カレーの沼から(濱門慶太郎)

主にマガジン「カレーの沼から」で「カレー思考」について書いていきます。 それまで書いてきた業務報告や展覧会報告なども随時。 カラクリワークス株式会社というプロダクションのCEOにして統括プロデューサー、濱門慶太郎です。旭川市生まれ熊本育ち、東京北九州ベルリンを経て福岡。
    • 思考中
      思考中
      • 18本

      仕事とか日常の出来事とかで考えていること

    • カレーの沼から
      カレーの沼から
      • 2本

      カレーの沼からこんにちは。提唱するメソッド「カレー思考」だけじゃなく、カレーについて書いていきます。

    • 愛知芸大非常勤講師録
      愛知芸大非常勤講師録
      • 6本

      愛知県立芸術大学デザイン・工芸科陶磁専攻で、2019年10月から12月まで合計8回行った非常勤講師の記録です。

    • カラクリワークス営業日誌
      カラクリワークス営業日誌
      • 70本

      カラクリワークスの日々を個人的視点で報告します。

    • 美術私手帖
      美術私手帖
      • 28本

      美術・芸術について

    • すべてのマガジンを表示

昨日はフロータン、今日はtiki。
美味しいカレーが食べられて幸せである。

昨晩はプランナーの大先輩に会うために糸島へ。なんだかんだ話をしながら、指導を受けられたことは自分でも驚くほどインパクトのある体験だった。先輩からの指導は久しぶりだった。指導をいただけるとは、なんとありがたいことか。指導とは愛であった。

カレーを作って食べていたら「カレー思考」が湧いてきた話

食べ専から作る方へ もういつからかは覚えていないけど、毎週土曜日は「路地裏カレーtiki」でカレーを食べるのが習慣になっていた。完全に毎週というわけにはいかないけど…

化学実験と造形芸術を行き来する/斎藤悠奈個展「うつわの化学式」展@虚屯

規則性のない割れ方。無造作にみえる滲み。 斎藤悠奈の作品は、一見無秩序な要素が多いようにも見える。しかし実はそれが自然の秩序の発見に真正面から取り組んだ結果生ま…

テクノロジーの発展で変わる人間の思考を観た「未来の芸術展」@森美術館

森美術館で開催中の展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか」 を鑑賞。建築に始まり、服飾や医療など人間を取り囲むあらゆるのものが…

笑った展覧会|「国芳から芳年へ」@福岡市博物館

福岡市博物館の展覧会「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」(2019年11月16日〜12月22日)に行った。久留米市美術館で開催されていた熊谷守一と同じく、これまで印刷物で観る機会…