新国立劇場

オペラ「夏の世の夢」の余韻〜「思考力を磨く音楽学」

先日、新国立劇場で開催されたイギリスの作曲家ブリテン作曲のオペラ「夏の夜の夢」の千秋楽に行ってきました。

気持ちのいい余韻がしばらく続き、終演後に思わず購入したプログラムを読みながら、再びあの世界観に一人静かに浸り直したりしていました。

体内に残る美しい波紋の意味するところ、そして最近感じるアートの在り方について、また、常日頃大事にしている音の「色気」について、まだおぼろげながらも一本の線が繋

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!
5

観劇再開♪新国立劇場『リチャード二世』10/7

新国立劇場のくまちゃんたちに会ってきました〜・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:

いえ、2月以来、初の観劇でした(^_^;)

2009年からスタートした新国立劇場のシェイクスピアシリーズ、ついに最後の『リチャード二世』です。

実はくまちゃんズは見事に逆光位置にいまして、後からクリスタで調整しました。

写真では真っ黒、ほとんどシルエットでした(笑)救い出した〜

新国

もっとみる
ありがとうございます!また来て下さいね♪
4

「記憶と記憶の間を縫う糸」2020年10月1日の日記

・先日、11月末〜12月に初台の新国立劇場で公演が予定されている喜歌劇こうもりが楽しみだというのを書いたけど、会社の先輩に「一緒に行きましょう」と声をかけたら2つ返事で快諾してくれた。
・うれしっ!!

・先輩はクラシック音楽は普段は全然聴かず、オペラも(もし行ければ)今回が人生初。
・私はこうもりを観るのは4回目。
・これを機に好きになってほしいな〜。

・会場である新国立劇場のHPに掲載されて

もっとみる
素敵なネイルですね💅

観てきました(^_^)
2009年から続いたシェイクスピアの歴史劇シリーズ上演の最終作!
シェイクスピアと翻訳家の言葉のセンスに脱帽です。
役者の演技のすばらしさはもちろん、衣装も舞台背景も美しいの一言
https://www.nntt.jac.go.jp/play/richard2/

「喜歌劇こうもり」2020年9月28日の日記

・11月末〜12月頭にかけて新国立劇場で上演される“喜歌劇こうもり”が最近の大きな楽しみになっている。

・メロディックで親しみやすいシュトラウスの音楽、華やかな衣装と舞台、人間味のあるユーモラスなストーリー。
・“こうもり“は、観劇する私たちの心の一番やわらかい部分を、あらゆる角度からの、あらゆる色のスポットで照らしてくれる。

・私が“こうもり”の中で好きな場面は、1幕の終盤、主人公のアイゼン

もっとみる
うれしっ!明日も来てください!
1

気づくと上演しています

昨日の朝日新聞夕刊です。

新国立劇場で「リチャード二世」の舞台が上演されるようです。翻訳は小田島雄志。つまり原作はUブックス版『リチャード二世』です。

シェイクスピアって、もちろん世界中で上演されているわけですが、日本でも気づくとどこかしらで上演されていますね。電話やファクスの注文で、あるとき突然受注数が上がってきたので調べてみると、「上演が決まった」「舞台が始まった」という情報に行き当たった

もっとみる

日本の劇場も少しずつ‥

海外からもオペラハウスの再開情報が少しずつ流れてくるこの頃。

日本でも週末の公演が増えてきました。
週末連日、以前は1日何本も見ていたので、始めて「あぁ、少しずつある部分は元に戻りつつあるのだな」と感じたしました。

一つはCORVUS『喉』@座高円寺2。
CORVUSは結成10年だそう。時の速さに驚きつつ‥。
新しい「オイリュトミー」を模索する作品。華のある二人の男性ダンサーがこの舞台がない時

もっとみる
嬉しいです♡ ニジンスキーという名の馬もダンサーも
4

初外部舞台出演決定

少し遅くなってしまったけど、織山尚大くん『ELF the Musical』ご出演決定おめでとうございます。

朝、寝ぼけた頭でTwitterを眺めていて最初に見た文字は「ネプリーグ」。内容は少年忍者のメンバー5人がネプリーグに出演する、というもの。そしてそのあとにみた文字は「織山くん」。織山担がネプリーグに自担が出ないことにキレてんのか?と思って見てみたら、まさかのミュージカルの話で目が一気に覚め

もっとみる

20年7/29 新国立劇場勤務の業務委託者がコロナ感染 30、31日のバレエ公演「竜宮 りゅうぐう」中止

浦島太郎がお爺さんになったのは、玉手箱を開けたのが原因ではありません。本当の原因は別の所にありました。

「竜宮」が中止になって途方に暮れた浦島太郎は、夜の街に繰り出しました。何日か遊び呆けて、大きな亀に乗って海の中に帰ると・・・。

🔥

♢『乙姫様にバレ(バレー)て、直ぐにお爺さんにされてしまいました』♢

嬉しいです。