イムズ

終わりの始まり。
+9

終わりの始まり。

2021年8月30日(月) 滞在時間僅かでしたが、閉館まであと1日となった商業施設イムズ(福岡市中央区)で一人、思い出に浸ってきました。 1989年(平成元年)4月12日(水)にオープンした情報発信ビル「イムズ」。当時中学1年生だった私は、オープン直後の土曜日(日時不明)、学校帰りに制服のまま友人らと「イムズに行くぞ!」とバタバタっと電車(西鉄大牟田線)に乗り込んで、「すげー!すげー!」と田舎者丸出しで初めて見る吹き抜けフロアの建物をじっくり見て回ったのを憶えております。

スキ
5
私の大人青春はここから始まった。
+7

私の大人青春はここから始まった。

文字通り私のとってのイムズは大人青春そのものでした。 ちょっと日にちが経ったけど先月9月30日をもって天神イムズが閉館しました。 閉館までに一回行けたらなと思っていて運良く天神で用事があったので最後の姿を拝んできました。 天神地下街から入って入り口にあるマフィン屋さんの良い香りがまずお迎えしてくれて、入ってすぐにあるロクシタンや@aromaからの香りがいつもと変わらずお迎えしてくれます。 もう数え切れないほどこの道を通って、時には地下二階でのPOPUPでこの香りに

天神イムズ閉館。ピエトロでパスタ(ナスとひき肉の辛味スパ)を食べました。有田焼の黄金色のタイルのどこにいくのでしょう。

天神イムズ閉館。ピエトロでパスタ(ナスとひき肉の辛味スパ)を食べました。有田焼の黄金色のタイルのどこにいくのでしょう。

超高速✨福岡の中心にある黄金に輝くビルの最後の日を猫🐈のチョコに捧ぐドキュメンタリー
再生

超高速✨福岡の中心にある黄金に輝くビルの最後の日を猫🐈のチョコに捧ぐドキュメンタリー

福岡市天神のランドマーク的存在だったビルが築32年で閉館に。猫🐈にも関係のあった曲線だらけ🤭でとにかく豪華なビルのラストデーをこっそり超高速で記録してみました。

スキ
2
知ってる風景が無くなってしまうこと

知ってる風景が無くなってしまうこと

こんにちは。 福岡のお話です。 8月31日、イムズが閉館しました。 現地に行きたかったのですが、当日ワクチン接種をしたのでインスタライブで閉館セレモニーを観ていました。 産まれてから26年間福岡で生活しているので、子どもの頃から行っていた場所が無くなってしまうのは寂しいですね。 「天神ビッグバン」と言われる再開発の真っ最中ですが、 こうして一気に商業施設が無くなると、よりウィンドウショッピング(もはや死語か?)から離れてしまいますね。 2024年の天神にどれだけの

そしてイズムは続く

そしてイズムは続く

福岡市は天神にある商業施設イムズが本日8月31日を以て閉店する。 一度、福岡へ旅行に行った時フォロワーに案内して貰った時のことを今でも良く覚えている。 とにかく第一印象は地下二階から吹き抜けになっているホールの中央にあるスケルトンのエレベーター。 お洒落なエレベーターでまるで切子のグラスを上下につけた様なあざやかなライトが上下するさまはいつか未来予想図で見た宇宙エレベーターの移動ポットの様だった。このままどこか遠く連れてってくれるのではないかと眩いライトに照らされたホールは

スキ
4
イムズはとわに

イムズはとわに

TwitterのTLにこんなツイートが流れてきました。 (内容も写真も最高だったので引用させて頂きました。ありがとうございました。) イムズ閉店…通り越して解体… Inter Media Station、略してIMS(イムズ) 英語習いたて中坊くらいのときは 「ステーションはソラリアやろー どんなステーションやねーん」と思っていた… ならば書くか、イムズの思い出! と息巻いてみましたが、思い浮かびません。 当たり前のようにして存在していたので。 なんてったって、同学

スキ
4
天神イムズが閉館。
+1

天神イムズが閉館。

Vol.457 果物を切ったり搾ったり。 農産加工を通して幸せな世界づくりを 目指してます😁 田中の地元、福岡の天神にある 『イムズ』が8月31日をもって閉館。 32年間の歴史に幕を閉じました。 閉館前にもう一回行きたかったな… なんだか離れているから実感もわかず とにかく、記憶の中の景色が 頭の中で映し出されています。 中学生の頃から行ってたな〜 島村楽器とか、日産をはじめ 自動車メーカーのショールームもあって R33スカイラインのカタログ貰ったな〜 一日中い

スキ
4
今日の日記
+11

今日の日記

今日のご飯:コメダのピザトースト、アイスコーヒー、ショコラのドリンク、カツカレーパンを少しもらった。夜は瓦そばでした。おやつは饅頭といりこ。キャンドルをともしながら、執筆中 2021年8月31日。最高の夏! 海には人が何人かいて、ほとんどの人は海水浴を楽しんでいた。 私たちは、海を眺めながら周囲を歩いていた。折り返し地点で、はだしになることを思いつく。はじめは躊躇していた彼女も、私が「メンタルにいいらしい」といったらその気になってくれた。2人で裸足になり、砂浜を歩く。海の方

スキ
5
別物の街に
+9

別物の街に