parkERs

植物と共生するニューノーマル。アップサイクルな「地球を掘削しない土」開発秘話

人も、植物も、環境も、すべてが心地よく感じる空間デザインを目指し、設計やデザイン、プロデュース等を手掛けさせていただいているparkERs(パーカーズ)。4年ほど前から、植物を室内に植える際に使う「土」の開発プロジェクトに取り組み始めました。

約4年の歳月をかけ、グッドデザイン賞受賞へ

そして今年、2020年度のグッドデザイン賞を受賞!なぜ新しい土を開発することになったのか、どんな土なのか、こ

もっとみる
いつもありがとうございます🌹
2

“世界はグレーからグリーンへ” 2030年に描く、公園・都市・自然がつながる未来の街づくり

世界的な潮流を受けて働き方や生活も大きく変わるなか、わたしたちは“世界はグレーからグリーンへ”をテーマに様々な発信を続けてきました。

日常にここちよい時間をデザインするブランドparkERsの10年後のビジョンは、“公園のようなここちよい街” をつくること。

時代が変わり、想像できる「未来像」も変わった今、10年後のわたしたちにとってのここちよさとは何なのか?この度、2030年にわたしたちが作

もっとみる
いつもありがとうございます🌹
4

「世界はグレーからグリーンへ」ライブ配信。ゲスト5組とparkERsが今、考えること

空間デザインブランド parkERs(パーカーズ)が主催する、人と地球の未来を考える「Indoor Park "ONLINE" Talk Show (インドアパークオンライントークショー)」。約1年ぶりに開催場所をオンラインに移し行なったのは、シリーズ企画の第1弾「クリエイターとアウトプット」(全5回)。

オンライン配信の準備をするparkERsブランドマネージャー梅澤(左)と、クリエイティブデ

もっとみる
ありがとうございます。よろしければシェアもお願いします🌼
6

国産材を用いてCO2削減に貢献する、心地よいオフィスデザイン

「日常に公園のここちよさを。」をコンセプトに、花や緑、木や水といった公園の要素を用いて、人が豊かな時間を過ごすことができる空間を作る、空間デザインブランドparkERs。

わたしたちのオフィスでは、地球環境に配慮したデザインから働き方の向上まで、様々な角度から、持続可能な社会の実現につながるような仕組みづくりに取り組んでいます。

parkERsのオフィスでは東京都多摩産の木材を多く使用していま

もっとみる
いつもありがとうございます🌹
6

アクティビティ企画の裏側!四季を全身で感じる「100の体感」って?

2021年4月末にリニューアルオープンを予定している「いばらきフラワーパーク」で、どんな思い出に残る「記憶」や「体感」を生み出すことができるのか。今日は現在進行中のアクティビティ企画の裏側を、企画担当者のエピソードとともにご紹介します。

「見る」から「感じる」フラワーパークへ進化中

茨城県石岡市に位置する「茨城県フラワーパーク」は、2021年4月末、五感で感じる「いばらきフラワーパーク」として

もっとみる
ありがとうございます。よろしければシェアもお願いします🌼
7

オフィスに植物を取り入れる魅力と効果、維持の方法とは?自社オフィスの“育てるメンテナンス”に密着!

働き方改革や感染症対策の影響から、リモートワークや在宅ワークの方も増えてきた昨今。オフィスに何を求めるか?は多くの企業が考える重要なポイント。
従業員満足度やリクルート効果、企業イメージ向上の観点から「オフィスに植物を入れる」という選択肢に注目が集まっています。

とはいえ、生き物である植物。維持はどうやってするのか?どのような効果があるのか?これは気になるポイントです。

今回のnoteでは、花

もっとみる
いつもありがとうございます🌹
13

【parkERsの中のヒト】 なぜか惹かれる植物の魅力。「好き」を仕事に、地域に愛される空間を届ける/クリエイティブ室 花田美晴

バトンをつなぎお届けしているparkERs(パーカーズ)のnoteオリジナル企画「parkERsの中のヒト」。

「日常に公園のようなここちよさを。」をコンセプトに空間デザインを行なうparkERsのスタッフ、一人ひとりにクローズアップするシリーズ企画です。

前回のプロデューサー井上さんからリクエストを受けて、今回はプランツコーディネートチームの花田美晴(はなだ みはる)さんに注目。※このシリー

もっとみる
嬉しいです!励みなります🌱
11

月々の植栽維持管理費が最大50%オフ?「職人の勘」を数値化した新サービス

「ジャングルのように多くの植物に囲まれ、リラックスした空間にしたい!」
「でも月々の植栽維持管理費用は抑えたい!」

parkERs設立以来、お客さまからのこうしたご要望をいただいてきました。

一般的な室内植物(植栽レンタル)の世界でいうと、

「植物の数が増える」=「月々の維持管理費も増える」

が当たり前。

わたしたちparkERsでは設計とデザインができることを強みに、植物の数だけをむや

もっとみる
いつもありがとうございます🌹
8

アウトドア好き多し!?parkERs空間デザイナーのインスピレーションの源とは?〜虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー テラス席〜

「日常に公園のここちよさを。」をコンセプトに、都市に公園のような心地よい空間を作り出す空間デザインブランドparkERs。

花や植物、水、風、土、木など、様々な自然の要素に「人」の姿が入って、初めて公園は心地よい風景になる、とわたしたちは考えています。慌ただしい都市の中で、公園にいるときのようにホッと落ち着ける、豊かな時間をデザインするために、デザイナーは日々インスピレーションを求めています。

もっとみる
嬉しいです!励みなります🌱
52

「世界はグレーからグリーンへ」 “コロナ禍での変化”をクリエイティブな5人と考える

公園の心地よさを取り込む空間デザインを行なっているparkERs(パーカーズ)が、不定期で行なっているイベントのご紹介です。コロナ禍で多くの影響を受けざるを得ない時代ですが、この先をどう過ごすかは私たちの意思で決まってくるのもまた事実。

そこでparkERsでは、様々なジャンルで活躍するクリエイティブな豪華ゲストを巻き込んで、全5回に渡りコロナ禍での変化とクリエイティブの可能性について考えながら

もっとみる
いつもありがとうございます🌹
7