吉玉サキ

ライター/著書『山小屋ガールの癒されない日々(平凡社)』『方向音痴って、なおるんですか…

吉玉サキ

ライター/著書『山小屋ガールの癒されない日々(平凡社)』『方向音痴って、なおるんですか?(交通新聞社)』 /有料記事は知人に読まれたくないだけで有益な情報じゃないです/お仕事のご相談はsaki.yoshidama@gmail.com

マガジン

  • #エッセイ 記事まとめ

    • 1,141本

    noteに投稿されたエッセイをまとめていきます。

  • ソファでわたしは旅をする

    • 15本

    いつかまた自由に出かけられるその日まで、「空想の旅」をテーマに文章を書いてみることにしました。 趣味や嗜好、旅のスタイルも異なる3人の書き手・べっくやちひろ、中前結花、吉玉サキがそれぞれお届けします。 束の間でも、みなさまを“ソファの上の旅”にお連れできたらうれしいです。

  • noteカメラ部magazine

    • 59本

    noteカメラ部部員のレポートなどなどをまとめたmagazineです📷

  • 夢日記

    見た夢の記録です。気が向いたら書きます。

  • 天然オットシリーズ

    夫について書いたnoteをまとめました。もちろん無料です。

最近の記事

  • 固定された記事

書籍『方向音痴って、なおるんですか?』発売のお知らせ

突然ですが、私にとって2冊目の本が出ます。タイトルは『方向音痴って、なおるんですか?』。5/21、交通新聞社から発売です。 Web「さんたつ」の体当たり連載「グーグルマップを使っても迷子になってしまうあなたへ」が単行本になりました。 方向音痴の克服を目指して悪戦苦闘! 迷わないためのコツを伝授してもらったり、地図の読み方を学んでみたり、地形に注目する楽しさを教わったり、地名を起点に街を紐解いてみたり……教わって、歩いて、考える、試行錯誤の軌跡を綴るエッセイです。 Amaz

    • 【書いた】 小学校4年から卒業まで所属していたバレーボールチームの思い出を書きました。強豪校の補欠という立場を経験してよかったなーと思います。 強豪校の補欠、消去法のポジション……バレーボールに打ち込んでいた時期が今の私に残したもの https://san-tatsu.jp/articles/319947/

      • 【書いた】 通信制高校時代、劇団に所属して毎日大人たちと稽古に励んでいた。同世代の友達と過ごすのとはまた違う、あれが私の青春。 悩んでも、妬んでも、あれが私の青春だった。札幌・西28丁目で演劇に日々を費やしていた頃 https://san-tatsu.jp/articles/314041/

        • 【書いた】 山小屋時代の友人夫妻が会いに来てくれたことをエッセイに書きました。 こんな私でも、遠くから会いに来てくれる人がいる。山小屋時代の友人と話して気づいたこと https://san-tatsu.jp/articles/294358/

        • 固定された記事

        書籍『方向音痴って、なおるんですか?』発売のお知らせ

        • 【書いた】 小学校4年から卒業まで所属していたバレーボールチームの思い出を書きました。強豪校の補欠という立場を経験してよかったなーと思います。 強豪校の補欠、消去法のポジション……バレーボールに打ち込んでいた時期が今の私に残したもの https://san-tatsu.jp/articles/319947/

        • 【書いた】 通信制高校時代、劇団に所属して毎日大人たちと稽古に励んでいた。同世代の友達と過ごすのとはまた違う、あれが私の青春。 悩んでも、妬んでも、あれが私の青春だった。札幌・西28丁目で演劇に日々を費やしていた頃 https://san-tatsu.jp/articles/314041/

        • 【書いた】 山小屋時代の友人夫妻が会いに来てくれたことをエッセイに書きました。 こんな私でも、遠くから会いに来てくれる人がいる。山小屋時代の友人と話して気づいたこと https://san-tatsu.jp/articles/294358/

        マガジン

        • #エッセイ 記事まとめ
          1,141本
        • ソファでわたしは旅をする
          15本
        • noteカメラ部magazine
          59本
        • 夢日記
          8本
        • 天然オットシリーズ
          4本
        • ジョバンニの食卓
          7本

        記事

          【書いた】 にじさんじの叶さんに、お金の使い方や資産運用への興味について伺いました! https://mirashiru.dai-ichi-life.co.jp/article/1084186

          【書いた】 にじさんじの叶さんに、お金の使い方や資産運用への興味について伺いました! https://mirashiru.dai-ichi-life.co.jp/article/1084186

          【書いた】 海外旅行におけるスマホの使用法やトラブル対策について、『地球の歩き方』編集長の宮田さんに伺いました! https://www.softbank.jp/sbnews/entry/20240214_01

          【書いた】 海外旅行におけるスマホの使用法やトラブル対策について、『地球の歩き方』編集長の宮田さんに伺いました! https://www.softbank.jp/sbnews/entry/20240214_01

          【書いた】 さくらインターネットのエンジニアである柳田さんに、仕事と子育ての両立についてお話を伺いました。さくらの「さぶりこ」制度、すごく働きやすそう! https://sakumaga.sakura.ad.jp/entry/employee-success-32

