J-FIC(日本林業調査会)

森と木と人をつなげる最新情報をお伝えしていきます。
    • 「遠藤日雄のルポ&対論」大全集
      「遠藤日雄のルポ&対論」大全集
      • 101本

      『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」。2006年3月にスタートしてから一度も休むことなく、今も続いている名物連載のバックナンバーをいつでも読めるようにしていきます!

    • 『林政ニュース』ダイジェスト
      『林政ニュース』ダイジェスト
      • 496本

      隔週で発行している「林政ニュース」のエッセンスや速報などをお伝えします。

    • 本と電子書籍のお知らせ
      本と電子書籍のお知らせ
      • 10本

      J-FIC(日本林業調査会)が発行している本(紙の書籍)と電子書籍に関する最新情報をお伝えしていきます。

海外も視野に内装材の需要開拓・池見林産工業

戦後の拡大造林によって造成されたスギやヒノキの人工林から大量に出材される並材をどう有効活用するか。これまでは木造軸組工法住宅で多用される柱などの構造材に焦点が当…

長期優良先導モデルで地域材を活用、三井ホーム

大手2×4住宅メーカーの三井ホーム(株)(東京都新宿区、生江隆之・代表取締役社長)が国産材の利用に乗り出している。昨年度の長期優良住宅先導的モデル事業に「地域材…

住宅メーカーの国産材シフトがあぶりだした光と影

国産材業界の様相が激変している。大手住宅メーカーの国産材シフトが明確になり、新しい需要に挑戦しようとする製材・加工メーカーやプレカット工場が存在感を増してきた。…

2×4住宅で国産材率50%へ、三菱地所ホーム

2×4工法(枠組壁工法)住宅メーカーの三菱地所ホーム(株)(東京都港区、脇英美・代表取締役)が国産材の積極的な利用に乗り出している。同社が建築する2×4住宅の国…

年10万m3のスギ板挽き量産工場・くまもと製材

国産材の安定供給体制づくりを目指す大型プロジェクト「新生産システム」もいよいよ残すところ1年になった。各圏域の進展状況はまだら模様だが、その中で完成度の高い圏域…

不況を乗り越え新成長段階へ 古河林業と「三木」・下

(前回からつづく)国産材へのニーズを的確に捉えて好業績を上げ始めた古河林業(株)(東京都千代田区、古河久純・取締役社長)と三陸木材高次加工協同組合(岩手県住田町…