借入

2020年ものづくり補助金について(シンプルバージョン)

2020年ものづくり補助金について(シンプルバージョン)
現在発表されている情報になります。

令和元年度の補正予算案額3,600億円(ものづくり補助金・持続化補助金・IT導入補助金)

どの補助金を活用するのがいいかは、目的・取り組み内容やスケジュールにもよりますが今回は補助金の金額が大きいものづくり補助金についてになります。

ものづくり補助金を活用することで会社の成長・発展につながることは多

もっとみる

来店不要で即日借り入れしやすいキャッシング・金融一覧

>>来店不要で即日借り入れしやすいキャッシング・金融一覧

延滞したことによって、自分はブラックなんだと思っている人も多いですが、実はまだブラックになっていない場合もあります。

実は厳密にいうと「ブラック」という状態はありません。

法律で延滞や破産歴がある人にお金を貸してはいけないという決まりもありません。

ただ、消費者金融の企業が「破産歴、延滞がある人にはお金は貸さない。」と決めているので

もっとみる

「筋肉質な経営」を考えてみる

「リストラが筋肉質な経営を実現することなのか??」

先にお断りしておきますと前の3本が真面目な内容だったので今回はコラム的な位置付けです笑

趣味がボディメイクで筋力トレーニングの為に恵比寿にある「パーソナルジム」とダイエットの原理原則を学びたく「2ツ星栄養コンシェルジュ」という資格をとっているので、たまに経済紙で出てくる「筋肉質な経営:贅肉のない引き締まった肉体を持つ企業」という説明がメタファ

もっとみる

WACCって使わなきゃダメ!?未上場オーナー企業特有の資金調達コストの考え方

前回、「企業は誰のために頑張る?ROEは重要?」という記事を執筆させて頂きましたが、この考え方を前提とした「未上場オーナー企業特有の調達コスト」というものの自説をお伝えしたいと思います。
結論としては、未上場オーナー企業の資金調達コストは負債コスト(銀行からの借入利率)だけを意識すればいいということになります。

一般的な資金調達コストの概念(WACC)

企業の資金調達手段としては、1)銀行から

もっとみる

退行してから理解した銀行員としての限界について(ジレンマや知識経験など)

都市銀行員時代

私は計8年間都市銀行にお世話になり、新卒から約5年半の間、法人融資担当として企業を担当させていただいた過去があります(残りの2年間半は本部にて審査部と事業承継関連の部署に在籍)。
下町の零細企業から東証一部の大企業まで多くの企業を担当させていただきました。
フィールドセールスでの経験は最後の2年半の大手町生活とはまた一線を画し、感動や力不足を感じるなど本当にドラマチックな貴重な経

もっとみる

企業は誰のために頑張る?ROEは重要?

「一体会社は誰のために頑張るか?」
「全ての会社でROEは重要か?」

会社法上では株式会社(以下、企業)は株主のものであり、ファイナンス理論的にも株主のために企業価値(-負債=株主価値)を高めようというのが当たり前のように一般論として言われ、経済紙などで”ROE経営”という言葉が出る度に私は「会社は誰のものか?」という疑問も持っていました。

というのも、実家の商売は未上場企業で私自身将来的に3

もっとみる

マイカーローンの残債100万円で、住宅ローンが1,290万円減額される理由

住宅ローン審査基準の1つに、返済比率(返済負担率とも言います。)があります。

年収に対して30%から40%以内(年収や申込の金融機関によって基準があります。)に年間返済額を抑えないと、返済比率オーバーとして審査が否決される可能性が非常に高くなります。

例えば、年収500万円・返済比率35%・審査金利3%の場合の借入限度額ですが、

年収500万円 × 返済比率35% = 年間返済限度額175万

もっとみる

【不動産投資】だけが特別扱い!?初心者必見!レバレッジにまつわる謎・FXや株の信用取引との違いについて解説します!

今回の動画では不動産投資を始めとした投資を行うにあたって重要な要素であるレバレッジという考え方について詳細に解説しています。資産を爆発的に増やして行くっていうことを考えた時にレバレッジという考え方は非常に重要ですので、これから不動産投資を始めるのであれば必ずこの動画で勉強して理解したうえで行って下さい。
FXのレバレッジと何が違うのか、株の信用取引は!?
といったレバレッジに関する疑問点についてお
もっとみる

「借金=悪」と思い込んでいる人ってなんでこんなに多いの?

小さいころ、親や学校の先生などから「借金はダメ」と教えられたような方も多いと思います。

とくに日本では、独立独歩で会社を立ち上げる人が諸外国より少ないこともあってか、「借金=悪」というイメージに捉われる風潮が見られます。

さらに道徳的観点や倫理観からだけでなく、「なるべく借り入れはしない」ことを前提に、「無借金経営」を推進するような経営本の類も見られます。

しかし、世の中の数ある会社、経営者

もっとみる

なぜ親世代は住宅ローンの繰り上げ返済を勧めるのか?

ファイナンシャルプランナーの吉岡奈美です。

家を買うとき、ご両親から頭金の資金援助を受けた人もいらっしゃると思います。物件価格に対しての頭金比率が高ければ、それだけ月々の返済額が減り、家計のやりくりが楽になるし、住宅購入目的であれば贈与税の優遇も受けられるので双方にメリットがあります。

ただ資金援助と合わせて「お金を貯めて繰り上げ返済するように」という条件、というか、釘をさされた人も多いのでは

もっとみる
うれしいです!ありがとうございます。
7