吉玉サキ

新しい自分に出会いたい | 初めての登山靴 【#2 石井スポーツ編】 by吉玉サキ

初めて登山靴を買った日、自分が無敵に思えた。まだ山に登ったこともないのに、「これがあればどこにでも行ける!」とワクワクした。

新しいことを始めるとき、道具を買うことで本気度が増す。

「買ったからにはやるぞ!」と気合いが入るし、単純に、自分がレベルアップしたみたいで嬉しい。道具を買っただけで自分が変わるわけじゃないって、本当はわかってるけど、形から入ってテンションを上げるのだって大切だろう。

もっとみる
ありがと山!
47

新しい自分に出会いたい | 人生で初めての登山 【#1 高尾山編】 by吉玉サキ

ちょっとだけ自分を変えたい、新しいことを始めたい。

そう思うことはないだろうか?

転職や移住ほど大きな変化ではなく、髪色を変える程度の、いつもと違う道を通って帰る程度の、小さな改革。

その選択肢のひとつに登山があったら素敵だな、と思う。挑戦というほど大げさじゃなくて、日常の中でふと、「山に登ってみようかな」と思うような(もちろん安全に注意することは大前提だけれど)。

申し遅れたけれど、私は

もっとみる
ありがと山!
111

”何者かになりたい”願望について、再再考

吉玉サキさんのnoteを読んで、「わぁ、タイムリーだなぁ」と思ったので、感想を書いておこうと思う。

吉玉さんは「『何者かになりたい』って言ってる時の『何者』の定義って何?」と不思議に思っているようなのだけど、私も同じような疑問を抱いたことがある。
その時のことはこのnoteにも書いた。

で、ついこの間も書いたけれど、私的「何者かになりたい」の「何者」とは「自分の芯や強みが明確で、自分の代名詞に

もっとみる
フォローするともっとニワオワールドが見れるよ!
17

登山しないけど、山に憧れる私が「山小屋ガール」をおすすめする漫画

吉玉サキさんが以前にこんな記事を書かれてたのを、皆さん覚えておられますか・・

すごく、遅くなった・・のですが・・マンガです。どうぞ!

「で、どんな風に書いてるのですか?」

「読んで気になったこと」

まだ読んでない??おすすめです。山に行きたくなるよ。

山行きたいと思ってるうちに、近所のアルプスはもう初雪のニュースが流れていましたよ。冬来てた、とっくに小屋閉めて下山してるかな。

もっとみる
田舎は時々でいい
56

ミステリーが書きたい?! -吉玉サキさんインタビュー(後編)

ライター、エッセイストで「山小屋ガールの癒されない日々」の著者、吉玉サキさん。

書籍発売記念のインタビュー、後編をお送りします。

前編はこちら

1. 「書くこと」のはじまり

―書くことを始めたのは学生時代からですか?

吉玉:そうですね。高校生の時はパソコンを持ってなかったので、原稿用紙に書いてました。15歳ぐらいの時に北海道新聞社の賞を受賞したのですが、この時に初めて小説を書いたと思いま

もっとみる
【おすすめ】スープストックの野菜と鶏肉のトマトシチューは冬限定!
13

初の書籍化の話をしよう-吉玉サキさんインタビュー(前編)

書籍「山小屋ガールの癒されない日々」の著者、吉玉サキさん。10年間の山小屋勤務を経て、現在はライター、エッセイストとして多数のメディアで執筆されています。noteの記事でもおなじみです。

今回、こちらの素敵な企画に応募し、吉玉さんにインタビューしました。

書籍のお話から、吉玉さんが今後チャレンジしてみたいことまで、様々な話をお聞きしました。前後編でお届けします。

1. タイトルと書籍デザイン

もっとみる
風邪ひきませんように!
16

四月ばかの場所 #note感想文

吉玉サキさんが13年前に執筆され、惜しくも世に出なかった、はずだった。長編小説「四月ばかの場所」は、2019年1月から公開されました。全27話、完結済です。

恋愛小説、と言えるかもしれないし、言えないかもしれない。それは、読む方の受け取り方によって変わる。そう、思います。

私は、人間関係と、くらくらと転がりゆく情感に目を奪われるこのお話に、とめどなく続く人の「どうしようもないいびつさ」を突き付

もっとみる
今年はこたつが壊れました。温まります、ありがとうございます!
18

吉玉に取材したい方を募集します(ライターじゃなくてもOK!)

著書『山小屋ガールの癒されない日々(平凡社)』、発売から1ヶ月半が経ちました。

最近は本がらみで取材していただくことがよくあります。

【ウーマンタイプさん】

【ヤマケイオンラインさん】

本のPRになるし、取材を受けることで私も勉強になるし、本当にありがたいです。

というわけで、吉玉に取材してくれる方を募集します!

引き続きメディアからの取材も募集していますし、『山小屋ガールの癒されない

もっとみる
ひとつずつ、ひとつずつ片付けていきましょうか
84

努力は隠れている

少し前の話だけど、以前吉玉サキさんの出版イベントに遊びに行った。

吉玉さんは、僕が本気で応援しているライター・エッセイストの1人だ。こんな僕が応援すると言っても微力過ぎて申し訳ないが、吉玉さんの本が増刷されたと知った時は心から嬉しかった。

僕はある人から「吉玉さんはシンデレラストーリーを歩んだ人」という言葉を聞いたことがある。僕が初めて吉玉さんを知ったのはcskesのCREATOR CONTE

もっとみる
ありがとうございます!素直に嬉しいです!
54

レポート【吉玉サキさんのトークイベント@岐阜ホール】

2019年7月27日

東京・上野桜木にある岐阜のアンテナショップ「岐阜ホール」にて、吉玉サキさんの本「山小屋ガールの癒されない日々」の出版記念トークイベントを開催した。

会ったこともないどこの誰ともわからない私からの暑苦しいオファーを快諾していただき、さらにオープンして間もない(というかイベント前日にオープンした)、全然知られてもいない場所で、自分のイベントをやるということはなかなか勇気がいる

もっとみる
また読んでくださいね。(ネコは好きですか?)
31