夢乃玉堂

「生きろ! 力強くなくて良い。闘わなくても良い。地べたをはいつくばっても。生き抜けばそれで良いのだ」と、感じる出来事が・・・最近ありました。怪談も恋バナも占いも、何の力にもならないように思えても、わずかでも息抜きのかけらになるのなら、もう少しだけ書いていようと思う。

夢乃玉堂

「生きろ! 力強くなくて良い。闘わなくても良い。地べたをはいつくばっても。生き抜けばそれで良いのだ」と、感じる出来事が・・・最近ありました。怪談も恋バナも占いも、何の力にもならないように思えても、わずかでも息抜きのかけらになるのなら、もう少しだけ書いていようと思う。

    マガジン

    • 玉堂デスヨ。

      癒しの日常と、気がついたあの事。人生が豊かになる一瞬。 怪談、恋愛以外の作品も。

    • 怪談 超ショート あっという間に読める恐怖の物語。

      実体験、体験者からの伝聞、創作など、様々な怪奇と不思議な短編をまとめました。 #ショートショート #短編 #怪談 #不思議 #恐怖

    • シアター第六感! 実際に見た、おすすめの公演を紹介します。

      イベント・演劇・音楽・美術・アートのごっちゃ煮。実際に覗き見したものだけ。我が儘な選考基準とカテゴリーで、勝手に紹介していくことにしました。 「楽しんで書きますので、頑張って読んでください」(本文中敬称略ですみません)

      • 玉堂デスヨ。

      • 怪談 超ショート あっという間に読める恐怖の物語。

      • シアター第六感! 実際に見た、おすすめの公演を紹介します。

    最近の記事

    固定された記事

    「絶対当たる占い師」 作・夢乃玉堂  絶対の恋を求めて占い師の元を尋ねてきた女性を待ち受けていた運命とは?

    「絶対当たる占い師」 作・夢乃玉堂 緑鮮やかな渓流の流れは、意外に冷たく早い・・・ それが、その時の印象だった。 岩に当たって弾ける水しぶきが入り口を濡らす丸太小屋に、真野智花(まのともか)は入った。 肌にまとわりつくようなお香の香りが、智花に仕事を思い出させた。 壁際の影の中には、設え付けの棚が隠れるように鎮座していて、 埃を被ったアンティークな装飾品が並んでいる。 智花は、小屋を訪れた目的も忘れ、それらの品々に見入っていた。 「

    スキ
    387
      • 「おばあちゃんのすいか氷」・・・心遣いが嬉しい静岡のかき氷。

        関西方面では、よく見かける「氷スイカ」ですが、 こちらの「すいか氷」は、盛りが大きい。 食べても食べても終わらない感じ。 それでいて、スイカが程よい緩衝材となってキンとした冷たさは和らぐ。 昭和23年に創業した「静岡おでん おがわ」さんの一品。 同時に温かいおでんも進められるが、 これは、かき氷を食べすぎて体を壊さないように、という配慮らしい。 心まで温かくなりそうだ。 ちなみに、この「静岡おでん おがわ」さんは、なんとあの「サザエさん」のオープニングアニメに登場したこ

        スキ
        26
        • 「氷ざんまい」・・・その名の通りコストパフォーマンス抜群の冷菓。

          チェーン店の「麻布茶房」のかき氷ですが、和風の氷が好きな人には特におすすめ。 「氷ざんまい」の名前通り、実に多彩な味です。 シロップは、抹茶と黒糖にミルク味が三方向からかけられています。 抹茶の上には白玉、黒糖の上にはわらび餅が乗って、さらにソフトクリームのトッピングには、抹茶パウダーとときな粉が振りかけられていますね。 白い蜜も添えられていて、途中で味変も出来ます。 ソフトを崩さないように気をつけて食べていくと、底にはさらに抹茶などのシロップが隠れているのです。これで

          スキ
          41
          • 暑くとも寒くとも

            時々行方不明になる三女。 どうしても見つからない時には、だいたい本棚にいます。 暑くとも寒くとも、棚が大好きな我が家の三女です。 皆さまお体にお気をつけてお過ごし下さい。 #猫 #棚 #暑い #不思議 #謎 #愉快

            スキ
            41

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 玉堂デスヨ。

            • 540本

            癒しの日常と、気がついたあの事。人生が豊かになる一瞬。 怪談、恋愛以外の作品も。

          • 怪談 超ショート あっという間に読める恐怖の物語。

            • 237本

            実体験、体験者からの伝聞、創作など、様々な怪奇と不思議な短編をまとめました。 #ショートショート #短編 #怪談 #不思議 #恐怖

          • シアター第六感! 実際に見た、おすすめの公演を紹介します。

            • 81本

            イベント・演劇・音楽・美術・アートのごっちゃ煮。実際に覗き見したものだけ。我が儘な選考基準とカテゴリーで、勝手に紹介していくことにしました。 「楽しんで書きますので、頑張って読んでください」(本文中敬称略ですみません)