          【書いた】 さくらインターネットのエンジニアである柳田さんに、仕事と子育ての両立についてお話を伺いました。さくらの「さぶりこ」制度、すごく働きやすそう! https://sakumaga.sakura.ad.jp/entry/employee-success-32

          【書いた】 17歳のときに本気で好きだった人のことを書きました。 https://san-tatsu.jp/articles/287482/

          【書いた】 17歳のときに本気で好きだった人のことを書きました。 https://san-tatsu.jp/articles/287482/

          【書いた】 亡くなった友人のお母さんに会いに行ったときのことを書きました。 https://san-tatsu.jp/articles/283859/

          【書いた】 亡くなった友人のお母さんに会いに行ったときのことを書きました。 https://san-tatsu.jp/articles/283859/

          【書いた】 29歳から30歳にかけて半年間の旅をしてたんだけど、その旅の最中に読んだ本の思い出について書きました。 旅することは本を読むこと。旅の数だけそこで読んだ思い出が残っているのだ。 https://san-tatsu.jp/articles/275249/

          【書いた】 29歳から30歳にかけて半年間の旅をしてたんだけど、その旅の最中に読んだ本の思い出について書きました。 旅することは本を読むこと。旅の数だけそこで読んだ思い出が残っているのだ。 https://san-tatsu.jp/articles/275249/

          【書いた】 セクシー女優の葵いぶきさんに、プライベートについてお話をうかがいました。仲良しの石原希望さんとのエピソードのほか、愛猫や姪っ子ちゃんのエピソードも満載です! スマホの中身を覗き見!【葵いぶき編】 https://fempass.today/article/25533

          【書いた】 セクシー女優の葵いぶきさんに、プライベートについてお話をうかがいました。仲良しの石原希望さんとのエピソードのほか、愛猫や姪っ子ちゃんのエピソードも満載です! スマホの中身を覗き見!【葵いぶき編】 https://fempass.today/article/25533

          【書いた】 連載「リュウジのレシピトレード」、今回はリュウジさんのロングセラーレシピ・豚汁を、弟子の双松桃子さんが作ります。料理研究家になりたい人は必見の回です! リュウジさんの「至高の豚汁」を双松桃子さんが作る https://www.ism.life/recipetrade/015-b.html

          【書いた】 連載「リュウジのレシピトレード」、今回はリュウジさんのロングセラーレシピ・豚汁を、弟子の双松桃子さんが作ります。料理研究家になりたい人は必見の回です! リュウジさんの「至高の豚汁」を双松桃子さんが作る https://www.ism.life/recipetrade/015-b.html

          【書いた】 連載「リュウジのレシピトレード」、今回のゲストはリュウジさんのお弟子さんで「モテ料理研究家」の双松桃子さん。師匠と弟子のやりとりにほっこりします。 双松桃子さんの「関西人が作る本気のお好み焼き」を作る https://www.ism.life/recipetrade/015-a.html

          【書いた】 連載「リュウジのレシピトレード」、今回のゲストはリュウジさんのお弟子さんで「モテ料理研究家」の双松桃子さん。師匠と弟子のやりとりにほっこりします。 双松桃子さんの「関西人が作る本気のお好み焼き」を作る https://www.ism.life/recipetrade/015-a.html

          忘れかけていたことを思い出す快感

          耳かきやマッサージなど、日常にはささやかな快楽がたくさんあるけれど、中でも私は「言われるまで忘れていたことを思い出す瞬間」が好きだ。 ただの懐かしい話ではなく、言われるまで忘れていたワードを出されて、記憶を司る海馬がビリビリするあの瞬間。思わず「あー! あった、あった!」と手を叩き、大笑いしてしまう。思い出すことは快楽なのだ。 けれど、日常の中でその瞬間を味わう機会は少ない。 私は記憶力がいいので、友達や親が話す思い出はだいたい覚えている(むしろ相手が忘れていることのほ

          忘れかけていたことを思い出す快感

          連想ゲームで会話を転がす

          先日、歌人のなべとびすこさんとスペースで雑談配信を行った。 なべとさんとは一度しかお会いしたことがない。しかもその一度も、イベント時だったため挨拶程度しかできなかった。じっくりお話するのはこれが初めてだ。 だから正直、会話が続くかが心配だった。話題が尽きて、気まずい沈黙が流れたらどうしよう。そう思い、あらかじめいくつかの質問を用意して配信に臨んだ。 しかし結果から言うと、私は用意していた質問を使うことがなかった。2時間と少しの配信の間、会話が途切れることがなかったのだ。

          連想ゲームで会話を転がす

          何もできないけれど、何もしないのは退屈

          毎日、仕事以外の時間が退屈で仕方ない。 ひとり暮らしなので、家事はすべて自分でやっている。掃除も洗濯もまめにするほうだし、食事も自炊だ。それでも可処分時間が余る。 だから、小説、ラジオ、テレビ、YouTubeなどのコンテンツで時間を埋める。私はいつも、暇つぶしに必死だ。 しかし、困っていることがある。時間はあるのに、読書やコンテンツの視聴をする気力が足りないときがあるのだ。そういうときは何もできない。起き上がることすら億劫だ。 何もできないなら、何もしなければいい。し

          何もできないけれど、何もしないのは退屈