こちヨロ(こちらヨーロッパ企画福岡支部)

LOVE FM『こちヨロ(こちらヨーロッパ企画福岡支部)』【ラジオ】毎週火曜日21時か…

こちヨロ(こちらヨーロッパ企画福岡支部)

LOVE FM『こちヨロ(こちらヨーロッパ企画福岡支部)』【ラジオ】毎週火曜日21時から!DJは石田剛太、美舞、番組構成作家・団長! 番組とはひと味違うPodcastは、iTunes、ラジオクラウド、YouTube、Spotifyで同時配信)#こちヨロ

マガジン

最近の記事

イシダカクテル2023グランプリ投票

こちヨロ(こちらヨーロッパ企画福岡支部)が始まったのは、2013年4月のこと。 2023年でシーズン11になりました。 今年はヨーロッパ企画の25周年の記念すべき年。 本当におめでたい そんな記念の年に、こちヨロも何かできないか? と考えまして。。。11年やってきて、初めて1年間のラジオドラマ【イシダカクテル】を振りかえよう!と思います。 シーズン11が始まった2023年4月4日の放送から2023年12月12日の放送まで、この期間に生まれた新作カクテルの人気投票を行いた

    • ラジオドラマ原稿『趣味と恋愛』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年12月12日オンエア分)

      女「あなたは釣り、好きなの?」 男「釣りかあ。子供の頃は父親によく連れてってもらったなあ」 マスターが最近釣りにハマっているらしく、 僕たちにさんざん釣りの楽しさを語ったあとだった。 男「待つのが苦手なんだ」 女「たしかにあなたは積極的に行動するタイプね。でも釣りにも色々あるんでしょ。待たないで積極的にあの手この手を尽くして釣ろうとするのも」 男「ルアーフィッシングはそうだね。本物の餌に姿や動きを似せたルアーで魚を誘い、食いつかせる」 女「偽物でも食いついちゃうんだ。魚っ

      • ラジオドラマ原稿『美しい文字の君』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年11月28日オンエア分)

        バーで飲んでいる男女。 女「男なんてみんな同じよ」 テキーラトニックを3杯飲んだ友人の彼女は決まって僕にこういう。 女「だってさ、どんな男にだっていいところもあれば、悪いところもある。結婚して一生連れ沿ってみたらプラスマイナスゼロになる。そういうもんよ」 彼女はそう言いながら、4杯目のテキーラトニックを頼んだ。 男「本当に、男はみんなおんなじなのかい?」 真面目に酔っ払っている彼女をからかうように僕はそう問いただす。 女「おんなじよ。男女の問題なんてもんは、相手

        • ラジオドラマ原稿『バーにメニューがない理由』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年11月7日オンエア分)

          マスター「どうされますか?」 男「僕はラフロイグのソーダで、君は?」 女「私はじゃあ…ジントニックで」 マスター「かしこまりました」 マスターは愛想良く頷いた。 そして彼女はそのマスターに聞こえないように気をつけながら僕に言った。 女「ねえ、なんでバーってメニューないの?」 男「あーたしかに。あるところもあるよ」 女「知ってるよ。そりゃあるところにはあるよ。あるんだから」 男「怒ってる?」 女「ちょっとね。だってプレッシャーじゃん、まだなに飲もうか決まってないし。メニュー

        イシダカクテル2023グランプリ投票

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • イシダカクテル
          こちヨロ(こちらヨーロッパ企画福岡支部)
        • 構成作家手記
          こちヨロ(こちらヨーロッパ企画福岡支部)
        • 番組Dの選曲
          こちヨロ(こちらヨーロッパ企画福岡支部)

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          ラジオドラマ原稿『セーブしますか?』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年10月10日オンエア分)

          今日も気づけば夕方5時をまわっていた。 夏に比べ、ずいぶんと日没が早くなった。 秋風は、暑さを押し退け、この夏の出来事を思い出へと遠ざける。 すっかり秋っぽくなってきた。 今日もあと少し。 もうひと頑張りの時間帯。 ハッピーアワーの店に消えていくスーツの集団を横目に、僕はカフェに入った。 <カフェ店内> 男「キャメルマキアートをホットで、サイズはグランデ」 午前中なら、きっとトールサイズ。 だけど、夕方なので1つ大きめのサイズ。 甘さを求めて、心と財布のひもが緩む。