          • 玉堂デスヨ。

            • 540本

            癒しの日常と、気がついたあの事。人生が豊かになる一瞬。 怪談、恋愛以外の作品も。

          • 怪談 超ショート あっという間に読める恐怖の物語。

            • 237本

            実体験、体験者からの伝聞、創作など、様々な怪奇と不思議な短編をまとめました。 #ショートショート #短編 #怪談 #不思議 #恐怖

          • シアター第六感! 実際に見た、おすすめの公演を紹介します。

            • 81本

            イベント・演劇・音楽・美術・アートのごっちゃ煮。実際に覗き見したものだけ。我が儘な選考基準とカテゴリーで、勝手に紹介していくことにしました。 「楽しんで書きますので、頑張って読んでください」(本文中敬称略ですみません)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 「森章二の素読みの会」開催!

              お待たせしました。 9月11日日曜日、神楽坂トンボロにて、「森章二の素読みの会」第二回、開催です。 今回も貴重な江戸話と、朗読でお楽しみ頂きます。 朗読作品は書き下ろしの「討たれて候」。 なぜか仇討ちの相手に間違われてしまう男。 そしてその男に恋する町娘。神楽坂に陰謀と恋心が複雑に揺れ動きます。 ご希望の方は、私か、神楽坂トンボロまでご連絡ください。 お座席に限りがありますので、お早めのご予約を。 よろしくお願いします。 #朗読 #神楽坂 #トンボロ #森章二 #時

              スキ
              32
              • 「どちらまで」・・・超ショート怪談。よ~くその場面を想像してみて。

                飲み過ぎた夜、酔い覚ましもせずに、タクシーに乗り込んだ。 眠気を必死に抑え込んでいる俺が行先を伝える前に、運転手が言った。 「青山霊園で一人、鈴ヶ森処刑場跡で一人、 最後は羽田の鳥居前ですね」 乗ったのは、俺一人のはずなのに・・・。                                         おわり 「タクシー」改訂。 #怪談 #不思議 #謎 #恐怖 #短編 #怖い #タクシー

                スキ
                43
                • 「足音の群れ」・・・超ショート怪談。肝試しに連れてこられた女の運命は。

                  大学の女友達である真理愛に誘われ、Y県にある廃線跡のトンネルを訪ねた。 「このトンネル、出るって有名なんだ。地元の人が何度も見ているらしいわよ」 「やだ~。早く帰ろうよ」 私は全く怖いのが苦手、真理愛はそれを知ってて、心霊スポット巡りに誘って来る。 それなら行かなければ良いじゃないかとよく言われるのだが、 真理愛には上手い事言いくるめられてしまう。 「大丈夫だよ~。トンネルの向こうに美味しいパフェのお店があるから。行こう」 まあ、私が食いしん坊なのがいけないのだけ

                  スキ
                  40
                  • 「三者三様の魅力」・・・言の葉だこっと7月公演。

                    少し前になるが、俳優の町田政則さんが主宰となって、毎月行われている朗読会。「言の葉だこっと 7月公演 (朗読集団くおーれ初公演)」を野方ブックトレードカフェどうひんで鑑賞した。 毎回、様々なジャンルの短編を披露している。 私も数年前に、何本か作品を提供したことがあった。 「毎月ゆる晦日」に公演。という事で、月末の土日に行われる事が多く、 ここ数年はコロナの影響もあって、全く行けなかった。 おそらくは丸3年ぶりとなるが、会の雰囲気は変わらず、和気あいあいとしたものだった。

                    スキ
                    33
                    • 「緑のビールと我が家のきゅうり」・・・夏の一杯。

                      「緑のビールを手に入れたよ」と意気込んで帰ったら、 「ああ。知床ドラフトね。青い流氷みたいなのもあるわよ」 と返された。 もはやビールが黄色いというのは、過去の話なのだろうか。 それでも、グラスに注ぐと、その鮮やかに緑色に心がときめく。 緑つながりで、庭で採れたキュウリを食べた。 こちらもみずみずしくて美味い。 珍しくても珍しくなくても、 美味しい味の前では、何も言うことは無いのだ。                 おわり #ビール #知床ドラフト #緑 #緑

                      スキ
                      40
                      • 「お墓参り」よ~くその場面を想像してみて。ショートショートよりももっと短い、超ショート怪談。

