🐅と🐎

トラウマの定義がわからん。
わからんけど、去年ようやくわかったことがあった。

お兄ちゃんが怖い

いや、去年まで私はお兄ちゃんが大好きで、ブラコンだと思ってた。
幼い頃から1週間みっちり習い事だらけで、休みは日曜日だけだった私。
学校からそのまま習い事に向かう日々。友達と放課後遊んだ記憶は数少なくて…

でも寂しくなかった。お兄ちゃんが遊んでくれてたから。お兄ちゃんは私と人形遊びすら付き合ってく

もっとみる

今日は他界した私の両親2人の命日なので、
今回は、私の家族のお話をさせて頂きました。

家族はそばに誰もいないので、
心に開いた大きな穴は、
一生塞がることが無いからつらいし、
今でも泣くこともあります。

でもだからこそ、
自分のこれからの人生は
絶対に諦めず、
幸せになるために、

努力を惜まずに、
頑張って暮らしたいと思います♪

~今回の内容~
◎同じ日が命日の両親の絆
◎大往生だった祖母

もっとみる
キャー!ありがとー(*´艸`*) 大好きです(^_-)-☆
2

今日という日

朝、動けないと思っていたのに、昼からカリフラワーやかぶを収穫して調整ができた。私にしては上出来だ。私は今の現状をもどかしくは感じているが、前向きに受け止めている。これは、成功のためのいち経験にすぎないと。だから、この日記を書き留めているのだろう。あの日常が今、こう役立っている。と言える日を現実にするために。きっと今は立ち止まる必要があったのだろう。神様がおやすみをくださったのかもしれない。もっと心

もっとみる
ありがとうございますっ┏(^0^)┛
2

お兄ちゃんになりたかった

誰かを守れる人になりたかった。
こんな逃げてばかりの人生は嫌だった。
家族や友人や世の中に生きる人を大切にして、叱れるときに叱れて、包み込むような愛を持って戦えるときに戦える人でありたかった。

昔からヒーローが好きだった。
主人公に憧れていた。
でも主人公を演じようとするといつも失敗していた。
その度に私は人を引っ張っていく力がないんだって、弱いんだって痛感した。

私は人に怒れない、叱れない、

もっとみる

おにい

ぼくには2つ年上の兄がいます。

兄はよく泣く子どもでした。
親に叱られては泣き、友達と喧嘩しては泣き。

今日は兄の泣きエピソードについて書いてみます。



小学生のとき、兄は突然母に、「散髪屋さんに行きたい」と言い出しました。
当時、ぼく達兄弟は家で母に髪を切ってもらっていました。母親は髪を切るのが下手で、前髪を切るときはハサミを真横にして、手をぷるぷるさせながら鼻息を荒くします。ぼく達は

もっとみる
わらび餅はお好きですか?
38

兄よ、生き返れ!

先日、家族会議が開催された。議題は専ら兄のこと。兄はなんというか、おバカさん🤪お子ちゃまなのだ。だから私たち家族が「しっかりしろ!」というようなことで兄の尻を叩いた。内容はまあざっくり言ってこんな感じ。兄の反応はというと、まだわかってないなと思うこともあったが、兄は兄なりに苦しんでいたのだ。兄は世渡りが上手くない。おべっかいとかごますりなんて到底できない。嫌なものは嫌。そういう性格なのだ。だから

もっとみる
ありがとうございます😊🌼
4

12/25に兄がまた精神科に入院。1/14に退院。良かった。

ありがとうございます♪
6

私の兄の話

私の兄は、Web系のサービスを嫌っている。
常に繋がっている状況が嫌いなのだ。
だからスマホは使用しない。
ゲーム機は持っているのに、家族共々ネット環境をあえて整えていない。

でも教師だから携帯は持たなきゃならない。
パソコンのスキルも必要だ。
情報だっていっぱい仕入れている。
そこは仕事と割り切っているようだ。

そして家に帰ると玄関にそういった機器は全て置き、自分の近くには置かない。

時代

もっとみる
もっと頑張ります!!
14

劇的Before After【朝のスケジュール編】

このタイトルにピンときた方は、おそらく同世代前後かもう少し上の方が多いのかな。

さぁ早速いきますよ。
なんということでしょう。
匠の技術をお披露目です。

いや、ハードル上げすぎました。
すいません。
読んでいただく方にとってはそこまで劇的ではないかもしれませんが、私の中では劇的な変化なので、このまま突っ走らせていただきます。

ちなみに私、3児の母です。
まだまだ手のかかる長男(小学生)・次男

もっとみる
嬉しすぎます❤️ありがとうございます🤗🍀
6