お金のブロック

お金のブロックがだいぶ外れてきた話。No1.

絵の仕事をはじめて自分にものすごく強いお金のブロックがあることを知りました

*値段をつけること

*値段を聞かれたことに答えること

*価格帯

*値段のやりとり

原価となる画材や額にはお金を惜しまない

利益はほとんどないところからスタートして受け取ることになぜか強いブロックがあることに気づきました

給与では食べれるのに絵のお金でラーメン食べれないみたいな

なんなんだろ

物凄いエネルギ

もっとみる
わたしもスキです🐒
6

親との関係が良い、悪い。に向き合う必要がある、なしは関係ない。

先日ようやくうちの母親がスマホにしたようで、
LINEがくるようになりました。
(設定で大慌てしていて大変だった・・・w)

その前までガラケーだったので
メールのやり取りはこんなんでした。

最高に幸せそうで何より・・・💓笑
(あ、先に言っておくとうちの母親は天然です!)

最近。
自分が好きなことして生きていく上で、
自分と向き合う上で
”親との関係に目を伏せないこと”
って大事だなと思った

もっとみる
人生、笑ったもん勝ち!♡
8

【ガーン!これ!まさにこれ!!】

のあー!!!
何人かの方がシェアしてたナリ心理学の関連記事いくつか読んでたら、ぎゃーーー!!これーーー!!!!!ってのを発見。

そうそう、受け取れない(受け取らない)、
収入アップしたいのに上げれない(上げない)、
それって自分にとって何かしらメリットあるからなのよねー😱

私にとってのメリット、何だ?と深掘りして、これに近いとこまできてたけど。。。

見ないようにしてたか、それでも動けない(

もっとみる
ありがとうございます♪あなたにも幸あれ☆
2

日本人にありがちなお金に対するネガティブなイメージの「原因」と「解決策」

お金に対してある無意識の思い込みが

あなたの人生から豊かさへのチャンスを奪っているとしたら

その原因と解決策を知りたくはありませんか?

・お金を儲ける事に抵抗感、罪悪感を感じる

・楽して儲けてはいけない

など、日本人にある特有の

なんとなくお金に対するネガティブなイメージがあるならば、

今回お伝えする

原因とある方法を知る事で、
お金を儲ける事への抵抗感、罪悪感を払拭することができ

もっとみる
スキ嬉しすぎます☺️ありがとうございます!
2

友達だからこそ、ちゃんとお金を払いたい

こんにちは【ごきげん活動家】まなです。

先日、お金に関するお話会に参加してきました。

「自分の作品を販売する仕事をしたいと思っているのに、いざ、お金払うよと言われると、友達からは受け取れないと思ってしまうんです」

そんな風に話していた方がいた。

それを聞いて「友達だからこそ、ちゃんとお金を払いたい」と私は思った。そして、そんな自分が、以前と比べて変化したことを感じていた。

以前の私は「友

もっとみる
ありがとうございます(≧▽≦)
7

お金のブロックとかいうよねー

お金のことを書きたいと思った

【お金のブロック】とかよく聞く

お金のブロックを壊すために万札を破ったり

とか

お金の概念を変えよう

とかよく聞く。

私はお金貯めるのが苦手で

あればすぐ使ってしまう

服とかすぐ欲しくなっちゃう

買っちゃう…

それは欲望に弱い恥ずかしいことだと思っていた

いい歳して貯金がない!?

とかバレるの恥ずかしいしいと思ってて

そもそもお金のイメージが

もっとみる
私もスキ!!!
5

1日300円生活をしていた4年前はお金が無くなるのが怖かったんです。

真冬の北海道でストーブも点けずに
布団に包まって過ごしたり、
何でも「少しでも安い」を基準に買い物をしていました。

最近では

「必要な物は与えられる」とか

「お金は回っている」とか

言葉だけではなく、
体感として知っているので
お金にフォーカスする事が少なくなりました。

ビジネスマンとして、
全く意識していないとか、
目標を立てない訳ではありませんが、
「足りなくなる」とか
「困る」と言

もっとみる
スキ!ありがとうございます。とても励みになります^_^
11

潜在意識でお金をじゃんじゃん

今回は、潜在意識を使ってお金を増やす可能性は無限大にあることについてお話ししていきたいと思います。

アルベルトアインシュタイン は万物を構成する素粒子が波状の動きを持つ性質であることを発見しました。
存在する物全てを最小単位で見たときに、光の粒子、素粒子となります。それは全て波状の動きをしながらエネルギーを放っています。それを波動と言います。

私たち人間も、物も同じようにそれぞれの波動を奏でて

もっとみる

[エッセイ]手放し②

夫を口説き落とすために必要なこと、それは夫が何に対してどのような恐れを抱いているかを知ることだ。

 夫にふたりめが欲しい旨、お伝えすると、いつも「いやいや無理でしょ。おれがつらくなるじゃん」と言われる。

 なぜ?なぜ夫がつらくなるのか。

 だって夫は育児にほぼ参加していない。「手伝う」ということすらしてこなかった人だ。なのにどうして「つらい」という言葉を吐き出せるのか。甚だ謎である。

 そ

もっとみる

『のう越後屋、お主も悪よのう』からの解放

2万人に一人の難病になり、そこからおかげさまで奇跡の復活をさせていただいて、今、私の願いは、世界中の人が健やかに豊かに暮らして欲しいということ。

そんな大きなことを思っても、何ができるのか、よくわからないけれど、思わないより思う方がそこに近づけるし、口に出していた方が叶いやすいっていうから、私はどんどん伝えていきたいと思っています。

元難病患者が健やかに豊かに暮らす世界を作りたいと綴るブログ、

もっとみる
スキ!ありがとうございます❤️
2