身体が拡張したダンサーが動物を踊る『ペンギン・カフェ』など

2021年1月9日(土)~11日(月・祝)に新国立劇場(芸術監督:吉田都)が上演を予定していた「ニューイヤー・バレエ」が公演中止に。代わりに、1月11日(月・祝)に無観客で上演し、無料でライブ配信(YouTube、Facebook)が行われた。 新国立劇場バレエ団の公演を劇場で見たことはあったが、いつも舞台から遠い安い席だった。今回カメラを通して舞台を近い位置から見て、ダンサーたちの力量の高さ、テクニックや表現力に感嘆した。世界に動画配信されたことで、同バレエ団の魅力が広く

スキ
4
日記 10 舞姫誕生

日記 10 舞姫誕生

 紅白の大トリは、MISIAだった。  「アイノカタチ」は、注がれた熱量が他の歌手とは段違いに思えた。  骨折というアクシデントを克服しての熱唱は、大きな励まし、癒しにも聞こえた。観客はいなくても、歌の力は伝わるものだ。今、ここにいないあなたのかたちが見える、そんな気がした。  記憶に残った歌手は、LISAとNiziUとSUPERFLY、坂の付くグループは、なんだかとびきり感がなかった。  あいみょん「裸の心」 2020年の大晦日は、この歌を聴いただけで、なぜか納得した。世

スキ
3
残り4ヶ月、あとは上がるだけ↗︎

残り4ヶ月、あとは上がるだけ↗︎

2020年も残すところあと4ヶ月。今年は過ぎるのが早い!という声が多いなと感じています。例年よりも刺激が少ない日々を送っているからでしょうかね。 私自身2020年の初めに祖父を亡くし、就職活動も思ったようにいかず…。毎日晴れることなく、かと言って雨でもない。ずっと曇り空の下で毎日を過ごしています。 とても臆病者で挑戦することが怖くすぐに逃げがちな私。(逃げ足だけは早いんです)自分の生きているリズムを崩されること、変化することが苦手なんです。 でも!2020年は大学生活最後

スキ
6
ロンドンからの手紙

ロンドンからの手紙

3歳の時に見た幼稚園のお友達のバレエ発表会。あまり記憶にないのですが、恐らくそれがきっかけでキラキラ輝くバレエの世界に憧れを持ったのでしょう。それからと言うもの私は両親に言い続けていました。 「バレエを習いたい!」 幼少期は父の仕事で転勤が多く、生まれは愛媛、幼稚園は広島、小学校は東京と奈良に住んでいました。いつもバレエ教室を見学に行ったと思ったら転勤。バレエを始めるまでは家でビデオや絵本を見ながら一人で練習をしていました。見様見真似にポーズを決めたり、音楽に合せて踊って

スキ
10