セトウツミのロケ地に行ったが私は高校生じゃないことに気付いた話

今日は散歩日記。

昨日「セトウツミ」という映画を観て、今日ロケ地に行った。

なかなかの暇人…そして阿呆である。

緊急事態宣言下ではあるので一応補足しておくと、勿論マスクはして、一人で行ったのでお許し願いたい。

まあ基本散歩は一人である。

急に、明日ロケ地見に行こうぜなんて言って付いてきてくれる人はわたしの身の回りにはいない。

残念だ。

さて、「セトウツミ」のロケ地は大阪・堺である。

もっとみる

川沿いに高校生であゝ青春

~なんでもかんでも十七音vol.5~

「セトウツミ」(2016)

大森立嗣監督の映画。大森監督作品は「日日是好日」や「星の子」も大好きです。

池松壮亮さんと菅田将暉さんの主演です。

漫画原作で、ドラマ版もあります。そちらは高杉真宙さんと葉山奨之さんです。

今回は映画のほう。

ワードセンスと間が天才的な作品。

こんな2人組が同級生にいたら、遠くから眺めてしまう。大好き。

短いお話の全

もっとみる

さっき聴いたレゲエ

自分の価値観だけで他人や物事を見てはいけないとは分かっているけど、それはとても難しい。
たぶん仏とか聖人君子って、すべてのことをフラットな目で穏やかに見つめられる人のことを言うのだと思う。

あの人はこうだからこうに違いない、とよく知りもせずに決めつける人を軽蔑しながら、実は自分が一番そういう人間なんじゃないか?

オーソドックスに幸せになってるくせに私の考えに共感してんじゃねえよ
そういうふりに

もっとみる

小学生の頃の。

新ドラマ俺の家の話のおかげで、TVerが今長瀬智也ドラマ祭りで幸せ!と思いながら、あちこち齧って観てたら、どれもこれも懐かしすぎてその頃に戻りたくなる。
「泣くな、はらちゃん」TOKIOのリリック大好きだった。あとOPの私の世界ってゆう曲もすごい覚えてる。子どもたちが歌ってるやつ。
MステとかCDTVのランキングにもその頃よくランキング入りしてた気がする。
ドラマの内容もだけど、ドラマ主題歌ってそ

もっとみる

本当に面白い漫画3選【日常系編】

今回は前回、前々回に引き続きおすすめの漫画を紹介したいと思います!

URLを張っておきますのでまだ読んでいない方はぜひ一読してください!

それでは紹介していきます!

①私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

あらすじ 来月から高校生になる主人公黒木智子が友達そして恋人を作るために日々奮闘する漫画

この作品の見どころはかなりリアルなボッチの現状がかなりきついところですかね(笑)自分も読

もっとみる

マンガ坊主日記2

こんにちは、Rohanです。
今回お薦めするマンガは「セトウツミ」です。
ざっくり「セトウツミ」のあらすじをお話します。

あらすじ

大阪のどこかの川辺で、高校生の瀬戸と内海が放課後に話すだけのマンガです。川辺で二人が話すだけのマンガです。
全8巻で完結しています。
舞台はずっと同じ川辺のアスファルトの上。
同じ舞台の中で繰り広げられる良質な漫才というかしゃべくりというか。
とにかく二人の会話が

もっとみる
ありがとうございます!
5

しゃべりが上手い人・面白い人は得をするしモテるし仕事もできる。うん、じゃあ『セトウツミ』を読めばいい。

※本記事は、「マンガ新聞」にて過去に掲載されたレビューを転載したものです。(編集部)

【レビュアー/松山洋】

私は普段ゲームソフトを作る仕事をしています。

ゲームソフト開発です。

200人以上のスタッフと共に日々、面白いゲームを生み出すべく
頑張っています。

ただ、私の仕事はそれだけではありません。

会社の代表としての仕事。

会社の宣伝広告塔としての役目も果たします。

ウチくらいの

もっとみる
ありがとうございます!漫画はもう買いましたか?
6

泡沫ソーダ/私と息子。息子と私。とWiFiと進撃の巨人。

真夜中まで韓流ドラマを観てしまって、眠くて眠くてなかなか目が開かない状態の今朝。

寝起きの私への息子からの第一声は……
「またネットが繋がらない」でした。

あぁー。はぁー。
またですかー。ねむいー。またかー。ねむいー。
(ねむいが消えない)

1ヶ月に1度は起きるこの現象。

WiFiが使えないと途端に何も出来なくなる気がします。

音楽も聴けない。
ラジオも聴けない。
ツイキャスも聴けない。

もっとみる

【映画】「セトウツミ」

非常に斬新な映画である。
ほとんど、喋るだけで終わる映画だ。
そして、メチャクチャ面白かった。

先に内容をざっと書いておこう。内容と言うか、書けるのは設定ぐらいなものだが。

セトというちょっとダラけた男と、ウツミという秀才、二人の高校生が、ひたすら川辺でダベっているだけの物語だ。特に何か起こるわけでもない。場面が移ることもほとんどない。ただひたすら、絶妙な距離を保ったまま座り、時にマックを食べ

もっとみる
あなたに幸あれ!
2

泡沫ソーダ/土曜日の午後は息子との映画時間。「ピンポン」のペコとスマイル。「セトウツミ」の瀬戸と内海。

土曜日はお昼を食べながら息子と映画を観る。
最近になってそれが習慣化してきました。

今日の映画は「ピンポン」でした。

「ハイキュー」というバレーボール漫画にハマっている息子になら、今こそ響くものがあるのでは?と思っていたので、何本かの映画の中から息子が「ピンポン」を選んだ時には、少し嬉しくなっている私がいました。

私も「ピンポン」を久々に観たのですが、今観ても全然古さを感じません。(私も同じ

もっとみる