          ラジオドラマ原稿『セーブしますか?』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年10月10日オンエア分)

          ラジオドラマ原稿『伝えたいこと』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年9月26日オンエア分)

          嘘をつかない。隠し事をしない。泣かせない。 僕が彼女にしないと決めたことだ。 けれど、これらを守っていたとしても、 時には喧嘩になることもある。 昨日、僕は彼女と喧嘩をした。 僕もわがままだし、僕が思うに彼女もわがままだ。 原因は、ここでいうほどでもないくらいに、つまらないことだ。 これまでも何度か喧嘩はあった。 けれど、その日の夜に僕がLINEを送り、 一夜明ければ彼女からLINEが届いていた。 だけどその日は、僕は何もしなかった。 男「バーボン、ロックで」 気が

          ラジオドラマ原稿『伝えたいこと』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年9月26日オンエア分)

          ラジオドラマ原稿『こだわりの生活』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年9月12日オンエア分)

          男 「今日から2人でこの家に暮らすんだなあ」 女 「やっぱり広いね!」 男 「4部屋あるからね」 女 「じゃあ私、一番広い部屋ね!」 男 「なんでよ、俺もそこがいいよ」 女 「いいじゃん、早い者勝ち!」 男 「えー」 女 「じゃあ、じゃんけんね!」 男M 「大学生の頃から付き合っていた僕と彼女は、卒業を期に古民家を借りて、同棲をすることになった。 僕は駆け出しのグラフィックデザイナーを、彼女は駆け出しのインテリアデザイナーをしている。 お互いの創作の場、そして生活の場として

          ラジオドラマ原稿『こだわりの生活』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年9月12日オンエア分)

          ラジオドラマ原稿『僕がしてあげられること』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年8月29日オンエア分)

          彼女が焼酎を買ってやってきた。 女「麦と芋と米。飲み比べをしよう」 そう言っていつものように玄関の靴を脱ぎ捨てて入ってきた。 女「本格焼酎だから、まずは本格的なアテを作る」 そう言っていつものようにキッチンに向かう。 僕は冷蔵庫に入っているソーダを取り出した。 男「とりあえずソーダ割りでいいかい?」 キッチンドランカーの彼女のために素人バーテンダーになるのが唯一僕のしてあげられることだ。 女「待って、レモン切るから。米焼酎のレモンサワーで」 そういうと同時に彼

          ラジオドラマ原稿『僕がしてあげられること』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年8月29日オンエア分)

          ラジオドラマ原稿『一緒に暮らすこと』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年8月15日オンエア分)

          波の音。 女「波の音を聞きながら料理ができるなんて素敵ね」 波の音。 女「波の音を聞きながら、あなたが仕事から帰ってくるのを待つの」 男「僕にもこのキッチンを使わせてほしい。週末は僕のものだ」 女「じゃあ、コーヒーを飲みながらベランダで待ってればいいのね、美味しいトーストが焼き上がるのを」 男「おいおい、目玉焼きだって焼けるさ」 二人「ふふふ」 波の音。 2年前の僕らの会話は、波にさらわれていった。 僕らは海のそばの小さな白い家を借りようとしていた。 ベランダ

          ラジオドラマ原稿『一緒に暮らすこと』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年8月15日オンエア分)

          ラジオドラマ原稿『夕日、沈まないでよ』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年8月1日オンエア分)

          波の音。ホテルのバーのカウンター。 男「何を考えているんだい?」 男は女にそう聞いた? 女「来年の今日は、何をしているんだろうなって」 男「来年もこのホテルに泊まろう、そしてこのバーで海の向こうに太陽が沈んでいくのを見ていよう」 二人の顔はゆっくりと赤く染まっていった。 それは西の海に沈んでいく赤い夕陽と、二人が飲んでいるテキーラサンセットのせいだ。 女「このバーのバーテンダーさんはとてもかわいそうね」 男「どうしてだい?」 女「だって、こんな綺麗なサンセットを見る

          ラジオドラマ原稿『夕日、沈まないでよ』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年8月1日オンエア分)

          ラジオドラマ原稿『出さない手紙』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年7月18日オンエア分)

