溢れる想い 十話

当然ではあるけれど、保健室に辿り着いたところで、中に入らせてはもらえなかった。インフル患者を隔離しているからだ。だが、先生から大志の状態を訊くことができた。――高熱があるようで、病院に行ってみないことには判断できないが、おそらくインフルエンザだろう、ということだった。
 さっきまで、普通に話していたのに。少し、きつかったのかもしれない。おれは、そのサインにまったく感づけなかった。
 今回の文化祭、

もっとみる
嬉しいです(*^^*)
5

安い家

はじめに

この話は、2010年に教えていただいた話です。
問題の物件は、室町期の城跡に含まれる土地にあり、有名な物件でした。平成に入ってすぐに解体されました。
雰囲気をうまくお伝えするために、聞いたままをアップいたします。

安い家

 オレは今年で64歳になるんだが、昔はな、まあ、「男」を売り物にしてたこともあってよ、ちょっとした顔だったんだよ。それが、まあ、ご時勢っつうのかな、まあ、官憲の締

もっとみる
どうもありがとうございます。
22

「オバケ屋敷が癒しになる」のは本当かもしれない・・・【幽霊ゾンビさんの著作を読んで】

昨日の記事で、なかば冗談で

「オバケコンテンツは世界平和に貢献する」

というようなことを書きましたが、以下の本を読んで、冗談ではなく、本当にオバケには悩める人への癒しの力があるのかもしれないと思いました。というのも、、、

台場怪奇学校の舞台裏を記したこの本の白眉が、「自殺して生首だけのオバケと化した」という設定の「みっちゃん」というキャラを登場させたところ、

「自殺したなんてかわいそう。私

もっとみる
¡Mil gracias!
7

【悩みも不安もストレスも吹っ飛ぶ!】世界の人々の「オバケ屋敷でのリアクション」を集めていたら世界が平和になった気がした

前回の記事で「おばけ屋敷プロデュース」のことを語りましたが、その後、英語やスペイン語で海外の「おばけ屋敷」のことを調べていたら、

世界のさまざまな人々の「オバケ屋敷でのリアクション」動画がどんどん見つかり、怖がっている皆様には悪いですが、いちいち、めちゃくちゃ笑えた!

前回紹介した、おばけ屋敷は「共感」を通じて人々の心をつなげるのだ、という五味弘文氏の理論は本当かもしれません。

人種も民族も

もっとみる
励みになります!
7

お化け屋敷プロデューサー五味弘文氏の名言:我々現代人に必要なのは「上質なフィクション」である

東京ドームシティの「パノラマ怪奇館」を筆頭に、画期的なオバケ屋敷を続々とプロデュースしてきた五味弘文氏。

氏の著作、『お化け屋敷になぜ人は並ぶのか』と『人はなぜ恐怖するのか?』の二冊は、私にとってバイブルのようなもの。

どうして「コワイモノ」がエンタメになり得るのか

という問題への明快な回答と

現代人にとって上質に設計された「コワイモノ」に触れることは必要なことである!

というたまらなく

もっとみる
励みになります!
4

これから僕か立つ土俵

自分自身で自分自身の生きている世界を「お化け屋敷」にしていた…

楽園になればそれはそれで良いけど、今は普通の土俵に立ちたい、自分自身の住んでいる世界はお化け屋敷ではなく、普通の世界だと気づかせてあげたい。

お化けだらけの道が、普通の道だったと…

そこでハッピーに向かって歩く!

小さな悩み(そして余談の嵐)

こんばんは。

これが悩みの人って居るのかなぁ。でもそれによって気づいた事があるんです。

私は、極端に驚きやすいのが悩みです。(くだらない笑) え?だから?ってみんな思っているでしょう。でも、結構深刻で、例えばエレベーターに乗っていて、次に止まる階分かるじゃないですか。扉もゆっくり開くし。しかも扉が開いたら人が居る可能性があるって最初っから分かってるじゃないですか。

それでも私は毎回扉が開いて

もっとみる
スキありがとうございます💓
5

はじめまてみました!

少し不思議でちょっと愉快な妖怪やお化けのお話しをしていきます。

全て本当に起こったお話しです。

これから、少しずつ書いていきましょうかねぇ。

お暇な時にまた読んでください😊
1

『Magic-Reality:Corridor』

体験可能施設:TYFFONIUM 台場
フリーローム型、1~4名マルチプレイ
1プレイ:2,400円

 TYFFON社による完全オリジナルのフリーローム型ホラー。8.5m×4.5mのフィールドは紫色一色。バックパックPC、HMD、ヘッドフォン、ランタン、リング(プレイ人数による)を装着し、不気味な洋館の回廊を歩き回る。HMDにはカメラがありクロマキー合成によって、ランタンをもつ自らの手や、同行者

もっとみる

【怖い話】『幻覚の見え出した2人!?』の免許合宿2【ネガティブリアクションズ⑮】

大阪から移動して、40時間ほど経過した妹子と画伯ちゃん。深夜バスと鈍行電車に揺られて目指していたのは福島県新白河市にある『白河自動車学校』だ。

合宿で運転免許を取得するため、バンドに新しく入ったメンバーの妹子と2人でここまでやってきた。

俺たちネガティブリアクションズの活動を止めてまでの合宿。
2006年の夏(9月)の間に、絶対に合格しないといけない!

・持ってきすぎた大量の2週間分の荷物

もっとみる
わーん!ありがとー!!!!!
34