くたびれた服は着る人もくたびれさせる

「くたびれた服は着る人もくたびれさせる」
 スタイリストの押田比呂美さんの言葉です。

この言葉に出会って、服に対する考え方が変わった。若い頃は古着が好きだったり、好きなブランドがあって多少はこだわっていたものの、オーストラリアでどっぷりサーフィン漬けの日々を送るようになって、洋服へのこだわりが一切、本当に一切なくなった。

今でこそ違うかもしれないが、1999年〜2002年に僕が住んでいたオース

もっとみる
ありがとう〜!うれしくて今夜は眠れないかも^^
15

本格ローンチを経て。改めて、Hi TAILORのブランド考。

こんにちは。Hi TAILORです。

シャツに続き、スーツのカスタムオーダーサービスを6月10日にローンチしてから、早3週間。
おかげさまで、たくさんのお客様からお問合せをいただいており、嬉しい限りです。
みなさま、どうもありがとうございます。

本来は、今年4月の新年度のタイミングでお知らせする予定だったスーツ商品の取り扱い拡充。
世の中の状況を鑑みて、発表の延期を決めたときのことを振り返ると

もっとみる

【感覚過敏】スーツが着れないわたし

こんにちは。ゆずまです。

突然ですが、私はいわゆるスーツが無理です。Yシャツやジャケット・スラックスの生地の触り心地や臭い、着用したときの堅苦しい感じや、男女で着るスーツの分かれていることなど、感覚過敏とセクシュアリティのどちらを取っても無理です。セクシュアリティに関してのスーツ選びは、以前マルイさんとのコラボ企画で、だいぶ解消をしたのでそちらをご覧ください。

今回は、感覚過敏の私が、スーツを

もっとみる
いいね!されることが生きがいです。
13

思い出を買い取ってもらった

自粛や在宅で家にいることが多かったり、インスタを見てると整理整頓されている部屋の写真が流れてきて、「よし、断捨離しよう」と意気込み、休日に捨てるもの探し。

自分が買ったものって、手に取ると昔の記憶が蘇ってあの時こう言う風に考えていてこうだったからこれを買ったとか、いちいちストーリーが詰まっていて、その思い出保管的な意味で物が溜まり、捨てように捨てられない…

捨てる基準としては、半年・1年などの

もっとみる
ありがとうございます!スキって他の記事でもできるんですよ!!??
2

クリーニングが整えるもの

自他共に認めるずぼらでめんどくさがりのわたしはクリーニング店に洋服をもっていくのがそんなに好きじゃない。

出かける→お目当てのものを買う

というこのターンでおわらないのがクリーニング。

預けて、後日取りに行かなければならない。
さらにタイミングや服の種類などにもよると思うが、そこそこの日数がかかる。

このことがなぜかすごく手間に思えて、クリーニングに抵抗があるというか、シンプルにめんど

もっとみる

背広、ネクタイ、スカート、化粧

小さい頃からから、私は男性のスーツ姿が好きだ。

ピカピカした革靴、ピリッとした背広、企業戦士の、戦闘力を表しているかのようなネクタイ。

小さい頃、戦隊モノの特撮を追っかけて幼稚園の男子諸君にたしなめられるくらい、男性性に憧れがあったせいもあるけれど、ワイシャツにネクタイを締めてみたくて堪らなかった。

とはいえ、中学の制服はセーラー服、高校の制服は辛色の蝶ネクタイのブレザーで、ネクタイのある制

もっとみる
スキありがとうございます。
5

スーツは何着持つべきか?ビジネスマンなら最低でも○○着を着回せ。

1着のスーツを大切に着続ける…それも素敵ですが、ビジネスマンが1着しか持っていないのは考えものです。
汗を吸ったりシワがついたりと日々ダメージを受けているため、何日も同じものを着ているとくたびれてしまいます。
結果、どこか頼りないような、だらしないような印象を与えることに。

身だしなみのマナーや印象操作のためにも、社会人は複数着のスーツを着回すのが鉄則です。

では具体的に、何着のスーツを持つべ

もっとみる

意外とできてない!?【オシャレなスーツの着方】第2弾!

こんばんは。キツ男です。

今日はこれをやるだけで第一印象2割増し!
オシャレなスーツの着方第二弾をご紹介します。

最近はコロナも一段落し夏までに彼女が欲しい、と思う方も多いと思います。女性と会う時オシャレに気を使うのは当然ですが女性からの人気の服装といえばスーツでしょう。しかし着こなしがイケてないと逆にダサいと思われてしまうかも知れません。前回はポケットチーフ、フラップポケット、ネクタイの結び

もっとみる
記事を読んで頂きありがとうございました!
3
はっぴー!
15

海外出張

品質部門の方と海外出張になった。飛行機は楽な服装でのるのが私のこだわり。

しかしながら、空港で誰が見てるかわからないから、絶対にスーツで来るようにと強く要望された。

空港で待ち合わせした彼の姿に驚いた。カジュアルフォーマル。いや、それはもうどっちかつうとカジュアル。

ブラジルまでの道のりは長かった。

ありがとうございます!
1