『声入人心』に夢中その7

『声入人心』に夢中その7

●『声入人心』第六期を観る こんにちは、akkiyです。 周深がらみで観始めた中国の番組『声入人心』。 クラシック畑のガチ勢が本気バトルを繰り広げるさまは ときに困難を極めます。 今日は第六期のまとめをば。ではどーぞ。 ●パフォーマンス(抜粋) 第六期は公開録画で お客様を前にパフォーマンスでした。 その中で印象に残ったものをペタペタ。 演者:星元(左) 南枫(中) 李文豹(右) 演目:小河淌水 2人だと良い。 3人になると難しい。 パワーバランス

スキ
11
「楽式」

「楽式」

「ひとつひとつの音符を大事にする」 ということは、 「フレーズを分解しそれぞれの音を単体で出す」 という意味ではない。 音楽は音の繋がりによって作られるものであり、 その意味において 「フレーズにならなければ音楽ではない」 とも言える。 つまり 「音符1個づつで歌わない。フレーズとして歌っていく」 ということ。 ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ プッチーニの作品に多いのが、 細かな音符指定と速度変化記号。 これをどこまで忠実かつ明確に再現していくか、 それ

スキ
1
9月26日(日) 第17回「ぺテルで劇場へ行こう!」リモート参加募集中!
+1

9月26日(日) 第17回「ぺテルで劇場へ行こう!」リモート参加募集中!

サンクト・ペテルブルク発の芸術講座「ぺテルで劇場へ行こう!」は、 現在 月に1度オンライン(zoom)で、無料講座を開講しております。 オペラ・バレエ・コンサート・美術館などの楽しみ方、見どころ、聴きどころ、意外なトリビアなどなど… 多彩なテーマでわかり易くおもしろく鑑賞を深めるスキルを養います。 途中からのご参加、入退室は自由です。 講座終了後にはスタッフと参加者が語り合う交流会もございます(参加自由)。 ✣ ✣ ✣ ✣ ✣ ✣ ✣ ✣ ✣ ✣ ✣ ✣ ✣ ✣ ✣

スキ
5
夜の女王のアリア
再生

夜の女王のアリア

秋分の日、いかがお過ごしですか? 秋分読みもしたかったけど無理でした。 今書いてる作品内で「夜の女王のアリア」が流れるのだけど、聴きながら書きたいな〜って思って、田中彩子さんの「夜の女王のアリア」を聴いたら、物凄いエネルギーが體に流れてきて鳥肌凄かったので、なんとなくシェアしたくなりました。 でも歌詞を調べたら復讐しないならあんたあたしの娘じゃ無いわよって内容でした😹

スキ
30
「均一」

「均一」

凡庸からなかなか抜けられずにいる 歌手の多くが慣習的に行っている ポルタメントやグリッサンド、 これらは全て 「技」に属するものではなく、 むしろ「癖」に属するものだったりする。 意識して行っているならばともかく、 無意識でそのような演奏を行うというのは 本来、まともな演奏家としては あってはならないこと。 フレーズにおけるリタルダンドや アラルガンドもまた同じ。 楽譜に記されてもいないのに、 歌手の都合で勝手に フレーズにリタルダンドをかけてはいけない。 (アッチェレ

『声入人心』に夢中その5

『声入人心』に夢中その5

●『声入人心』第四期を観るこんにちは、akkiyです。 周深がらみで観始めた中国の番組『声入人心』。 クラシック畑のガチ勢が本気バトルを繰り広げるさまは 開いた口が塞がらないことも。 今日は第四期のまとめをば。ではどーぞ。 ●デュエットパフォーマンス(抜粋) 第三期から第五期はデュエットパフォーマンスとなっています。 その中で印象に残ったものをペタペタ中。 演者:阿云嘎(左) 蔡程昱(右) 演目:鹿 be free 実力者同士のデュオでした。 阿云嘎は壮絶

スキ
26
『声入人心』に夢中その4

『声入人心』に夢中その4

●『声入人心』第三期を観るこんにちは、akkiyです。 周深がらみで観始めた中国の番組『声入人心』。 クラシック畑のガチ勢が本気バトルを繰り広げるさまは きゃーきゃーきゃー! 今日は第三期のまとめをば。ではどーぞ。 ●デュエットパフォーマンス(抜粋) 第三期から第五期はデュエットパフォーマンスが続きます。 その中で印象に残ったものをペタペタ。 演者:高杨(左) 王晰(右) 演目:她真漂亮   王晰と高杨は柔らかなオーラが歌声からにじみ出ていました。 好き

スキ
25
『声入人心』に夢中その3

『声入人心』に夢中その3

●『声入人心』第二期を観る こんにちは、akkiyです。 周深がらみで観始めた中国の番組『声入人心』。 クラシック畑のガチ勢が本気バトルを繰り広げるさまは 鳥肌がたって仕方ない。 今日は第二期のまとめをば。ではどーぞ。 ●鳥肌モノの個人パフォーマンス(抜粋) 第一期と第二期は個人パフォーマンスになります。 気になったものをペタペタ。 演者:黄子弘凡 演目:送別 『旅愁』の中国語バージョン。 声にはその人が生きてきた環境や性格なども出ます。 彼はのびの

スキ
20
高声と低声
+1

高声と低声

私〜高い声が出るようになりたいんです。 という言葉をよく聞きます。 ん〜💦だからと言って、逆に高音ばかり追求してる人は低声の部分が抜けてしまうんですね💦 つまり、一番大切なのはどの声にも芯があること。 イタリア語でtimbroと言います。 これは指導者にも言えることですが、高音が出るとそこばかりを追求して高音ばかり出させようとします。これは後々歌い手としての寿命を縮めることになります。若いうちに高音を出し過ぎることは声全体を失くすことにも繋がりかねません。 大切な

スキ
18
講座情報(9/22更新)

講座情報(9/22更新)

【講座情報一覧】 毎週水曜日に現在の講座情報をお知らせします。 声楽を学ぶ方のそれぞれの段階や目的に合った 講座がございます。 多くの方にご活用いただけますと幸いです。 【日本声楽家協会 臨時プログラム】 ============= 【声楽勉強会】全4回、グループレッスン形式による声楽個人指導。 定員10名を5名ずつの2グループに分け、 2回の対面レッスン(一人30分間)+聴講、 残り2回はご自宅からZOOMを使用したオンライン聴講です。 初めてのご受講の方は初回のみ、