働きながらスローに旅する「旅暮らし生活」

25
記事

旅の哀愁がただただ深まる午後6時ごろ。

日が沈みかけ、ぽつぽつ灯りがつき始める時間。
仕事が終わり、人々は好き好きに自分の時間を過ごし始める。
昼間とはまた姿を変え、夜を顔を見せる街並み。
まだまだ夢から覚めたくない。
そんな旅の午後6時ごろの写真を集めました。

読んでいただき感謝です!
5

火薬の匂いと太鼓の音が響き渡る、深夜のバスターミナル【トルコ・ブルサ】

トルコの古都ブルサで3日間の滞在を終えて、パムッカレのあるデニズリに向かうため、夜のバスターミナルで時間を潰していた。

深夜0:00発のバスだったため、暇つぶしに仕事でもしようかなとカフェでカタカタしていたら、外がなにやら騒がしい。

スポーツでも歓声しているかのような大勢の男の人の叫び声と、どんどんっと響く大きな太鼓の音。
音がする方へ目を向けてみると、ターミナルの外に大きな人だかりができてい

もっとみる
嬉しい!ありがとうございます!
11

きっとこんな時間は永遠じゃないから【モロッコ・マラケシュ】

現在地はモロッコのマラケシュ。
すっかり車社会になった現代でも、入り組んだ細い道が続く旧市街の中では
馬やロバが人や荷物を乗せて走っている。

スパイスの香りが漂う迷路のような路地には、まるでアラビアンナイトのようなランプ、絨毯、革靴、食器やアンティークな雑貨を売る商店が所狭しに並び、朝から晩まで活気に満ちている。

夕暮れごろになると広場はさらに賑わい、露店に屋台、あちこちで蛇使いや猿使い、民族

もっとみる
ありがとうございます!
14

「おはよう」から「おやすみ」まで夢の中

ゆらゆら揺れる、白いレースのカーテンの隙間から、暖かい陽の光がキラキラさして目を覚ました。

「あぁ、昨日は風が気持ちよかったから窓を開けたまま寝たんだっけ。」

寝ぼけながらも、東南アジア特有の南国の鳥の声がしてここが異国の国だということを思い出す。

窓を開けてバルコニーに出ると、目の前は一面ヤシの木で向こうの方に大きな川が見える。ぽけ〜と目をこすりながら眺めていると、バルコニーの下から部屋の

もっとみる
嬉しい!ありがとうございます!
9

ポルトガルの古都ポルトを街歩き。

2020年1月、ポルトガルの古都に来てみました。
港町のポルト。「ポルトガル」の由来になった街でもあります。

今回は街から2kmくらい離れた住宅街に、Airbnbで1週間部屋を借りてポルト旅暮らし。しばらくホステル生活だったので、お家はやっぱり落ち着くなぁ。

部屋はよかったけど、唯一大変だった壊れた洗濯機。笑

ポルトは運河沿いの可愛い街。オレンジの屋根と、センスのいいセレクトショップが並んで

もっとみる
嬉しい!ありがとうございます!
7

はじめまして、モロッコ。

念願のモロッコにやって来ました。
もうそこは大西洋、ついにアフリカ大陸上陸です。

海外ノマド生活を始めて4年目。
時差や収入の関係もありなかなかアジアを離れられませんでしたが(ていうかタイが快適すぎただけなんだけど)、去年の秋に思い切ってインドへ、その後日本に帰るのもなんなんでということで、イスタンブールへ行きだらだらとヨーロッパを中心に旅暮らししております。

モロッコは学生の頃からずっと行っ

もっとみる
ありがとうございます!
9

イスタンブール行きの機内でのちょっとした出会い

インドで20日間の旅暮らし生活を終えて、トルコへ向かう。

ニューデリーからイスタンブール行きの機内で、ブータンのお偉い方達かな?と思える御一行様と遭遇した。2人の夫人と4〜5人の男性たち。

派手というほど鮮やかではないが、遠くから見ても上質さを感じる伝統衣装は、着てる人の気品を際立たせる。搭乗者が少なかったフライトのため、彼らは特に目をひく存在だった。

飛行機を降りるとき、道を譲るとニコッと

もっとみる
嬉しい!ありがとうございます!
3

過去に受けた、海外旅暮らしに関する質問をまとめました。

こんにちは、Maya(@Mayayan6)です。
海外旅暮らしに関して、過去に受けたこのある質問をまとめてみました。
海外での暮らしやノマド情報に関しては、実際にやってる人に聞いてみないとわからないこともまだまだ多いです。色々なお問い合わせを受けてきて、時間的に全ての質問にじっくりとお返事ができないので、特によく聞かれる質問を載せています。

今回は私の個人的な情報なども色々入っているため有料とさ

もっとみる
嬉しい!ありがとうございます!
23

ロマンチックが溢れるトルコの魅力を語らせてください。

こんにちは、mayaです。
フリーランスでデザインの仕事をしながら世界中で旅暮らし中。
現在地はトルコのイスタンブールです。

今回トルコに来たのは、インドから日本行きのチケット行きを探していた時、ふと目に留まったのがきっかけでした。訪れるのはもう少し先かなと思っていましたが、「今行かなくていつ行く!」という心の声に押されて、ついポチっとしている自分がいました。

そんなノリで決めてしまったトルコ

もっとみる
ありがとうございます!
20

今、この瞬間の気持ちを大切にしたいー「感情の鮮度」について。

今朝イスタンブールの宿で朝食を食べながらふと思ったこと。
それは「感情の鮮度」について。

感情って多分鮮度がすごく大事で、今感じたことを「まぁいっか」と後回しにしていると、その時の気づきは忘れてしまい、何も感じなかったかのよう白紙に戻る。

現代人は忙しいのでしょうがない。

例えば私だと、世界中旅をしていると毎日あれやこれや色々考える。
「あぁ夕日のグラデーションがパステルカラーで綺麗だな〜」

もっとみる
ありがとうございます!
15