日本にできる「Hyggeヒュッゲ」なキャンプ施設のお話

SNSから嬉しい知れせが届きました!

去年デンマーク、千葉の鴨川でご一緒させていただいた環境設備エンジニアリングの蒔田 智則氏。彼が所属するデンマーク建築環境維持継続性設計事務所Henrik Innovationヘンリックイノベーションが日本のキャンプ施設や建築家やデンマークの設計事務所と組んで、北欧の世界観にある「Hygge Circles Ugakei」実施設計が始動するとのこと!

しかも

もっとみる
とても嬉しいです!
8

ヒュッゲなノートに書くこと

ヒュッゲなノートを昨日完成させました。気に入ったデザインで作ることができたので、本棚から取り出して何回も見たり、手にとったり、表紙のボコボコした油絵の感じを楽しんだりしました。

1ページ目はやはり、このノートの書き方についてまとめておこう。と思いました。わたしは少し忘れっぽいので、探偵小説や歴史小説を読んだ時、人物の名前と役割が分からなくなってよく、はじめのページに戻って人物紹介を確認します。

もっとみる

ヒュッゲノートをつくる

ヒュッゲなノートを作ろう!と思いたって今日。文房具屋さんにノートを買いに行きました。うちの実家のまわりの文房具屋さんには、あまり洒落た柄のノートは売っていません。かろうじてお洒落な無地のノートが売っています。midoriのMDシリーズは、私の愛用品です。

ヒュッゲに感じたことをブロックメモにメモする感覚でつけていきたかったので、今回は新書サイズのものにしました。文庫本サイズより少しスラっとしてて

もっとみる

デンマークの夏の楽しみ、エルダーフラワーのサフト

今回は、前記事でご紹介したエルダーフラワーで作る、夏の楽しみ、サフト(Saft)をご紹介します。

デンマーク語のサフト(Saft)は直訳するとジュースです。
でも待ってください。なーんだ、オレンジジュースか、と思ったら、大間違いなんです!

夏の楽しみ、サフトヴァン

サフトはサフトヴァン(Saftvand)とも言います。ヴァン(Vand)は水のこと。ジュースの水割り、つまりはシロップの水割りで

もっとみる
Lykkeligt!(Happyのデンマーク語)
5

ヒュッゲなアイテムづくり

収入が少ないと友達に言われ、少し悲しくなったマニケでしたが、なんとか少しだけ立ち直り(ただ、思い出すだけで気分が落ち込むのでそれについて書くのをやめました)。安らぎについて考えるようになりました。

毎日、窓口応対をこなし、家に帰ってもやることもなく、だらだらとしていました。仕事柄、頑張っても給料はあがらないので、上司は程よく手抜きをし、若い人に仕事が集まってきます。

ストレスで弱りきっていると

もっとみる

幸せの国デンマーク 花香る夏のヒュッゲ

今回は、デンマークの夏の美味しい過ごし方の一つをご紹介します。

それは、エルダーフラワーです!ちょうど今が季節なのです。
西洋ニワトコ、というのが日本の名称のようですが、なんともふんわりとした香りが魅力の花で、ヨーロッパではこの花を料理やデザートに使います。

デンマークで最もポピュラーなエルダーフラワーの楽しみ方、それはエルダーフラワーコーディアル(Hyldeblomstsaft ヒュルデブロ

もっとみる
Mange Tak! (ありがとうのデンマーク語)
8

魅惑の夜のシフォンケーキ

私のおうちヒュッゲ

最近ハマっていること。真夜中のティータイム。昼間に焼いた、紅茶のシフォンケーキにバニラアイスをサンド。静かな夜、クーラーの涼しい風。お気に入りのhotコーヒーと冷たいシフォンケーキ。

深夜なのに…という背徳感満載。でも、いいの。なんでもない日、私にご褒美。

スキ、ありがとうございます!
2

日常が腹に落ち始める(世界を閉じて文字を綴る)

1.そんな多感な20代はいりません!

 先日友人とテレビ電話をしていた時のこと、若かりしころ彼女から貰った手紙の話になりました。付き合いは20年ほどで、出会ったばかりの知恵はなくとも時間だけは潤沢にあったころ、自分たちは将来何が出来るのかを手紙でやりとりしたり、語り合っていました。

 当時は何をしていても地に足が着かなくて、創作活動や仕事で大きな会議やレセプションに出席することはあっても自分の

もっとみる
ありがとうございます!
3