マガジンのカバー画像

#エッセイ 記事まとめ

1,002
noteに投稿されたエッセイをまとめていきます。
運営しているクリエイター

記事一覧

自分の顔は自分ではわからない

前回の記事はこちら 写真に撮られた自分に感じる違和感いらっしゃいませ。 bar bossaへようこそ。 先日、妻がお出かけ前に、鏡の前でちょっと髪の毛をさわったり、アクセサリーをつけてみたりしているとき、鏡の中の妻の顔を見てしまったんですね。 そしたら鏡の中の妻の顔が、普段の妻の顔と微妙に違うんです。ちょっとおすましと言いますか、わかりますよね、「妻が自分で思うところの可愛い顔」をしているんです。 ほら、人によってあるじゃないですか。ちょっと上目遣いにしたり、ちょっと

スキ
108

人の才能を引き出せる人

前回の記事はこちら 伸びるのはこんな人いらっしゃいませ。 bar bossaへようこそ。 僕のnoteに、「あげまんになるにはどうすればいいのか」という質問をいただきました。今時あまり使わない言葉な気がしますが、男女限らず「パートナーの才能を引き出せる人」くらいな意味で考えてみようと思います。 noteの加藤貞顕さんが以前、「伸びる人は素直な人」という話をしていたことがありました。例えば、編集者として作家に「ここはこうした方が良いです」と指摘したときに、反発したりせずに

スキ
121

座る場所ひとつ考えてしまう人が好きなのです

突然ですが質問です。 カウンターに7つ、椅子が並んでいます。 スタバとかドトールとかによくある席です。別にカフェのテーブルじゃなくても、7人座れる電車の座席でもいいです。 先客が2名。1番と7番(緑色になっている部分)に人が座っているとします。 自分が3人目として2~6のどこかに座る場合、何番に座りますか。当然1も7も赤の他人です。 ここで4番の席に座る人、いると思うのです。 1番の人からも7番の人からも距離を開けて、真ん中に座る人、いると思うのです。 ちょっと意味が分か

スキ
170

あなたが最初にしたアルバイトはなんですか?

前回の記事はこちら 林さんの一番最初のアルバイトいらっしゃいませ。 bar bossaへようこそ。 「初めてやったバイトでその人がわかる」という説があります。あなたは何ですか? 僕は中学生くらいから始めた、両親の自動車(田舎だから父も母も1台ずつもってます)を洗車「500円」というのが最初です。休日に親の車のカセットデッキに自分の選曲カセットを入れて、それを爆音で聞きながら洗って、乾いたタオルで拭き取って、そこにワックスをかけるその「自分だけの時間」が結構好きで、晴れた

スキ
53

マッチングアプリで成功するコツ

前回の記事はこちら。 プロフィールは正直に書くいらっしゃいませ。 bar bossaへようこそ。 僕、恋愛関係のことを書いていて、「弱いなあ」と思うのが、マッチングアプリのことなんですね。 もちろん、色んな人から、こういう仕組みになってて、こういうメッセージのやり取りをして、こういうアプリは本気で婚活の人が多くて、ここは体目的が多くて、みたいな話はよく聞いているんです。 でもやっぱり、実際にやってみないとわからないから、ほんと一度どこかのメディアの企画で、「53歳のお

スキ
37

傾けた「!」に宿った、ある思い

「!」 メールでもLINEでもツイートでも、堂々の頻出第一位記号。 デジタルだとまっすぐなはずの記号。しかし、わたしはいつも斜めに書いてしまう。傾いているのである。 うーん、なぜだろう? 困っているわけではないのだけど、原点を考えてみたい。 「!」を傾ける理由はあれやこれやと過去の引き出しをあけていったら、ある理由が浮かびあがる。 ひょっとして、読んでいる(いた)雑誌の影響なのではないか? というわけで、家にあった雑誌アーカイブを漁ってみることに。(スクラップファ

スキ
80

イタリアの電車がボッコボコだったことについて

夫の夏休みに付き合ってイタリアへランチをしに行った。国境の街のひとつ向こうにある小さくてかわいい海沿いリゾート地。 イタリア側の国境の街まではフランス国鉄SNCFで。そこでイタリアのローカル線に乗り換えてひと駅先の街。所要時間は一時間ちょい。 フランス側は長距離快速電車(TER)を使うので、冷房が効いて快適に移動が出来る。日本の特急や快速と比べるともちろん、乗り心地や清潔さは到底足元にも及ばない。だけど長年フランスに住んでいると、まあこんなもんよねって受け入れられる程度の

