「アメイジング・スパイダーマン」



マーベル映画大好き人間

なはずですが

この『アメイジング・スパイダーマン』

だけは見逃していました。

ということで

マークウェブ監督版

のスパイダーマン

『アメイジング・スパイダーマン』

初視聴です!

あらすじは

さえない高校生活を送る

主人公のピーター

ある日

遺伝子研究をしている会社を

訪れ

運悪く実験中のクモに

嚙まれてしまう・・

しかし

それをきっか

もっとみる
スキありがとうございます!
1

掃きだめにいる鶴は汚い『ジャスティス・リーグ』

 書くといって書いていなかったのを書く。

 えっと、まずこの記事は憎しみに溢れ的なサムシングだ。このエントリを見てまさか好意的に書いているなんて思うひとはいないと思うけど、念のため言っておくと、くそみそに書いている。いちおう理由なんかも書いておくけれど、この映画が好きで好きでたまらないという人はこの記事は見ない方がいい。それじゃ書いていこう。

 ジャスティス・リーグはその誕生経緯自体複雑だ。監

もっとみる

映画『シャザム』が素晴らしすぎた!!

 今回はアメコミの中でもDCのヒーロー映画『シャザム!』について感じたことを書いていきたいと思います。

映画の詳細:映画『シャザム!』公式サイト 

 私は映画ファンなのですが、アメコミファンでもあります。そして実を言うと、マーベルよりもDC派なのです。そんなDCファンな私ですが実はシャザムを最近まで観ていませんでした……。(まあ理由をつけるなら、DCは暗いのがいいのにマーベルみたいに明るい路線

もっとみる

映画感想 アクアマン

アクアマン 予告編

 映画『アクアマン』は2018年公開。アメリカでの公開初週は6740万ドルを稼ぎ出し、最終的には世界興収10億9000万ドルとDC映画史上最大のヒット作となった。監督のジェームズ・ワンは『ソウ』シリーズや『死霊館』シリーズなどホラーでおなじみの人ではあるが、『ワイルドスピードSKY』や本作『アクアマン』といった明るいエンターテインメントも手がけており、しかもいずれもヒットさせ

もっとみる
ありがとうございます。♡の一つ一つが書く意欲に繋がります。
2

映画『アントマン&ワスプ』感想箇条書き

・嘘だろそこでかよ!サノス!!

・娘も消えたんか…?

・アリは選ばれた

・アントマン周りの人間関係ほんと好き ほど良い程度のコメディタッチ… スコットと娘と妻と相手の男の仲良し信頼感…

・ホープのお母さんと量子世界のアントマンとキャプテンマーベルがエンドゲームのカギになるんですね ここに持ってきたのもなるほどだ 

・お母さんすごい適応してた。布の服着てた。でもあれは表現の仕方がちょっと

もっとみる
私はあなたのことを知りませんが大好きです
4

今更「ジョーカー」の感想noteに返信をいただきました。

エゴサーチしてたら1年前に書いたジョーカーの感想記事にツイートで書き込みがありました。

こんな底辺SNS(失礼だろ!)の衰退アカウントの記事にわざわざ感想いただきどうもありがとうございます。

「殺す」を「〇す」と書かないと凍結される不便な大手SNSの末路でございますねえ^^

あ、そんなことはどうでもいいか!

「殺すシーン」はあっただろ!とおっしゃられておりますが、確かにアーサー君はお母さん

もっとみる
ありがとうございます
9

映画『アベンジャーズ/インフィニティウォー』感想箇条書き

・サノスは舐めすぎ

・インフィニティガントレットを能力じゃなくて武器みたいに使ってる

・インフィニティストーン3つ持った状態であんなに奇襲成功しちゃうのはサノスが敵を舐めてたから、もしくは舐めのスタンスで成功まで粘り続けて成功するタイプの狂人だから

・リアリティストーン持ってるのに劣勢になるなよサノスくん…!

・サノスなんでそんなに宇宙の均衡保ちたいの?何が突き動かす?地球を守りたい奴らと

もっとみる
聖人ですね?
3

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』感想箇条書き

・最高

・超動く。もう大好き

・正直「極彩色」「動く」「アニメ」「熱さ」という4つの点でプロメアを超えるアニメは無いと思ってた。しかしこの作品はこの4つの点を兼ね備えかつそれぞれ土俵でタメ張るくらいの力作だった

・是非とも劇場で観たかった

・これを有名作すぎて避けていた自分、そして劇場で観なかった自分、レンタルの返却期限ギリギリまで避けていた自分、全てが腰抜けだ。こんな素晴らしい作品を味わ

もっとみる
私はあなたのことを知りませんが大好きです
5

【映画館】アダムス・ファミリー(アニメ)

 死体安置所のような場所で不気味な音の不気味な目覚まし時計で目覚める白い布をかけられた人物がいた。体を起こすとブーツに足を通し、ブーツに付いているボルトを電動ドライバーできつく締め付ける。それから化粧台に行き、母の遺骨でアイシャドウを塗り、父の遺骨でチークを塗る。
 その不気味な人物はモーティシアであった。モーティシアは不気味な正装でマンホールの下から、凛とした姿勢で姿を現す。お供に二人を先導させ

もっとみる
スキありがとうございます!
3

本の虫プレイバック③ 売れない芸人がコミコンに行っちゃったよSP(前)

おはようございます。
森貴史です。

いつもスキを押してくれたり、コメントをしてくれている皆様、本当に感謝しています!

さて本日は、昔生配信していた『SHOWROOM』のフリートーク内からの抜粋企画。
今回は昨年11月に行った『東京コミコン2019』の話題です。

実は週一回の生配信が始まって四回目の長尺トークでした。そろそろ新たな視聴者様を獲得したいなと躍起になり、かなり無理をして話題のイベン

もっとみる