                        『お墓参り』 「お墓から帰る時は、決して振り返っちゃいけないよ」 「どうして?」 「振り返ると、恐ろしい事が起こるのよ」 「え~。どうしよう。僕、さっきちらっと振り返っちゃったよ。え~ん」 「あらあら。泣き出しちゃったの? 大丈夫よ。怖くないから、 ほうら。いないいないばぁ・・・」 前を歩く叔母さんの、髪の毛の間から見える真っ赤な唇が、 そう言って笑わそうとした。 僕はその唇から目を離さず、しっかりと見つめた。 「どうかしたの? 青い顔して何を泣いてるの?」

                        スキ
                        39
                        • 「来世クイズ」・・・超ショート怪談。未来の妄想はほどほどにしておいた方が良い。特に家族については。

                          『来世クイズ』 グラスに残った最後のビールを飲み干しながら、 俺は流し台の前にいるミツコを眺めていた。 思えば40年以上、この女(ひと)には苦労を掛けてきた。 急死したオヤジに代わって、借金だらけの工場を立て直すために 会社を辞めた時も、接待接待でロクに家に帰らなくなった時も、 投資話に騙されて家を失いそうになった時も、 妻は愚痴一つ言わず、家計を支えるためにたくさんのパートを抱え 馬車馬のように働いてくれた。 コアラのような、のんびりした見た目のミツコだが、 リスやハ

                          スキ
                          38
                          • 「おすすめ!ノンアルの黒ビール」・・・うっかりアルコール入りを飲まされた時の事。

                            普段、車で動いている人にとっては、 ノンアルコールビールは、必須ですね。 数年前の夏、ある居酒屋で、ウーロン茶を頼んだら、 ウーロンハイが出てきて、喉が渇いていたので グビビっと飲んでしまいました。 「あ!これノンアルじゃない」 と思って店員さんに聞いたのですが、 「いえ。ウーロン茶ですよ」 と否定されてしまいました。 しかし、すぐに体が火照って、顔も赤くなってしまい、 はっきりと酔いが回っています。 「マズイな。運転しなきゃいけないのに」 帰りの道のりが急に心配に

                            スキ
                            38
                            • 「不満たらたら・・・」という表情。

                              続いていた暑さの為に、体調を壊しているのか、時々、こんな宙を見つめる表情をする。 がんばってくれ~。もう少しすれば、涼しくなる・・・かもね。 ニャゴたちには申し訳ないが、涼みを求めてSCやスーパーをさまよい。 ちょっと変わったものを見つけた。 もみじ饅頭ラムネ。 以前どこかで買ったような気もしたが、 涼みに来たスーパーで、何も買わないのも悪いので、一本買ってみた。 色はご覧の通りのもみじ饅頭色。 広島のメーカーが作っている。 かすかにニッキのような香りがする。 意外

                              スキ
                              33
                              • 「自家製も良いよ」・・・2022年夏の冷菓。

                                暑い日が多かったので、冷蔵庫の冷菓が底をついてきた。 例年と比べて消費量が半端ない。ちょっと経済的にもヤバいかな・・・なんて心配も出てくる。 そこで、自家製のかき氷を思い出した。 写真は、以前作ったメロンを底に敷いてサクランボを乗せたもの。 色も良かった。 付け合わせには、山形で買ったお麩のかりんとうが良い。 外で食べる時は、かき氷は宇治金時を頼むことが多いが、梅のシロップだけをかけただけのシンプルな物なども良い。 冷蔵庫の底に眠っているシロップの類を引っ張り出して、今

                                スキ
                                32
                                • 「今日も暑い」・・・2022年冷菓。チョコはつらいよ。

                                  さて、今回は本当に好みの別れる話。 チョコアイスです。 チョコのアイスクリームは、それしか食べない、という人がいるかと思うと 一方で、チョコはダメ!という人もいますね。 私はどちらかというと、「チョコアイスがちょっと苦手派」なのですが、 特に夏場はつらい。 美味しいんだけど、やはり気温のせいか、敬遠しがち。 この写真のアイスは、夏より冬に食べるべきだった。 美味しいし、コクがあって食べ応えもある。でも夏じゃなくて、冬。 という訳で、少しさっぱりしたくて、以前にも紹介

                                  スキ
                                  40
                                  • 「かくれんぼ2」・・・今日も暑かった。

                                    私の周辺では、「今日も暑い」という話題ばかり続いている。 これは、もうしばらく続くであろう。 さて、疲れて2階に上がろうとして、キラキラした目に出くわした。 こんなところでかくれんぼしてるのか。 ニャゴたちも暑いのだろう。            おわり #猫 #階段下 #暑い #夏 #不思議 #かくれんぼ #避暑 #ニャゴ

                                    スキ
                                    32