坊 秀男
+1

坊 秀男

・生没年月日 1904年(明治37年)6月25日 ー 1990年(平成2年)8月8日 ・出身地 和歌山県伊都郡かつらぎ町 ・学歴 第六高等学校 (現:国立大学法人岡山大学) 東京帝国大学法科大学法律学科 ・略歴 1904年(明治37年)6月25日 和歌山県で生まれる。 旧制第六高等学校で学ぶ。 1930年(昭和5年)3月 東京帝国大学法科大学法律学科 卒業 株式会社都新聞社(現:株式会社中日新聞社東京本社 東京新聞) 入社 以降、日刊都新聞記者

②子供を使った嫌がらせ【丸田真由美ラジオ🎙️】
集団ストーカー犯罪。
https://note.com/sakura_room/n/n2a55c9c7a962

②子供を使った嫌がらせ【丸田真由美ラジオ🎙️】 集団ストーカー犯罪。 https://note.com/sakura_room/n/n2a55c9c7a962

スキ
1
天 職

天 職

 最近は、山登りに行かなくなった。一昨年、ホームグランドの丹沢山塊の日帰りコースを登山した。その山行が、最後になっている。往復9時間のコースに体力の限界を感じ、6時間のコースにショート・カットして、辛くもバス停にたどり着いた。  僕にとっては、東京のホームグランドの山塊だ。というのも、大学時代に「ワンダー・フォーゲル部」の新人養成合宿で登った山塊である。以後、社会人になった頃、子供が生まれた頃と、人生の節目には大概、登りに来ていた。  僕の登山歴のスタートは、高校2年生のとき

スキ
19
【丸田真由美ラジオ🎙️📻】stand.fm
9/23早朝4時30分頃、住宅地に救急車の音が長時間鳴り続く。
https://stand.fm/episodes/614b8844ecd7220006ad2891

【丸田真由美ラジオ🎙️📻】stand.fm 9/23早朝4時30分頃、住宅地に救急車の音が長時間鳴り続く。 https://stand.fm/episodes/614b8844ecd7220006ad2891

24時間365日の絶え間ない盗聴盗撮。https://ameblo.jp/sakura-tengoku/entry-12699575155.html

24時間365日の絶え間ない盗聴盗撮。https://ameblo.jp/sakura-tengoku/entry-12699575155.html

MINAMATA、一足お先に!
+4

MINAMATA、一足お先に!

映画「MINAMATA」を観た。9月23日公開に先駆けて、水俣市での先行上映に行ってきた。 絶対に水俣で観たくて。 チケットは完売。モデルとなった人々やご家族も来ていたみたい。 現在進行形の水俣病 同い年の友人が 「わたしは水俣出身だと言えなかった」と言いました。 その人の兄弟は、今も出身地を隠しているそうです。 水俣病発生からまだ50年くらい。 過去にするにはちょっと近すぎる。 解決したとも言えないし、出身地を明かすことに葛藤がある人は今も多いのだそうです

スキ
10
藤尾 正行
+1

藤尾 正行

・生没年月日 1917年(大正6年)1月1日 ー 2006年(平成18年)10月22日 ・出身地 栃木県宇都宮市 ・学歴 明治大学専門部 中退 学校法人上智学院 上智大学文学部新聞学科 ・略歴 1917年(大正6年)1月1日 栃木県で生まれる。 旧制明治大学専門部で学ぶ。 1948年(昭和23年) 上智大学文学部新聞学科 卒業 株式会社読売新聞社 入社 1963年(昭和38年)11月 第30回衆議院議員総選挙において栃木2区から自由民主党より

福田 一
+1

福田 一

・生没年月日 1902年(明治35年)4月1日 ー 1997年(平成9年)9月2日 ・出身地 福井県大野市 ・学歴 東京府立第三中学校 (現:東京都立両国高等学校・附属中学校) 第一高等学校 (現:国立大学法人東京大学) 東京帝国大学法科大学仏法科 ・略歴 1902年(明治35年)4月1日 福井県で生まれる。 旧制東京府立第三中学校、旧制第一高等学校で学ぶ。 1927年(昭和2年)7月 東京帝国大学法科大学仏法科 卒業 社団法人同盟通信社(現:

スキ
1
9/17(金)事故誘発車輌の記事を削除した加害者。
再生

9/17(金)事故誘発車輌の記事を削除した加害者。

削除されるいわれの無い記事であることを証明します。9/17(金)事故誘発車輌を動画に納めたアーカイブあります。 ~Pocochaライブ丸田真由美より~ noteブログ内にも掲載しております。

食いちぎられた指の〈憂鬱な断面〉
+2

食いちぎられた指の〈憂鬱な断面〉

書評:森達也『U 相模原に現れた世界の憂鬱な断面』(講談社現代新書) 勘違いしてはいけないのは、本書は、植松聖によって引き起こされた、障害者施設連続襲撃殺傷事件である「相模原事件」についての本ではない、ということだ。 「相模原事件」は、本書の問題意識を語る上での、「発端」でしかない。 だからこそ、著者である森達也の記述は、何度も「相模原事件」から「スピン・オフ」するのであり、これは本来「スピン・オフ」とすら呼べないものなのだ。 本書のテーマは、「世界の憂鬱な断面」の方

スキ
7