          ♪ Starting Over / John Lennon バーのカウンター 男はそのバーに手紙を預けていた。 それは3年前に書いた手紙。 何度も書き直してポストまで行って出せなかった手紙。 捨てることもできなかった。 男「マスター、この手紙持っててくれないかな」 手紙を持ったままバーに入り、男はマスターにそう言った。 マスターは何も聞かずその手紙を受け取って、棚の奥に置いた。 3年前のことだ。 手紙は3年間、そこから動いていない。 その手紙を渡そうと思っていた女

          ラジオドラマ原稿『出さない手紙』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年7月18日オンエア分)

          ラジオドラマ原稿『あの頃の彼』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年7月4日オンエア分)

          バーのカウンター。 男「…彼氏とはどう?うまくいってる?」 女「…まあね」 彼女とは半年前に別れた。 理由は、 女「他に好きな人ができた」 そういって一方的に僕はフラれた。 そして半年ぶりにこのバーで再開した。 彼女は髪型もメイクも服の趣味も、 半年前と何も変わってなかった。 変わっているのは、隣を歩く男性が僕じゃなくなったということだろうか。 男「もうここには来ないもんだと思ってた」 女「どうして?」 男「僕とよく来ていたバーだったから。別れたら行きにくくならな

          ラジオドラマ原稿『あの頃の彼』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年7月4日オンエア分)

          ラジオドラマ原稿『私の雨』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年6月20日オンエア分)

          食事のあと別れを告げられることは分かっていた。 レストランを出ると、彼女は左へ、僕は右へ歩き出した。 振り返ると彼女は前を向いてもう遠くにいた。 先の角を曲がるまでずっと彼女の後ろ姿を見ていた。 雨が降り始める。 雨に気付いて僕はやっと歩き出した。 この雨は僕の涙だろうか。 雨が少し強くなる。 男「やれやれ」 僕は雨宿りをすることにした。 彼女も雨に濡れてないだろうか、 と思ったがすぐにその考えは消えた。 こういうとき、いつも彼女は傘を用意していた。 そうい

          ラジオドラマ原稿『私の雨』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年6月20日オンエア分)

          ラジオドラマ原稿『僕の左に座った彼女』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年6月6日オンエア分)

          女「マンションには広いベランダがあること。猫が飼えること。そして近くに素敵なバーがあること」 それが、この街に住む彼女の条件だった。 それを満たすマンションを見つけたけれど、 一緒に住む前に、彼女はこの街から去っていった。 ひとり残った僕は、 この街の狭いベランダのペット不可のマンションに住んでいる。 そしてこの素敵なバーだけは、 僕のいきつけになった。 女「あ、すみません」 その声に思わず驚いて声の主を見たが、彼女ではなかった。 男「こちらこそすみません」

          ラジオドラマ原稿『僕の左に座った彼女』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年6月6日オンエア分)

          ラジオドラマ原稿『未知数な恋愛』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年5月16日オンエア分)

          バーのカウンター。 女「彼、奥さんも子供いたんです」 つい数十分ほど前に初めて出会った彼女は、私にこう言った。 女「ほんとバカみたいで。なんで騙されたんだろう。なんで好きになったんだろうって」 そう言いながら彼女はカクテルを飲んだ。 彼女の飲んでいるカクテルはXYZだった。 「これでおしまい」 彼女は自分にそう言い聞かせているようにXYZを飲んだ。 女「彼、私の顔とかスタイルとかはもちろん、ネイルを変えたら気付いてくれるし、服装も好きだって言ってくれて、笑い声や寝顔

          ラジオドラマ原稿『未知数な恋愛』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年5月16日オンエア分)

          ラジオドラマ原稿『モヒートが飲みたい気分』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年5月2日オンエア分)

          バーのカウンターに一人座っている男。 氷が溶けて音が鳴る。 僕は彼女を持っていた。 1時間経っても彼女は現れなかった。 2時間前に送ったLINEは、まだ既読にならなかった。 飲み終わったジントニックの氷が溶け始めていた。 原因は3日前だった。 女「週末の休みはどう過ごす?」 男「君はどうしたいんだい?」 女「あなたがどうしたいか聞きたいの?」 男「僕はなんでもいいよ。君がしたいことなら」 女「それってなんでもいいじゃなくて、どうでもいいじゃない?」 男「どうしてそう突

          ラジオドラマ原稿『モヒートが飲みたい気分』(オトナの恋愛ラジオドラマ・イシダカクテル_2023年5月2日オンエア分)