スキ
135

カフェで充電器を貸した話

カフェで作業していると知らないお兄さんに声をかけられた。端の端のそのまた端とはいえ、芸能界に所属している身。数少ないメディア出演を見てくれたのだろう。ありがたいことだ。最大限の感謝と愛情を会釈に込める。だがそんなお兄さんが発したのは予想外の一言だった。 「iPhoneの充電器貸してくれませんか?」 聞けば、携帯の充電が0パーセントになってしまい困っているとのこと。嫌な感じの人でもなかったし、なにより不意打ちの展開に動揺していた僕は「いいですよ!」と二つ返事で充電器の貸し出

スキ
508

外国人は日本の「お通し」文化が大嫌い

前回の記事はこちら。 「お通し」とは一体何か?いらっしゃいませ。 bar bossaへようこそ。 僕のnoteに、「外国人の友人が日本の居酒屋でお通しが出てきて、怒ってしまった。彼は、それはお客さんを騙している、と思ったみたい。どうして日本にはお通しがあるのでしょう?」という質問が来たので、今回はそれを考えます。 古いタイプのお蕎麦屋さんでビールを頼むと、ちょっとしたオツマミが一緒に出てくるんですね。それはもちろん無料でして、そういう「料理が出てくるまでの間のお酒のオツ

スキ
83

人は何に幸せを感じるか?

前回の記事はこちら。 サラリーマンよりも自営業が幸せ?いらっしゃいませ。 bar bossaへようこそ。 橘玲さんの『幸福の「資本」論』という本がすごく面白かったんですね。今回はその話を書いていきたいと思います。 まず、サラリーマンより、自営業の方が「幸福度」が高いそうです。これ、自営業の方が、「やりがい」があったり「自分が好きなことができる」だけではなく、「時間(いつどれだけ働くか)」と「人間関係(誰と働くか)」を選べるから、なのだそうです。 人間は「親しい人との死

スキ
145

だから最近の若者は……

前回の記事はこちら。 最近の若い方は礼儀正しいいらっしゃいませ。 bar bossaへようこそ。 接客をしている人なら「そうそう」ってわかってもらえると思うのですが、最近の若い方って、すごく礼儀正しいと思いませんか? 例えば僕がメニューを持っていくと、若い方はみんなすぐに「ありがとうございます」って言ってくれるんですね。 この「ありがとうございます」の「流行」がずっと前から気になっていまして。例えば、年配の方にメニューを渡しても、「ありがとう」なんてほとんど言われたこと

スキ
111

案ずるより産むがやすし、横山やすし!〜良太のグループホーム、行くとか行かないとか〜

ずいぶんと久しぶりにnoteを書いています。 どれだけ書いていなかったかというと・・・半年近く。 noteの機能がものすごく使いやすくアップデートされていてびっくりしたくらいのお久しぶりになっいました。 この2年ほどで母の認知症が急に進行し、家族だけではどうにもこうにもならなくなり。 母も私も、娘も息子も、岸田家みんなの気持ちがすっちゃかめっちゃかのズタズタ、ボロボロになって。 そこからいろいろあった末、母は「認知症対応型共同生活介護(グループホーム)」に入居することにな

スキ
951

姉が私の結婚式に来なかった話

私は2018年の秋、家族だけの小さな式を挙げた。 我が家は父、母、姉、私の4人家族。 そして唯一の姉妹である姉は私の結婚式に来なかった。今回はその時の話をしよう。 まずはこの話の主役である姉について説明するのが筋だろう。 姉は私の一歳年上、私とは俗に言う年子である。 同じ血を分けたたった1人の姉妹にも関わらず、姉と私は何もかもが対照的だった。 利発で思慮深く愛想が良い姉と、傲慢で短絡的かつ人見知りの激しい妹。きっと私は姉が「これはいらんな」と母の腹に捨てたものを掃除するた

スキ
3,449

【葉月】スイカの皮と、いつかの旅(前編) 村山由佳「記憶の歳時記」

歳を重ねたからこそ、鮮やかによみがえる折々の記憶。12の季節をしっとりつづる、滋味深きおとなのエッセイ。 [毎月第2・4金曜日更新 はじめから読む]  ふだん連れ合いに呼びかける時、どのように呼んでいるだろうか。  下の名前だったり、あだ名だったり、あるいは学生時代からの付き合いであれば、いまだに互いの苗字で呼び合う夫婦もいるかもしれない。  私の場合、最初の夫は〈おにいちゃん〉だった。家族や親戚みんなからそう呼ばれている人だったので、なんだか自然とそうなった。  二番目の

スキ
101