今日の響いた言葉

「痛いところはいっぱいあるよ。ホンマに全然ある。でも痛い痛いって言って、いいことないでしょ。出来るなら黙ってやってた方がいい。出来るのに痛い痛い言っているのが一番カッコ悪い」

おなじことでも「準備」っていうよりも「お膳立て」って思う方がしっくりくるし好きなのだ。次のじぶんに向けての「うまく行きますように!」って気持ちと、「しゃあねぇ…やるか!」ってなってる未来をつないでくれる気がするから。うん…そうだ。じぶんからじぶんへの「お膳立て」は、たのしい。

励みになります(^^)
5

叱咤激励と知ったか激励

二つの違いに多くの無駄な時間を費やす。
言う人と言われる人。

叱ると怒るの違いは周知も承知。
意外と知ったか激励をする人達が多い。

算数→数学→幾何学?
数学の問題を算数の人は解からない。無理に合わせようとすると衝突が起こる。
どの分野にもいる、幾化学者(マスター)

そこに到達できるのはその分野の人達だけだろう。(マスター・ヨーダ)
だから、私は今、叱咤激励を受けているようだ!(アナログ・ヨ

もっとみる
ありがとうございます!よろしければシェアも(*´▽`*)
1

Q
自分が考える疑問のほとんどは答えがない。だからネットを使って調べたり、ツイッターで答えを断言する人の所に群れたくなる。でも実際はそれが本当の正解である確率はかなり低いのではないかと感じる。答えっていうのは自分で経験して見つけるものだと思っているので。何事も試しは大事だけどね。

スキありがとうございます!
4

上から目線

今の若い人たちは「上から目線」というのを徹底的に忌み嫌うみたいですね。

彼らが使う「上から目線」という表現は今や相手の全人格を否定できるほどのモンスター・ワードになったような気がします。でも、私は彼らがそんな風に言うのを聞くと、時々「そこかよ!?」と思ってしまうんですよ。

何しろ我々の若い頃は「全出勤日=パワハラを受ける日」だったので、「上から目線」慣れしちゃっているのかもしれません(笑)

もっとみる
こんな駄文を気に入ってもらえてクリビツテンギョーです。
1

書きたいなんて
思ったことはないよ

何か書かないと
生きてこれなかっただけ

書きたいなんて
生ぬるい温度

触れたら
焼けるような冷たさで

触れたら
蒸発するくらいの熱さで

優しくなれたよ 大きくなれたよ
痛みを知ってるのは強さだよ
弱さと同じくらいの力だよ

*洸 雫*

歌を詩うことで生きてきたの

ここまで繋いできたよ
声も 体も 命も 灯火も

言えないことだらけだよ
癒えない傷ばかりだよ

消せない記憶と
消えゆく君と

何もかも連れて歩いてきたんだ
捨てることも 諦めることも
何度も選んで 声を枯らして

詩を歌ってきたんだ

*洸 雫*

振り返っても仕方ないんだ
あのときの君の笑顔より

目の前にいる
君の笑顔を大切にしたい
そう願い続けるんだ

選べるはずだった未来なんてない
これは選んできた未来なんだ

いつでも 未来は
ここにあるから
ここにあるから

忘れないでいてほしい
いつも側にいるから

*洸 雫*

頭の中でぐるぐる
ぐるぐる ぐるぐるしてる

言えなくて 分からなくて
感じてること 言葉にできない

何がしたいかなんて
どこに行きたいのかも

苦しくて 苦しくては
飲み込んで 吐き出せずに

口に出せずに 声に出せずに
溜息になる 溜息になってしまうよ

*ほのか しずく*

「片側二車線」

私は「ことば」がとても好きです。
日本語検定(日本語話者向けの検定)を趣味で受けて準一級取るくらいには、ことばや日本語文法に強い関心があります。(一級は落ちました)

「ことば」とは?

音声や文字などにより表され、特定の意味を伝達する手段となる表現および表現の体系のこと。(by 実用日本語表現辞典)

これです、これ。

この「音声や文字などにより表され」る「表現」の部分と「特定の意味を伝達する

もっとみる