境目に咲く

目で見える「あの世」との境目、それが水際。

なぜこんなに惹かれるのだろう、と自分でも不思議に思うくらい、昔から水にまつわるものが好きだった。海、川、池、湖、沼、雨、水族館、水の部首を持つ漢字。まだ義務教育を受ける前、週末ともなると宮城県松島町の「松島水族館」に遊びに行き、巨大で分厚いガラスの奥に創られた異世界に魅せられた。保育園の卒業アルバムには、将来の夢は水槽を掃除する水族館職員になりたいと書

もっとみる

なんて上品な色なのでしょう?

歩道脇のマンションの花壇に目が釘付けになりました。
薄いオレンジ色の花が咲いています。
近づいて見ると曼珠沙華です。

初めて見る色でした♫

上品で素敵です。

帰宅してからネット検索をしました。
曼珠沙華は3色あるのですね♫

ああ、そう言えばダイヤモンドリリーはいろいろな色がありますよ~
ヒガンバナ科ですから同じ仲間ですね。
ピンクやブルーや絞りもあります。
お日様や電気の光が当たるとキラキ

もっとみる
嬉しいです❤
41

月曜日の夜です
今夜は
赤飯と牛丼でした
ミスマッチに
思えますが
けっこう
美味しかった(^^)

9月はヒガンバナ
10月はコスモス
まぁ、これらは
定番ですけど
11月どうしようかな?
写真にちょっと
悩みます(^^)

ありがとうございます(^o^)
12

個展の作品搬入直後のご成約!

ミサニャンこと画家のツミヤマミサです!

個展の作品搬入なんとか間に合った~♪

もうすでに、ヘロヘロだが~まだやることがある(=^・^=)♡

搬入したての会場風景はこちら ↓

全部で14点ほど出品しています。

ちょっと作品がガッツリ重くいき過ぎちゃって、
壁面が黒々しすぎているわ~
( ゚Д゚)ソウジャネ~⭐

今回は、「赤」色ではなくて「黒」色を意識してみました!

じゃが~、一見黒色か

もっとみる
まいど~ ☆ Danke!by misanyan
25

ヒガンバナとコスモス、秋。 #みんなの秋アルバム

昨年に引き続き「みんなの秋アルバム」タグでの募集が始まっているので、先日行ってきた昭和記念公園で撮ったヒガンバナとコスモスなどの写真をまとめて投稿しようと思います。
また「みんなのフォトギャラリー」に入れておくつもりなので、記事の内容に合うものがあればつかってやってください。

昨年はこんな感じで「みんなの秋アルバム」に参加しました。

(手書き企画とか、なんだかとっても懐かしい...)

そして

もっとみる
夕暮れのコスモスをどうぞ!
47

ヒガンバナ咲く日向薬師周辺地域

神奈川県伊勢原市にある宝城坊、通称”日向薬師”。かつては日向山霊山寺(りょうぜんじ)とも称し、奈良時代に行基により設立されたといわれる古刹で、日本遺産「江戸庶民の信仰の地 ~巨大な木太刀を担いで大山詣り~」の構成文化財にも指定されています。本堂と本尊を合わせて10件の国指定重要文化財を擁し、9月ともなれば周辺の田園地帯はヒガンバナの花で真っ赤に染まります。2020年9月

このnoteを書いている

もっとみる
ありがとうございます!また遊びに来てください!
2

クローンという生き方

ヒガンバナの染色体は33本である。そして3倍体なので、種を作れず、子孫を残せない。だから球根を分裂させて増殖する。桜のソメイヨシノもクローンである。遺伝情報を子孫に伝えない生き方である。この種子を残せない性質を、不稔性(ふねんせい)と言う。恐らく突然変異でそうなった。だから葉が生える前に、花が咲いたりするのだろう。

もっとみる