日本人が「長寿の配当」を得るために必要なこと 『LIFE SHIFT2』 100年時代の行動戦略
+3

日本人が「長寿の配当」を得るために必要なこと 『LIFE SHIFT2』 100年時代の行動戦略

こんにちは。今回はシリーズ累計50万部突破「ライフ・シフト」の最新版、『LIFE SHIFT2 100年時代の行動戦略』をご紹介します。 「人生100年時代」一大ムーブメントを巻き起こしたベストセラー、待望の最新版が10月29日(金)についに発売となります。 新テクノロジー、AI、長寿化、コロナ、リモートワーク、副業… この変わり続ける世界で、私たちはどう生きるべきでしょうか。 「ライフ・シフト2」著者が私達に伝えたいこと 共著者のアンドリュー・スコット氏による日本語

スキ
2
オーダーメイドの働き方~キャリア自律について話そう⑰

オーダーメイドの働き方~キャリア自律について話そう⑰

そろそろ本格的に自律&自立を実行するときが来たようです。すでに取り組んでいる方はもちろん、熟慮期間を経た方も、本年中に視座を高めることといたしましょう。そもそも… すでに働き方に関する個人と企業との欲求はぶつかり合っています。 働き方の多様化が常識になる中、企業側では体制が整わないだけでなく、整えたくない不都合な事情について水面下で議論されています。 企業が臨む事「標準化と予測可能性」 ここではっきりさせなければならない事は、自分はどうしたいか、ということです。会社が何

スキ
1
大阪成蹊大学で講義
+1

大阪成蹊大学で講義

大阪成蹊大学経済学部で講義させていただきました。 130名ほどの一回生に人生のキャリアのお話 何か1つでも響いてくれたらいいなぁ。 質問はたくさん出た 講義の後で話をしに来た熱心な学生もいた 感想はこれから集まるのでどんな感想が来るのか怖いけど... 講義しながら自分の次のキャリアに教授とかってアリだなとか思いつつ、成り方があまりわからない(笑) 色々あってほぼ終電で大阪から帰るところ。 明日は水素の取り組みについてプレゼンあるんだった。やばし!

【チームirodoriメンバー紹介Vol.1】吉武麻子:パワフルに、かつ相手の価値観を大切に元気づける愛の人
+14

【チームirodoriメンバー紹介Vol.1】吉武麻子:パワフルに、かつ相手の価値観を大切に元気づける愛の人

irodori Branding代表の村本彩です。 私たちのチームには社員もいれば、自分の仕事を別にもっていて業務委託でjoinしてくれているメンバーも! それぞれにどんな想いで、どんなスタイルでirodoriに集っているのか ーー。 1人ずつインタビュー形式でご紹介していきますね。 今日は、私の一番最初のお客様でもあり、今やプランナーとしてチームを引っ張ってくれているこの方。 タイムコーディネーターの吉武麻子さんです! irodori Brandingへ参画される

スキ
11
【ロールモデルが変化】母世代と比較をせず横並び意識を捨てた
+1

【ロールモデルが変化】母世代と比較をせず横並び意識を捨てた

人生100年時代、私たち日本人はキャリアをどう”マルチステージ化”していくべきでしょうか。 ここでは、実際に1歩を踏み出した人たちの「ライフシフト」をご紹介します。 profile グロービス・コーポレート・エデュケーション デマンドジェネレーションセンター シニア・アソシエイト 瀧口 奈歩さん たきぐち・なほ●大卒後、不動産業を経て、2007年グロービス入社。英語MBAプログラム立ち上げに従事後、出産を経て法人営業部門へ。現在は法人部門のディマンド・ジェネレーション・セ

スキ
5
【40代後半で転業】人生半ばで素人に戻ることは大切
+1

【40代後半で転業】人生半ばで素人に戻ることは大切

人生100年時代、私たち日本人はキャリアをどう”マルチステージ化”していくべきでしょうか。 ここでは、実際に1歩を踏み出した人たちの「ライフシフト」をご紹介します。 profile 経営コンサルタント 高取 剛充さん たかとり・よしみつ●大卒後、山岳写真家を経て、経営相談有限会社設立。野外活動を取り入れた人材育成を実践。(撮影:尾形 文繁) 山岳写真家から経営コンサルタントへ。40代後半でまったくの異業種に転じたのが高取剛充さんだ。 大学時代、山岳部だった高取さんは山

スキ
2
【定年後にPC教室主宰】シニアの居場所作りが生きがい
+1

【定年後にPC教室主宰】シニアの居場所作りが生きがい

人生100年時代、私たち日本人はキャリアをどう”マルチステージ化”していくべきでしょうか。 ここでは、実際に1歩を踏み出した人たちの「ライフシフト」をご紹介します。 profile 元シニアSOHO世田谷代表理事  山根 明さん やまね・あきら●1935年生まれ。65歳で会社を退職後、シニア向けパソコン教室やiPad教室を主宰。「デジタルの日」奨励賞を、2021年10月10日にデジタル庁から受賞。コロナ渦を機に昨年8月から活動の軸足を世田谷から地元・小金井市に移し、「東京

スキ
2
【家族で世界放浪】日本で抱いてしまう暗黙の"べき論"を崩す
+1

【家族で世界放浪】日本で抱いてしまう暗黙の"べき論"を崩す

人生100年時代、私たち日本人はキャリアをどう”マルチステージ化”していくべきでしょうか。 ここでは、実際に1歩を踏み出した人たちの「ライフシフト」をご紹介します。 profile 株式会社ココナラ 執行役員 CHRO ライフシフトジャパン株式会社 執行役員 佐藤 邦彦さん さとう・くにひこ●早稲田大卒業後、リクルート入社。人材領域で営業や企画、海外事業開発、働き方改革を担い、2017年4月退職。家族4人で世界放浪の旅に出た後、パラレルキャリアを経て現職。 100年人生

スキ
2
短大生活~就活
+1

短大生活~就活

20代にしておくべきこと的な本を読んだ20代が、著者の後悔が書かれていると言っていた。大河ドラマや啓発本から人の失敗を知ることで、同じ失敗を回避することは出来ると捉える人もいる。 自己理解の過去の振り返りを書き出してみたら、自分の考え方や選択方法、苦手や得意、興味などがわかってくるように思う。後悔ではなく自己理解をしたい人は、20代、30代とくくって振り返ってみてはいかがでしょうか。その時それを選択した自分の理由から自分を見つめることになるかも。。。 (短大生活~就活)

スキ
15
#262【読書】これからの『人生100年時代』に向けてオススメの書籍7選📚

#262【読書】これからの『人生100年時代』に向けてオススメの書籍7選📚

この記事では、私がこれまでに読んだ本の中で『人生100年時代』というテーマでおススメ出来る本を紹介してみたいと思います。 LIFE SHIFT~100年時代の人生戦略もやはタイトルのままですが…(笑)  それでも、本書はこれからの人生100年時代に向けてまず読んでおくべき一冊だと思います。 本書の大きなテーマとして「マルチステージ」「ステージの移行」「無形資産」「時間とお金の使い方」があります。 ここで言うステージとは、これまでの時代で当たり前とされてきた『教育』→『

スキ
68