サムエル記

聖書や神話を知らんと理解できんアートが多いのでエピソード別にまとめてみる(旧約聖書篇46) 〜イスラエル王国のまとめと、預言者サムエル

「1000日チャレンジ」でアートを学んでいるのだけど、西洋美術って、旧約聖書や新約聖書、ギリシャ神話などをちゃんと知らないと、よく理解できないアート、多すぎません? オマージュなんかも含めて。
それじゃつまらないので、アートをもっと楽しむためにも聖書や神話を最低限かつ表層的でいいから知っときたい、という思いが強くなり、代表的なエピソードとそれについてのアートを整理していこうかと。
聖書や神話を網羅

もっとみる
ありがとうございます!じっくりじんわり書いていきます。
90

天地不仁

その日あなたたちは、自分が選んだ王のゆえに、泣き叫ぶ。しかし、主はその日、あなたたちに答えてはくださらない。

サムエル記 8章18節

風に吹かれて Bob Dylan 長澤靖浩訳

少年は一人前の男と認められるために
どれだけの道のりを歩みつくさなければならないのだろうか
白い鳩は砂浜でやすらぐまでに
いくつの海を越えて飛ばなければならないのだろうか
砲弾はあとどれぐらい人々の頭の上に降り注が

もっとみる
言葉で何かが伝わったならうれしいです。
5

[通読メモ]サムエル記上1-14章

今回はサムエル記上の前半(1-14章)の通読箇所から、サムエルという人物についてまとめ。

サムエルとその周辺

【☆ラマタイム・ツォフィム(1:1)】

サムエルの父エルカナの居住地がラマタイム・ツォフィムと紹介されている。七十人訳ギリシア語聖書では"Armathaim Sipha"となっている。カイサリアのエウセビオス(AD 4c)は新約聖書でイエスを埋葬したアリマタヤ(Arimathaia)

もっとみる

旧約聖書3「サムエル記」

さて、「士師記」に次ぐ「サムエル記」です。

サムエルとは、最後の史師の名前です。この「サムエル記」から、イスラエルはいよいよ王政に移っていきます。

イスラエルで最初に王になったのは、サウルという男でした。が、彼が戦争のとき戦利品に手をつけたことから、ヤハウェ(神)と史師サムエルはマジギレ。
ヤハウェはサウルを王にしたことを大後悔しました(上巻15章)。

ちなみに、神はあまり後悔しません。

もっとみる