グロービス経営大学院

人生100年時代のリカレント教育 グロービス経営大学院(MBA)に出願しました
+3

人生100年時代のリカレント教育 グロービス経営大学院(MBA)に出願しました

こんにちは。 T&Aフィナンシャルマネジメントのさいとうです。 従来はベンチャー企業に特化した経営財務支援や中小規模M&Aのご支援をしていることから、それら業務に関連するお役立ち情報を発信しています。 今回は、それらお役立ち情報からちょっと離れて、日々のコンサルティング業務を通じて感じたことや、自分自身のキャリア観などについてブログ形式でお伝えしてゆくシリーズの一つとして、先日出願したグロービス経営大学院(MBA)について、その目的や出願の過程で感じたことなどについて書い

スキ
15
第7回MBD読書会
+6

第7回MBD読書会

どーもー、21期大阪校のめぐねぇ(田口恵実)です。 4月から始まったMBD読書会も7回目を迎え、8月に入りましたね。 (そしてこれを書いているのが8末という始末) 開始からみよっしーが女性に囲まれると言う、おいしいスタートで開始。 (みよっしーが囲まれている写真を撮り忘れたのが無念。なのでニヤニヤしているみよっしーの顔を乗せておこう) そんな会に相応しく、今日はまなみんとさきてぃの2人の発表者でした♪ Day7読書会のポイントはこちら。 B to BとB to Cの顧客の

スキ
6
「ファミリーキャリアって? -いまこそ、家族のキャリア戦略を考えよう-」イベントレポート

「ファミリーキャリアって? -いまこそ、家族のキャリア戦略を考えよう-」イベントレポート

 グロービス・ワーキングペアレンツ・クラブ幹事の北(2018期東京校)です。7月30日(金)に実施した「ファミリーキャリアって? -いまこそ、家族のキャリア戦略を考えよう-」のイベントレポートをお届けします。  「ファミリーキャリア」という言葉を耳にしたことはありますか?核家族化の進む現代の、子を持つ家族にとって、パートナーとのキャリアをどうバランスさせるかは、それぞれの自己実現のためにも有効な論点です。今回はイベントの中で3名の登壇者がご自身のファミリーキャリアを共有して

スキ
17
ゼロから作る起業家精神 対談者:グロービス・グループ 代表 堀 義人様

ゼロから作る起業家精神 対談者:グロービス・グループ 代表 堀 義人様

皆さまこんにちは!ヒューマングループnote 編集担当 朝永です(^-^)/ 今回は、グロービス・グループの堀 義人様をゲストにお迎えしたヒューマントークVol.19をお送りいたします! まずは本編の前に、弊社社長 内海と堀様との出会いからご覧ください♪ 堀様との出会いMGの西先生から、良いビジネススクールがあるよと紹介を受けたのがグロービスでした。ネットコミュニケーション(メール)がスタートした時期で、どんなものか関心があったのでこのコースを受講、代表の堀さんと出会っ

スキ
16
経営判断

経営判断

有事は戦略より拙速さ。 平時と有事、 意思決定の集積が経営。 毎日意思決定する。 無敵に思えるセブン鈴木元会長は何が怖いと言ったか? 世の中が変化しなくなることが怖い。 有事のときに ミドルマネージャーに求められる能力は、 実行力を高めるために社員のモチベーションを向上できる能力。 批判が肥料になるひとは聞いたら良い。 気になる人は聞かなきゃいい。 鳥観図でみたら人の意見は面白い。 実行力にとってプラスになるんだったら取り入れれば良いだけ。 インプットしたらアウトプッ

スキ
10
アルムナイのススメカタ Day6 have fun  〜アルムナイとは〜

アルムナイのススメカタ Day6 have fun  〜アルムナイとは〜

4年間続けて取り組むことができた理由は、恩を返したい、仲間の存在、そして楽しいと思えたからでした。恩を返したいのは最初の入学してまもないときのボランティア活動に参加してくれた感謝の気持ちです。仲間の存在は裸踊りに参加してくれた多くの皆さんのおかげです。そして何よりもいつも考えることができたのは、自分がこのアルムナイコミュニティのことが好きだったからなんだと思います。好きだから考えたくなるし、考える時間が苦にもならなかった、それはやはり仲間のことが好きだったし、感謝をしている気

スキ
12
アルムナイのススメカタ Day4 守破離
〜4年間で行ったことを1年ずつ振り返る〜

アルムナイのススメカタ Day4 守破離 〜4年間で行ったことを1年ずつ振り返る〜

・内を作った1年目 まず1年目はコア=幹事の型を作ることを徹底しました。大きいコミュニティであるのでだからこそ真ん中=コアを強くすることにまずは時間をかけました。型は「心技体」で考えました。「心」はどんな想いでこのコミュニティを作っていくか、培ってきたアルムナイの文化を受け継ぎ、次代へとバトンをちゃんと渡すことを幹事との定期的なミーティングを通じて言葉にして伝え続けました。そしてそのバトンには、私たちを成長させてくれた母校への恩返しの気持ちを乗せていこうとも伝えました。「技」

スキ
10
アルムナイのススメカタ Day3 出来る人が出来ることを出来るだけやる
〜幹事となってくれる皆さんへお願いしてきたこと〜

アルムナイのススメカタ Day3 出来る人が出来ることを出来るだけやる 〜幹事となってくれる皆さんへお願いしてきたこと〜

・入口を慎重にする 金銭的報酬も名誉もないアルムナイの幹事をまとめていくには「幹事の心を一つにする努力をすること」だと思っていましたので、「人の気持ち」についてとても慎重に進めていきました。まずは参加の意思表明をしてくれた人へのメッセージです。参加表明には大歓迎なのですが、お互いの気持ちにズレがあったら長続きしないばかりではなく、周囲の雰囲気も悪いものになってしまいます。ですので、最初に丁寧にこちらからの思いを伝え、双方活動の内容について納得してもらうことを大事にして話す時間

スキ
10
MBAのクラスの学びを最大化するヒント

MBAのクラスの学びを最大化するヒント

こんにちは。 グロービス経営大学院のめぐねぇです。 前回のnoteで触れさせていただきましたが、今回はこれまで行ってきた活動を言語化しておきたいと思います。 今回は、クラス関連で。 Day0開催Day1のクラスが始まるまでに、お互いを知っておきましょう、と自己紹介も兼ねた懇親会ですね。 これは私見ですが、先生から受ける学びは勿論ですが、クラスメンバーの発言から学ぶことが多い。 内容はもちろん、発言のわかりやすさ、だったり組み立て方が参考になることも多く。 ただ、みんな最

スキ
1
noteはじめてみました

noteはじめてみました

はじめまして (noteを読んでくださる方がいる前提で) グロービス経営大学院の21期生のめぐねぇと申します。 単科生として1年、本科として2ヶ月ですが、同期横断イベントやワークショップ、Webセミナーなど、多くの活動を発起させて頂いてきました。 いずれも、思い立ったら即行動!で開催しておりましたが、とあるワークショップのあと、アウトプットも考えていくと良いよ、とアドバイスいただき。 確かに思いつきを形にした後はおざなりになっていたなぁ、と気づく機会がありました。 自分の

スキ
12