エボラ

日月神示 覚醒と実践 中矢伸一 ④

第一章 迫り来る天変地異を知る③ ・世界を揺るがす感染症騒動はマッチポンプのゲーム 日月神示本文「病神がそこら一面にはびこって、隙さえあれば人民の肉体に飛び込んでしまう計画あるから、よほど気付けておりて下されよ」 エボラもエイズも近い将来にワンワールド(世界統一政府)の設立を目指…

いわれなき差別!?ガルルルル〜医療従事者に心無い恫喝や暴言…リアルな風評被害とクレ…

📻Podcast更新しました!💊 → https://apple.co/3bJZBMV   今回のドラッグ・ジャンキー・パラダイスでは以下の内容をお話ししています🎙 🎧「近寄るな!」「責任を取れ!」医師会で問題提起された医療者への風評被害 🎧全国で698件の回答数…ていうか数少なくね?w 🎧エボラ、エイズとのような扱…

群馬県富岡市の有名な殺人病院の姉妹店です。

この酒井健司という御仁は異常に悪質だ。 今までアビガン開発者がかけてきた時間を”リセット”しようとしている。 「コロナ戦争を仕掛けた連中のための詐欺の時間」を引き延ばそうと努力している。  1998年にできたとされるファビピラビル(アビガン)。 25年以上の歳月をかけ、約3万種類の…

科学ノンフィクションと文芸の新たな可能性を拓いた画期的傑作! 『ホット・ゾーン』レ…

第1章全文公開が阿鼻叫喚を巻き起こし、発売即重版が決まったリチャード・プレストン『ホット・ゾーンーーエボラ・ウイルス制圧に命を懸けた人々』(高見浩訳、ハヤカワ・ノンフィクション文庫)。でもこの本、ただ怖いだけではないんです。本書のエポックメイキング性を、『パラサイト・イヴ』などで…

カミュ『ペスト』を超える名作! 『ホット・ゾーン』が示す、ヒトと自然とウィルスとの…

第1章「森の中に何かがいる」の全文先行公開が「怖すぎる」「到底事実とは思えない」と戦慄の渦を巻き起こしている、ウイルス・ノンフィクションの名作『ホット・ゾーンーーエボラ・ウイルス制圧に命を懸けた人々』(リチャード・プレストン/高見浩訳)。作家の篠田節子さんも、本書を熱烈に読んだ一…

FACTFULNESS ~Book6②~

こんにちは~ 女子大生のせみおです! 書き忘れていたのですが、今回から本のタイトルちゃんと書くことにしました~(とてつもなく気分です) 先程の続きを書きたいと思います! 人の命 本の中にエボラ出血熱が出てきます。 久しぶりに聞いた単語に感じました。でも当時はとても問題視されていた…

公園とコロナとエボラ。ぽにっき11

ぽにがいる。ぽになのです。 ここ最近は毎日がエブリデイ。何をするべきかわからない毎日ではございますが、心に安寧が欲しいところなのです。今日は昼ご飯をまったりと作ってちょっとだけ行動に移すためにはどういう戦略が必要かみたいなのを考えていました。 にしても今日も晴れているなあ。こんな…

こっちの方が怖い・・・エボラ出血熱は続いていたということ。

この感染病とはすぐに解決することもなく、また解決するまでに多くの方に影響が出るところが本当にやっかいなところです。 今回のコロナも大きく話題になっていますが、その陰でこんなニュースが出ていたんですね。 コロナどころの騒ぎじゃないレベルの致死率のエボラ。 治療開始が遅れると致死率は8…

エボラでもそうだが疫病に葬式はご法度 感染症のいろはだ

罰が当たってるから葬式もまともにできない。 これぞ神罰。 つくづくばかであほうが多い。

100

【画像でみる人民新聞】3月25日,1711号 4面

「医療・福祉・教育への財政支出は無駄」という思想 緊縮財政が新型ウィルスまん延を招いた 西ニューイングランド大学経済学名教授 マイケル・ミーアポール  エボラ熱は製薬会社がワクチン研究への投資は金儲けにならないと開発しなかったためだとする著者。ピーター・ヒルセンボー博士の、科学者は…