見出し画像

②ビートルズと国防

エボラとBSL4の正しい恐れ方①バイオハザードから考える日本の安心と安全」の続きです。ワクチンやパンデミック対策など、国防としてのバイオセキュリティに関心のある方は必読。

「僕はリバプールで育ち、ハンブルクで大人になった」

ビートルズのメンバーの1人、ジョン・レノンの言葉だ。

ドイツ、ハンブルク市のレイパーバーンは、無名時代のビートルズが演奏していたことで知られる繁華街である。1960年8月17日、クラブ「インドラ(Indra)」で初めてのライブを行ったのを皮切りに、不法滞在でドイツを強制退去させられるまでの約2年、ライブ活動を行い人気を博した。

このレイパーバーンから100mほど南のエルベ川沿いの一角に、新旧2つのBSL4(バイオセイフティレベル4)をもつ、ベルンハルト・ノホト熱帯医学研究所(以下、ノホト 研)がある。BSL4とは、エボラやラッサなど世界最高レベルの危険性をもつ病原体を扱うための安全基準を満たした研究実験施設(ラボ)のことである。

この続きをみるには

この続き: 2,490文字
記事を購入する

②ビートルズと国防

村中璃子 Riko Muranaka

480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

正しい情報発信を続けていかれるよう、購読・サポートで応援していただけると嬉しいです!

スキありがとうございます。
10
医師・ジャーナリスト/ 2020年8月『新型コロナから見えた日本の弱点 国防としての感染症』を刊行しました

こちらでもピックアップされています

村中璃子、ちょこっと読み。
村中璃子、ちょこっと読み。
  • ¥980 / 月

わたしの書いた記事や科学・医学のニュースのまとめを適当にセレクトしてちょこっとお届けするマガジンです。わたしがnoteに書いた記事をぜんぶ読みたい方はマガジン『文系女医の書いて、思うこと。』を読んでくださいね。