ネット・知識・情報・メディア・教養・教育を考えるマガジン

127

「みんながそうでなくてもいい」と思えれば…

コロナ禍になってから特に、物の見方の違いによる人々の意見の相違、分断が目立つようになってきているなぁと感じます。コロナそのものや、ワクチン、薬、マスク、消毒など、関連するものについての考え方、はたまた健康や人生そのものについての考え方もそれぞれ違って、ネットでも家でも街でも、様々な論争や言い争いが起きているように思います。私はもともと回避型の傾向があるタイプなので、自己主張や言い争いが面倒になって

もっとみる

身分制に学歴に、序列をつけずにはいられない人間様

少し前に書いた大学のあり方に見る「求められる人物像」の変化という記事で、大学の主な設立理由は官僚養成と選抜であり、それが身分制度や藩閥の時代から実力主義や学閥の時代へ変わる変革であったということを書きました。そして現在はどうなったかというと、身分制(血族)と学歴主義と実力主義が混在している世の中だなぁと感じることが多いです。世の中の最トップ層は血族や世襲が主流で、ちょっと下のクラスでは学歴と実力が

もっとみる

なぜ親は子に「勉強しろ」と言うのか

これまで自分自身の人生を振り返る中で何度も親子関係については考え、noteでも取り上げてきました。「もっとこうしてほしかった」とか色々な思いはありつつも、これだけは本当にありがたかったと思っているのが、親は私に「勉強しろ」と言ったことがない、ということです。このことは何度も書いていますが、本当に言われた記憶はなく、いつも自ら進んで勉強していたように思います。中学受験についても自分の意志で決めたこと

もっとみる

大学のあり方に見る「求められる人物像」の変化

大学について色々掘り下げてみようと思ったのは、私自身が受験戦争で疲弊してきた学生時代を送ってきたということもありますし、大学というのはそこに至るまでの教育にも、そこから先の雇用や就職にも深くかかわる機関なので、社会を見つめる上で重要なポイントになるなと思ったからです。一般的に「教育」と言うと、どうしても「いい大学にいくためには」的な話になりがちなのも気になっていました。そこで、大学に関する本をいろ

もっとみる

信念・前提・常識を捨てることの難しさ

今も昔も興味の対象が多すぎて、なかなか一つのテーマを集中して学んだり書いたりすることができないのですが(汗)、最近は大学や教育に関することを書くと言いながら、古代文明の本などを読み漁っています。全然テーマ違うじゃん!という感じなのですが、古代文明の本を読みながら大学や教育のあり方について考えさせられることもかなりありました。

どの分野にせよ、「アカデミズム」や「学問」における「正統派」、「権威」

もっとみる

アプリでオススメされたものを選んでいく人生

先日、友人氏とのやりとりの中で面白い話題があったので記事にしたいと思います。最近マッチングアプリで恋人を作る人が増えてるねと言うような話から、私が「(コロナ禍というのもあり)マッチングアプリを使わないと異性と出会えない社会に追い込まれてきた」というようなことを言ったところ、友人が「恋人も音楽も買い物も比較サイトで比較するか、”あなたにオススメ”を選んでいくような、主体性のない人間を大量生産できそう

もっとみる

権威の解体と情報のフラット化についての考察

昨年末の引きこもり生活で改めて向き合う自分自身 という記事で予告していた、「大学」や「教育」についての考えを少しずつ書いていきたいと思います。昨年12月に起きた土星と木星が重なるグレートコンジャンクションという出来事を境に、「風の時代」が到来するといった話が、占星術やスピ系を中心に話題となっています。これまでは「地の時代」、これからは「風の時代」に変わるよ、と言われても…という人も多いかもしれませ

もっとみる

仕事も学びも「喜び」であるように…

私は実家暮らしで両親と一緒に暮らしているのですが、このコロナ禍で在宅勤務が基本となり、ほぼ四六時中、家族で家にいる生活が半年以上経ちました。親はいつも嫌々仕事をしているようで、毎日愚痴をこぼしており、一日の大半を嫌々やる仕事で過ごすって辛いよな…と思いながら、そんな親にお茶を淹れたりご飯の支度をしたりして過ごしています。

話は変わって、好きなテレビ番組の話を。テレビ東京で月曜の20時からやってい

もっとみる

マスコミの言うことが真実になるように「見える」世の中で

分断する気も見下すつもりもないと前置きした上で書きますが、世の中に対するその人の物の見方がよくわかるのって、マスコミに対するスタンスだなぁとコロナ禍でつくづく感じています。マスコミの言うことを信じるか、どうか。コロナが怖いとかマスクやワクチンがどうのとか、色々な考え方がありますけど、マスコミ、特にテレビの言うことを真実だと信じている人と、マスコミは嘘ばっかり、と思っている人とでは世の中の見方が大き

もっとみる

マスクと心の閉塞とルッキズムと…

コロナ騒動でマスク義務社会になりつつある現代。これから暑い時期になるというのにマスク、マスク…。今日買い物で駅の方まで行ったら、ほぼ99%の人がマスクをしていて、なんだか怖くなりました。私は店に入る時だけさっとつけて、移動の時はしていないのですが、街を歩く、自転車に乗る、中には車に乗る、ほぼすべての人がマスクをしているのを見て、「いやー、この民族を洗脳、支配するのは簡単だね…」と思ってしまいました

もっとみる