夢乃玉堂

「生きろ! 力強くなくて良い。闘わなくても良い。地べたをはいつくばっても。生き抜けばそれで良いのだ」と、感じる出来事が・・・最近ありました。怪談も恋バナも占いも、何の力にもならないように思えても、わずかでも息抜きのかけらになるのなら、もう少しだけ書いていようと思う。
    • 玉堂デスヨ。
      玉堂デスヨ。
      • 156本

      癒しの日常と、気がついたあの事。人生が豊かになる一瞬。 怪談、恋愛以外の作品も。

    • 怪談 超ショート あっという間に読める恐怖の物語。
      怪談 超ショート あっという間に読める恐怖の物語。
      • 111本

      実体験、体験者からの伝聞、創作など、様々な怪奇と不思議な短編をまとめました。 #ショートショート #短編 #怪談 #不思議 #恐怖

    • シアター第六感! 実際に見た、おすすめの公演を紹介します。
      シアター第六感! 実際に見た、おすすめの公演を紹介します。
      • 26本

      イベント・演劇・音楽・美術・アートのごっちゃ煮。実際に覗き見したものだけ。我が儘な選考基準とカテゴリーで、勝手に紹介していくことにしました。 「楽しんで書きますので、頑張って読んでください」(本文中敬称略ですみません)

固定された記事

「絶対当たる占い師」 作・夢乃玉堂  絶対の恋を求めて占い師の元を尋ねてきた女性を待ち受けていた運命とは?

「絶対当たる占い師」 作・夢乃玉堂 緑鮮やかな渓流の流れは、意外に冷たく早い・・・ それが、その時の印象だった。 岩に当たって弾ける水しぶきが入…

「百年峠」・・・怪談。峠の頂きで見たものとは。

怪談『百年峠』 明和7年の夏といいますから 維新までまだ100年以上ある時代のお話。 出羽の国境にある峠の麓で、 平助というお百姓が畑を耕していた。 平助の畑は、…

「麻田君。愛は妄想だと確信する」・・・永遠の愛を誓う鍵。それは。

『麻田君。愛は妄想だと確信する』 麻田君は、高校時代に何度もアプローチして、ようやく付き合い始めた彼女と別々の大学に入学した途端、別れてしまったそうです。 しか…

「エコロの願掛け」・・・もしくは、節約家の願いはどのようにかなえられたか。

『エコロの願掛け』 エコロという節約好きな女性の同級生がいた。 本名は別にあったが、誰もそれで呼ばず、 節約屋、という意味でエコロと呼んだ。 苦学生で一人暮らし…

「彩り豊かな世界がそこにあった」・・・今必要な事。

桂米團治独演会 中央会館 東京での上方落語の独演会は、大阪に比べると少ない。 この貴重な機会を逃さず堪能した。 世の中はうっとうしいニュースが続き、気分が滅入る…

「カメラの前に」・・・ホラー短編。深夜のスタジオで起きたのは。

これは、知り合いから聞いた話です。 『カメラの前に』    私がまだ新人のカメラ・アシスタントだった頃の話です。  今は取り壊されてしまったのですが、都内某所に…