Mobilunityとの提携の流れ

お客様にMobilunityと提携する流れについてよく聞かれます。

今回はその点を解説していきたいと思います。

弊社とのご提携の流れは次の通りです。
1. オフショア開発を求める理由についてのビジョンを定義していただき、弊社にご説明いただきます。(通常、30分のWEB会議)
2. 御社のニーズに基づき、弊社のチームはそちらでご選択いただける2~3のオプションをご提案し、詳細をご説明します。
3

もっとみる

基本のき。オフショアとは。

オフショアについて簡単に説明します。

オフショアとは、一言でいえば税金がかからない、もしくは著しく税率が低い国・地域のことです。

一方でオンショアは税率の高い国・地域のことです。日本はもちろんオンショアです。

オフショアで有名な国・地域としては、香港、シンガポール、パナマ、イギリス領マン等、プエルトリコ、ケイマン諸島などがあげられます。

世界地図をみれば、それらは辺鄙なところにある小さな地

もっとみる

引越しあれこれ

桜舞い散る時期、ではないですが、YNSでは引越しがブーム(?)です。
といっても、個人の話ではなく、会社です。

フィリピンのマカティオフィスは今日で丁度ロックダウンになってから6か月。その間オフィスはほぼ使用せず、
ついに今月末付けで解約となりました。それに伴い、先週備品の搬出を行いました。

引越しと言ってもしばらく今までのようにオフィスが使える見込みも予定もないので、机や椅子など最低限必要な

もっとみる

「香港国家安全維持法」以降の資産運用について。
http://yuyu-life.pro/hongkong0913/

よろしければシェアもお願いします!

オフショアリングモデルを活用すると決定した後、次のステップは何でしょう?

オフショアリングモデルを活用すると決定した後、次は何をすれば良いかと迷ってしまうケースが多いです。今回は自分の経験に基づき、そのステップについてご説明します。

オフショアベンダーを選ぶ時、以下のステップに従うことがお勧めです。

1. どのモデルを選択するか決定。モデルを検討する場合、次の質問が役に立ちます。
・エキスパート(専門家)が必要なのか、それとも、専門知識が必要なのか?
・短期間のプロ

もっとみる

夏ジギング

エギング大好きですが、オフショアジギングも大好きだったりします。

メインターゲットはヒラマサ!

やはりあの強烈な引きはたまりません。食味も最高です。

ジギングの醍醐味は美味しい魚が、魚種豊富釣れることですね。

基本はスピニングでワンピッチワンジャーク。

スロージギングもやります。

お土産確保や疲れた時に(笑)

ティップランタックルでスーパーライトジギングにも挑戦!

細糸でスリリング

もっとみる

ITオフショアリングプロバイダー、MobilunityはClutchにより3年連続でウクライナのIT・ビジネスサービスのトップ企業に認定

専門開発チーム及びオフショアR&DセンターのプロバイダーであるMobilunityは、世界的に知られている評価及びレビュープラットフォームであるClutchにより、ウクライナのIT及びビジネス企業のリーダーの1社に認定されました。

専門開発チーム及びオフショアR&DセンターのプロバイダーのMobilunityは、2020年8月に主要な評価及びレビュープラットフォームであるClutch.coが発行

もっとみる

【海外積立】メティスCI

〈ファンド〉・・・良い
〈手数料〉・・・ 高い(20年目以降はとても低い)
〈ボーナス〉・・・ 普通
〈ユーザビリティ〉・・・ 悪い(改善予定)

メティスCI(METIS GLOBAL COOK ISLANDS LIMITED)は、日本から契約できるオフショア信託会社のひとつです。

オフショア信託・保険会社、海外積立について知りたい方は

↑↑↑
こちらをご覧ください。

メティスCIは201

もっとみる

インド映画「きっとうまくいく」から見たインドのエンジニア社会の特徴

もう半年も前になりますが、コロナ禍の直前の2月にインドへ出張へいきました。
インドのムンバイへのフライトは10時間もかかるので、せっかくなので長いと言われているインド映画を見てみようと思い、アマゾンでも評判のよかった「きっとうまくいく」を見てみました。

何気なく見た映画でしたが、これがなんとインド人エンジニアを知るのにとても役立つ内容だという事がわかりました。
いくつか特徴をピックアップして紹介

もっとみる
よろしければフォローもお願いします!
6

合法ぼったくり商品を買わない〜まとめ①〜

こんばんは。
人が離れるときにその人の本性がでると言われてましたが、まさに!と思ったレイです。

さて。
本日は、今までアウトプットしてきた騙されてはいけないシリーズや、合法ぼったくりシリーズのまとめを書きたいと思います。

銀行の窓口に近寄るな

なぜか?
→高い手数料をとれる商品を売れるから
投資家→銀行→証券会社→ファンド
投資家→証券会社→ファンド
このようにわざわざ銀行が間に入る必要のな

もっとみる
ありがとうございます!これで明日も頑張れます!
3