フードバンク

セカンドハーベスト

日本では「もったいない」という言葉が生まれましたが、 まだ食べられるのにも関わらず多くの食品が捨てられています。
その一方で、何らかの理由で生活に困り、食べるのに困っている方もたくさんいらっしゃいます。
そこで、その2つの社会的な問題に取り組むために、 セカンドハーベスト名古屋では捨てられる運命の食品を生活に困っている方に届けています。
まずは、わたしたちのことを知ることから、食品の寄付やボランテ

もっとみる
スキしてくれてとても光栄です。ありがとうございます。
20

いつもお金で寄付していたのを物資に変えたら違う世界が見えた話

こんにちは。

お目を通して頂きまして有難うございます。

皆さま最近寄付をされたのってどんな形でしょうか?クラウドファウンディング等で1億円が集まる時代です。オーストリアの森林火災で負傷したコアラちゃんの為や、コロナ禍で動物園の食費が大変!というニュースを見てはお金を寄付するし一助になればと拡散もいたしますが、

対人の寄付やボランティアになると…急に人目が気になりコソコソと送金する事ってご経験

もっとみる

『フードバンクいたばし』さんに行ってまいりました😀

板橋区の昌玲寺が運営しているフードバンクいたばしに行ってきました。

実はまだ詳しくは言えませんが、フードバンクいたばしさんが新たな活動を始めるそうで、そのお話を聞きに行ってまいりました👍
その活動には私たちimitataもお手伝いさせていただきます。正式に決まりましたら発表いたします。

実はね・・

2月27日・28日に板橋区内で食品配布会があるのです。

(私たちも28日にお手伝い行きます

もっとみる

エッセイの書き方③ 例文『突っ走るエッセイ』

☆写真は突っ走るLamborghiniの部品

今日はまた、認知療法でよく使われる「All or nothing thinking」という手法を使ってエッセイを書いてみましょう。ものごとを白か黒かで考える。グレーゾーンがない、完全主義者のことです。

例文『突っ走るエッセイ』

こっちでは、いくら親が億万長者だとしても、自分が食えなかったら生活保護を受けられる。そもそも生活保護の申請書に親やきょう

もっとみる

考える腸

日本人口はとても少なくて彼らはとても勤勉で、強かで真面目な生き物。日本語しかわからない私は、この世の中の真実を日本政府が作ったものだという認識すら無く右習えで生きてきたので、資産数億すっごーいIQ200すっごーい会社経営?高額納税者?すごすごーとまぁ。。思ってきたのですが、まぁすごいですが、、お金の価値って変わってきましたね。

勤勉が誉めそやされる時代でもなくなりました。団塊の世代が逝かれた後、

もっとみる
ありがとうございます♥️
2

フードバンク×食品ロス

考えよう。
食品ロスのこと、自分ができること。

記事を読んでいただいている皆様こんにちは!

第3回目の取材は、ふうどばんく東北AGAINの富樫花奈(トガシ カナ)さんと高橋尚子
(タカハシ ナオコ)さんにお話を伺いました。
ふうどばんく東北AGAINさんは宮城県を中心に生活困窮者に「もったいない」を支援につなげる「フードバンク」の活動を行ない、カフェやこども食堂なども主催しています。
まさに食

もっとみる

節分珈琲でフードロスを飲み干す

節分には恵方巻、豆。だけど今年は豆は豆でも、珈琲豆を買ってみた。
「歳の数だけ挽いて飲む」そんな粋な謳い文句に魅了され、今年の節分は26粒の薄味珈琲を楽しむ予定です。
(通常珈琲1杯は約60粒の豆を使うそうです。)

ここ数年、恵方巻の大量廃棄を受け、節分にフードロスの問題が取り上げられるようになりました。

フードロスとは、本来食べられるにも関わらず、捨てられてしまう食品のことをいいます。
農林

もっとみる
スキありがとうございます!
32

売り手も買い手もWinWin!? フードロス対策自販機



賞味期限、消費期限切れで誰にも食べられず、廃棄に至ってしまう問題であるフードロス。
ワンガリ・マータイさんの「MOTTAINAI」が最も当てはまるであろう1つの環境問題であり、SDGs(持続可能な開発目標)の「12.つくる責任、つかう責任」の項目に該当する。9年後の2030年に達成を目標としているSDGs。その達成に近づく第一歩として、フードロス対策自動販売機が富山市役所に設置された。

もっとみる
スキありがとうございます😊
3

ゆく年きた年。2020年の振返り

NeighbourFoodの活動を始めて半年くらいが経ちました。
年も明けたので、2020年の振返りと2021年にやることをすり合わせるミーティングを持ちました。ここにはその記録を残します。

2020年にやったこと
・フードバンクの現場を実体験
あつびーが書いてくれたnoteにあるように、実際のフードバンクの現場に赴き、学びを得ました。フィールドワークを通して、NeighbourFoodが提供で

もっとみる