Partonerというナードなバンド。

どうも。

僕は音楽やアニメが好きだ。

なんとなく。ほんとなんとなくだけど、こういうツールに自分が実際に見たり、聴いたりして感じたことを残していきたいと思い、書き始めることにした。

ほんと昔から文章を書くのが苦手な僕なので、温かい目で見守ってもらえればと思う。

最近はといえば朝晩は風が気持ち良くて、ずいぶんと過ごしやすくなった。

それもそのはず。もう9月も残り4日で終わりなのだから。

もっとみる

この夜は僕らのもの。

皆様今日も生きてますか??週末に日本列島のほうに台風が向かっております。注意してください。沖縄からこのメッセージを送ります気をつけて。ひーびです。

さて、今日は僕が大好きなあるバンドを紹介したいと思います。

バンドの名は『ナードマグネット』

知らない?知らないの?知らないのか。

もったいないですよ!!!

最高のバンドなんです。

60秒でわかるナードマグネットという記事があったので気にな

もっとみる
スキありがとうございます‼︎
7

コーヒーと音楽 Vol.03

Marshall Crenshaw - Marshall Crenshaw

ここ最近は市販の粉コーヒーと自分の焙煎した豆からのコーヒーの味比べをしています。勝手に対決(笑)。勝てるものもあれば、「いや〜安いのにおいしいなぁ」と感じる市販のものもあったり。研究に研究を重ねて売り物になったのが想像つきます。

自家焙煎豆と市販のものとの1番の差を感じるのはズバリ、香りです。これは、本当に違います。市

もっとみる
ありがとうございます😊
3

青・緑・赤・白・鴨の羽・黒

色を並べて何のようだと思うが、これはざっくり言うとある同じ名義のアルバムにカラーバリエーションがあることを伝えるべく、その色をリリース順に並べたものである。

このアルバムはWeezerというロサンゼルス出身のロックバンドのセルフタイトルのシリーズである。正式なアルバム名は全て『Weezer』であるが、便利上カッコをつけてブルーアルバム、レッドアルバムなどと称されることが多い。

このシリーズでな

もっとみる

〜絶対売らない100枚〜 No.1



Tell God I'm Here / Hurrah!

個人的に昔から暑苦しいマッチョな感じの音楽がどうも苦手である。体育会系みたい手合いが好かないからなのか、そういう男らしさ全開な何かには昔から惹かれない。まぁとは言っても例外は常にあるもので、ボストン、モーターヘッド、ポール・ウェスターバーグ辺りは暑苦しいが聴く、一部ではあるがハードコアも。表面的なだけの激しさは空回りする勇ましさなようで

もっとみる

無人島レコード選び(今のところ...2020/08/08)

昨年まで月1-2回は音楽ライブを見に行っていた音楽愛好家仲間がいる。コロナ自粛で彼らとなかなか会う機会が無いため、代替策としてオンライン飲み会をやるのだが、次回は月並みではあるが「無人島レコード」を10曲選んで持ち込もう、ということになった。

ご存じ「無人島レコード」というコンセプトの歴史は古くて、英国営放送BBCの”Desrt Island Discs”というラジオ番組の始まりは1942年にま

もっとみる
スキありがとうございます
2

867-5309-Jenny/Tommy Totune #262

867-5309-Jenny/Tommy Totune
ジェニーズ・ナンバー 867-5309/トミー・ツートーン
1982

トミー・ツートーンはアメリカ、サンフランシスコのパワーポップバンド。ヴォーカルのトミー・ヒースとギターのジム・ケラーの2人を中心としたユニット。


私の記憶では、『一発屋』の仲間かな?
ファンの方、ごめんなさい。

でも、この曲は覚えてた。
番号が順番に出てこない曲。
もっとみる

嬉しいです(o^-^o)
2

Vistasというバンドの『Everything Changes in the End』というアルバムが尋常じゃなく良かったという話

今日も今日とてまだ知らぬ自分好みの音楽を発掘するべくSpotify巡回中に1枚のアルバムが目に留まった。理由はいたってシンプルだ。

「めっちゃ涼しそう」

全裸でそんな勢い良く飛び込んだら陰茎を痛めないのか?左の人は一体誰と遊んでいるのか?右の人実は帰りたいんじゃないのか?色々と思うところはあるがとにかく涼しそうだし何より海で全裸になりたい今の気分に完全に合致していた。僕も海で裸になりたい。そう

もっとみる

1990年代 英国ロック史に残る名曲たち Vol.4

Teenage Fanclub - What You Do To Me

Teenage Fanclub(ティーンエイジ・ファンクラブ)、その名前を聞いただけで心が浮き上がってしまう人もいちゃったりするのではないでしょうか?

スコットランドのグラスゴーといえば90年代におけるギター・ポップの聖地、ここから数多くの良質なバンドたち(そうでもないバンドも笑)が輩出されました。

その頂点に位置すると

もっとみる
スキありがとうございます!
2