フードロス

【日経MJ第6484号】気になる記事紹介

企画アイデア立案の ”ヒント” ”気づき”に。
個人的ラブな新聞の日経MJ新聞約80〜100記事から気になる記事3〜5を備忘録兼ねて紹介。時間効率よく新たな企画&アイデアにご活用ください。
内容はフード/コンビニ/エコ環境/地方創生/新規事業/エンタメが多めです。(※日経MJは有料記事です)
※※※※※※※

(1)全線乗り放題 映画も定額制 東急電鉄が実証

【まとめると】
・東急電鉄、電車・バ

もっとみる
ありがとう☆ございます
49

Yahoo!ニュース『<北海道>北海道名物「ザンギ」新たなフードロス対策』 プラスフード 月額制のフードシェアリング

あらかじめサイトに登録し、規定の料金を支払っておくと、売れ残った商品を受け取れるというフードロス対策のサービスです。

今年の雪まつり会場でテストをスタートさせるということですが、北海道民は元より、観光で訪れる人も良いかもしれません。

(おそらくは)支払った料金よりもお得になるように設定されるでしょうから、思い出つくりに北海道のソウルフードをこのような形で食してみてはいかがでしょう。

今は“モ

もっとみる
ありがとうございます! 励みになります!
3

社会貢献性も抜群の「TABETE」をビジネスモデルキャンバスで解説!

2019年11月、17名分の予約をしておきながら飲食店の無断キャンセルをした男性が逮捕されるニュースがありました。無断キャンセルはフードロスにつながってしまい、店側としては相当な痛手になります。

フードロスの問題は世界的にも問題になっており、日本政府としても2019年10月から「食品ロスの削減の推進に関する法律」を施行するなど、フードロスの削減にかなり力を注いでいるのが分かります。

そこでロス

もっとみる
よろしければシェアもお願いしますビズ♪
6

理由、人生、証明。

「動物の命の権利」
をどう証明しようか。

どうしたら、
「感情論ばかりの過激な連中」 
「新興宗教」
「現実性がない日和見主義者」
「綺麗事しか言わないやつら」

っていうものに
反論できるのか。

自分を自分で「論理的に正当化」できるか。

そんなことをずっと考えてきた。

だから人類史や文化人類学や比較文化論を学んできた。

だから団体を立ち上げて「歩みよりの対話」をするための環境を作ってき

もっとみる

ピエールエルメ✖︎クラウンメロン

静岡マスクメロンの最高峰ブランドクラウンメロン🍈は一つの茎に1つの実しか育てないため、かならず摘果メロン(ベビーメロン)が出ます。

これを何となく惰性で漬物とかではなく、ちゃんと加工品として美味しくして発売できないか?ということで、県の予算にてサポートしていました。

元々ピエールエルメさんとはクラウンメロンさんとのつながりがありましたが、自社加工できないため、一緒に製造してくださるコ

もっとみる
またお願いします!
1

これからの時代のあり方(仮説実証)

前回書いた「これからの時代のあり方(仮説)」の続きです。

前回の仮説では、客観的に可視化しづらい「主観的な価値」が日本で枯渇していると書きました。

この「主観的な価値」を高めつつ、可視化しやすい「客観的な価値」にもつなげるにはどうすれば良いのか?

それは、「社会的に意義のある価値、『社会的価値』に効果的に投資をすること。そして、「信頼」や「希望」など、主観的な価値をより多く生み出すように活動

もっとみる

被災地農家応援レシピを作る会で食育を考える。

【被災地農家応援レシピ】

南仏のレストランのオーナーシェフ神谷さんが始めたこの取り組み。

料理人や料理研究家、パティシエなど食のプロが、台風被害によってダメージを受けた農家を応援する為にレシピを公開したのが始まり。

それをレシピブックにまとめよう。
農家の野菜を食べてもらえるホームを作ろう。
みんなで料理しよう。

って言うので、今回の会は開催された。

天災による食品ロスは仕方ないとこも

もっとみる
今日も美味しく!
52

サルベージ・パーティ

はじめまして!

私は、普段は病院の給食を作っている22歳、見習い栄養士です。

社会人は2年目なのですが、去年の6月辺りにこのままだと私は本当になりたい栄養士像になれないと思って、大学の時に興味のあった貧困や飢餓の問題や食品ロス問題、気候変動などを発信する活動を個人でしよう!っと思い、一人でサルベージ・パーティのイベントを企画して人を集めました。

実は今回は3回目なんです!最初は6にんほどで始

もっとみる
スキありがとうございます
20

アップサイクルな料理人

アップサイクルジャパン加盟店の紹介
湘南二宮店 Kai's Kitchen
http://kais-kitchen.shop/
人呼んでアップサイクルな料理人

売れない、量が取れない、誰も知らない
そんなくだらん理由で世に流通しないのに
人間の都合で網にかかった魚たち
未利用魚や雑魚と呼ばれる魚たち

こんなに美味しい魚がすぐそこで採れるのに
なぜ近所の魚屋にはどこにでもある魚や地方のばかり置

もっとみる

「完売」はすごいのか

「本日の〇〇は完売しました。ご来店ありがとうございました。」

小さな小売店や飲食店がやってるInstagram投稿でよく見る言葉だ。

私がフォローしている、近所の小さな焼き菓子屋さんもそんな投稿を毎日のようにしている。いつも完売してすごいなぁと思う。

なんとなくすごいと思っていたけど、本当にすごいの?

と、思いはじめたのは3ヶ月ほど前。市内の大きな人気のパン屋さんで働きはじめてすぐのころ

もっとみる