母として、妻として、新米納棺師として、ボランティア翻訳者として、YouTuberとして・・・きままかーさん の近況だらだら。

またまたお久しぶりです。
札幌在住のきままかーさん です。

連日暑いですねー、道産子には厳しい暑さです。

今日は、湯灌納棺のお仕事はタイミング合わずお休みとなりました。

湯灌納棺って、たいていお通夜の前にしますよね。

ですから、だいたいが午後勤務で、午前は段取りやら私はまだ新米なのでシュミレーションやら練習やらなのですが・・・

今週は午前授業、給食なしの子どもたち(中3男子、小6男子、小

もっとみる
私もスキでーす!
4

補聴器はみみとも

こんにちは。SUPLIFEミカです。

今年始め息子は両耳にチューブを挿入しました。先日定期検診で掛かりつけの耳鼻科を受診した時の事。ふと、本当にふと周りをボンヤリ見渡すと、老若男女たくさんの方々が補聴器をつけていました。

そちらの病院には難聴外来があるので当たり前の光景でもあるのですが、今まであまり意識をして見る事がなかったのです。そして横を見るとある補聴器の会社のリーフレットが置いてあり自然

もっとみる
ありがとうございます!

#小さい頃の親の記憶

小さい頃の親の記憶って、
みんなはどれくらい覚えているだろうか?

わたしの息子は高校生と中学生
わたしも息子達も小さい頃どんな風に接していたのか…
あんまり覚えてないなぁ〜

何故、こんなことを書いているのかというと
私は小さい頃、母に怒られたことを鮮明に覚えている
それは、弟がダウン症で40歳を過ぎた今でも
母が弟を怒るからです

わたしの記憶は弟が怒られる度に
自分が怒られたことを思い出す

もっとみる
嬉しいです!😄
2

我が子に障がいがあるのか事前に知りたいですか?

こんばんは(^^)クマです!

今日は出生前診断についてのお話です。

誰でも、我が子は健康で障がいがなく生まれてきてほしいと願っていると思います。しかし、中には生まれ持って障がいがある赤ちゃんもいます。

事前に障がいがあるか調べられるならあなたは知りたいですか?

出生前診断は障がいの有無を生まれる前に調べる検査です。

先日、ニュースで、出生前診断を認可の受けていない病院で実施していたと言っ

もっとみる
ありがとうございます😊
8

障害者への支援は本当に良いことなのか⁉︎

【支援という名の刃物】

私も障がいのある方と関わる1人の人間として批判を承知の上で、皆さんにお伝えしたいことがあります。

💡私は「支援」という言葉に疑問をもっています。

というのも、wiscの数値的にはそこまで知的に低いお子さんではないのに、支援のされすぎで、何かしてもらえるのを待ってしまい、自分から行動を起こせない・考えることができないお子さんが少なからずいるということです😓

支援と

もっとみる

「もしもに備える」という意味ではどちらも同じはずなのに。

こんにちは!子育て世代の終活カウンセラー津崎あきほです。

最近、感じている事を書いてみました。

生命保険には皆当たり前のように入ってる

子育て世代はもちろん、全世代に言える事ですが、

生命保険には皆んな当たり前のように入ってるのに、

どうしてエンディングノートや遺言書は書いてないの??

という疑問…。タイトルの通り、

もしもに備えるという意味では生命保険も
エンディングノートもどっち

もっとみる
やったー!ありがとうございます!
6

音楽は遠い存在?

こんにちは!SUPLIFE美保です。

みなさんにとって音楽は身近ですか?

それとも遠い存在ですか?

私にとって音楽は私の一部です。嫌なことがあっても楽しい時も気づくと必ず歌ってるし、自転車で子どもたちを前後に乗せて保育園の送り迎えをしていた時も、必ず歌を歌っていました。なんなら1人の時も気づくと歌っています。カラオケに行ってこだわり始めると、気づいたら6時間くらい歌い続けていた!なんて事も昔

もっとみる
スキしてくれるあなたがスキ
1

ダウン症マオリの発達ストーリー第10話。我が家の療育方針。

*これは一般法人Maorisができあがるきっかけになった一人のダウン症をもつ少女と、アメリカ帰りの療育セラピストとの発達促進ストーリー第10話(当時2歳6か月)です。
*娘の発達を、アメリカ特別支援教育学修士のセラピストによるテクニックなどを織り交ぜながらご紹介しています。
*遊びは学びです。お母さま方には、その遊びを通してどういったスキルが習得できるのかといった読み方をしていただくことでより参考

もっとみる

ダウン症みーくんの成長記録3才〜4才①

みーくん3歳になりました。

2019,01,26
みーくん3歳になりました。
みーくんが生まれた3年前のこと。
今でもハッキリ覚えてます。
無痛分娩だったこともあって、私の出産によるダメージは比較的軽く、生まれる前後の助産師さんの慌て具合がやばかったこととか、サチュレーション上がらなくてすぐ保育器入れられて、30分も経たないうちに「大きな病院へ移します」と言われ。ドクターカーが迎えに来てくれて。

もっとみる
やったー!ありがとうございます!
3

お子さんの挑戦する力・継続する力を引き出す方法

【昨日の続き】

お子さんの何事も続かない・挑戦できないという課題の原因が、過去の失敗したことなどの嫌な記憶だということを説明しました。

今日は、この過去の記憶を忘れていく5つの方法をお伝えします。

①嫌なことを紙に書き出す

これは「思考の外部化」と呼ばれる作業で、紙に書くことで頭の中にあったものがなくなっていきます。

自分の頭の中だけで考えていくとどんどんマイナスの思考のスパイラルに陥っ

もっとみる