vol.1 どんな最期を迎えたい?と己に聞かれた

…あなたは夢で自分を見たり、自分とお話したことがありますか?私はとんでもない話をしたことがあります(笑)何が起こったの?という方は下の記事をご覧ください!

☆☆.。.:*・゚*:.。.☆☆.。.:*・゚*:.。.☆☆

「ええええええ!!!!!いきなりその質問ハードル高くねぇえええええ?!!」

わたしの驚きの質問に耳を疑った私。彼女からの質問はこうだ。

「あなたは、どんな最期を迎えたいですか

もっとみる
ラブミーチェーン💕
39

服を着るという当たり前の行為が、誰にとっても幸せな瞬間であってほしい

2020年の秋、パーソナルカラーと骨格タイプの診断を受けた。自分に似合う服を知りたかったのだ。

診断を受けてからの変化は、担当の診断士さんが詳しくレポートしてくれているので、以下の記事を見てほしい。(before after、我ながら衝撃的)。

Instagramはこちら↓

ここから先は、感想フォームに書ききれなかったこと…主に気持ちの変化について記録する。

「パーソナルカラー」「骨格タイ

もっとみる
ありがたき幸せ!!
6

さよなら、闘わない人生(お金は稼いでいるけれど)

こんにちは。
西村阿諏訪です。

今回のタイトルにある『闘わない人生』というのは、とても激しいように感じる方もいると思いますが、私は今までの人生で常に何かに闘っているのです。

自分でこんなことを言うのは何なんですが……私は仕事では20年のキャリアがあり、結構稼いでます。おそらく同世代の女性の中でもかなり上位に入るのではないかと思っています。

ここまで読んで「何だ、自慢かよ」と思うかもしれません

もっとみる

推しのノグチさんのコト。

まだまだnoteの機能が使いこなせていない私。
アメブロでいうところのリブログ的なやつはどうやってやるんだろうか?調べてもよくわからない。私がnoteを使いこなせる日はくるのだろうか?

まぁ そんなことはさておき 私の推しの話をしたい。
それにあたり ここに推しのnoteを貼り付けたかったのだけど 何度試してもうまくできなかったので諦めたしだいです。
いや だから noteが使いこなせない話は 

もっとみる
(*≧∀≦*)
8

はじめまして!



はじめまして

西村阿諏訪です。

43歳、独身のひとりの女が、普段思っていること、気づきなどの日々の徒然を書いていきたいと思います。

私は普段、文章を書いて生活をしています。

書くという仕事は、書いた文章が私そのものとして評価されてます。

だから、「人からどう見られるか」、「どう思われるか」、そこを想定して、キレイにまとめてしまったり、とにきはオーバーなことを書いたりもします。

なん

もっとみる

軽率に好きだと言えたなら

何か変わるのだろうか。

「好きとかじゃなくて、もう愛してる」

なんてことを言われたって、

好きの軽さも、愛してるの重さも知らない自分にとってはどうでも良かった。

「自分から好きって言わないね」

と言われるようになったのはいつからだっただろうか。

本来「好き」だから恋人同士という関係性を築くべきであるのに、私の「好き」はそこからもう歪んていた。

其々に振り分けられた「好き」とうまく付き

もっとみる
次会ったらハグしよう
13

エッセイ「忘れる女、忘れられる女」酒井順子著 読書感想文

最近、小説を読んでもどうもハマれないのでエッセイに手を出しました。
酒井順子さんといえば、私の愛読雑誌だったOliveによく登場していたエッセイスト。
同じOliveのエッセイストでも、私は中島らもさんの文章に惹かれていたため、酒井順子さんの記事はいつもササッと読む程度でした。
よって、今回初めてまともに酒井順子さんのエッセイ集を読んだわけです。

出だしはジェンダー問題が多くてちょっとしんどくな

もっとみる
ありがたき幸せ!フォローはお気軽に。
31

私の幸せの素

夏、コロナ禍が少し落ち着き
私の最優先事項
会いたい人に会いに行くを
ぼちぼち再開するようになり5ヶ月

東京でのライブに
初めて参戦することにした。

こどもが生まれて14年間
一人でお泊まりすることなんて
出産のために入院したとき以外
たぶんなかったんじゃないかな

せっかく東京まで
出掛けるのだから
次の日もう一人会いたい人に
会えるといいな

そんな思いが出てきて
関東に住む彼女に
まずは

もっとみる
よろしければコメントお願いしますm(_ _)m
21

感情と向き合った日

自分ではよく笑う子でもなく、よく泣く子でもないだろうと思っていた。

でも実際は、

「よく笑うね」と言われることが多いのだ。

感情と笑顔が全く連携を取れておらず、

昔から空気を読むことに長けていた自分の行動は、こうして自分の性格の一部として顕著に現れるようになった。

一方で、「泣くこと」に関しては悲しい感情とは分離していることが多かった。

何が悲しくて泣いているのかわからない、

でも涙

もっとみる
最近正義についての哲学書を買いました
8

あまいイチゴ。

例えば美味しいチョコレートを食べたとする。
このチョコレートをまた食べようと思えば また同じチョコレートを買ってくれば同じ味を楽しむことができる。

でも フルーツはそうはいかない。
今食べているイチゴがすんごく美味しかったとして
また同じ銘柄のものを買ったとしても 同じ味を楽しむことができるかはわからない。

同じ1袋に入っているミカンでも ものによって味が違う。
同じパックに入っているイチゴも

もっとみる
(*≧∀≦*)
5