本当の「Dの意志」話します

もう、都市伝説界隈で散々と
色々出回ったと思うので

そろそろ「出します」

最後に出すのはいつも楽しい
近日公開。

まあ、それまではここでも見て

そろそろ名前を

都市伝説界隈をぶっこわーす

に変更しようかな

あ・・・・楽しい・・・・

本当に今がすこぶる楽しい

もっとみる
オリオンの愛をあなたに

サイレント都市伝説vol.3『ノストラダムス』

みんなは『預言者』と
そこばかり注目される
だけど本質は違う

示している

現代に伝えている『それ』に
誰も気付かない

さあ、感覚を研ぎ澄まして
一緒に行こう
君なら出来るよ

次回vol.3『ノストラダムス』

#サイレント #都市伝説 #ノストラダムス

「たったひとつ、贈り物ができるなら?」

「好きなものは?」と聞かれて「映画!」と答える方は、結構いらっしゃるのでは?

私もそうで、10代の頃から古今東西を問わず、たくさんの映画を観てきました。

その中で、少しマニアックな部類に属するかもしれませんが、トーキー以前の映画も大好き。

今現在、映画は音付きが当たり前。
けれどその昔、サイレントと呼ばれた頃は、映画には俳優の声も音楽も、入ってはいませんでした。

観客はスクリーンの画像を眺

もっとみる

本当のサイレント期間に入ったの?

ツインレイ プログラムについて。

第1段階:認識(出会い)
第2段階:テスト
第3段階:危機
第4段階:ランナーとチェイサー(分離)
第5段階:手放す
第6段階:目覚め
第7段階:調和(再会)

この段階を通って、二人が統合するって言われてる。←これは一般的に目に出来る情報(検索してすぐに出てくるから。)で、ざっくりしてる。

わたしが統合について思うことを、このnoteの一番下あたりに綴ってみ

もっとみる
嬉しいです🌟
1

ルイ・フイヤード『ファントマ』時代を築いたある"犯罪者"のアイコン

嗚呼サイレント映画、私の心を掴んで離さない魅惑の映画たち。最小限の説明に最大限の効果を発揮させ、倫理感がいい意味でも悪い意味でもぶっ壊れていて、世界中がもっと密に繋がっていた時代の結晶。第八芸術となるために、絵画や文学に喧嘩売ったり迎合したり、カメラの新しい使い方を競い合ったりといった発展は、20世紀を映画の世紀にした。そんな大好きなサイレント映画の中で、長年の課題になってしまっていたのがルイ・フ

もっとみる
スキありがとうございます!
7

サイレントすれ違い

昨日は昼過ぎから夕方まで仕事で、ケータイを鳴らしてはいけない状況だった。音はもちろん、バイブ音もダメ。はじめは電源を切っていたが、業務上使う必要があり、サイレントにした。iPhone使い始めて6年目で初めてサイレント状態にしたような気がする。

無事に仕事を終え、夜はお世話になった先生との会食だった。

(ネギまみれのせせりが最高にうまい)

美味しいご飯を食べ、お酒をいただき、さあそろそろ帰ろう

もっとみる
ありがとうございます!

アンハッピーxサイレントxラッシュアワー

アンハッピー大国日本において、朝のモーニングラッシュはアンハッピー指数を底上げしている一つの事実である。

そんなことを嘆きながら長い間サラリーマンやってきたわけだけど、先日思わず変わらなければと思った次第である。

そういえば英語だとラッシュアワーっていうんだけど、ジャッキーチェンとクリスタッカーがタッグを組んだ映画の名前がそうだったなと回顧したいところではありますが本題に入ります。

満員電車

もっとみる