日本酒の上級資格(提供者側の)に関して、細かくすみわけを考えてみました。

最近、飲食、酒類関係者で評価が上がってきたSake Diplomaの資格

Sake Diplomaの資格に関して、酒類、飲食関係者からの評価が高いと感じる事が多くなってきて、この資格に関する知名度が徐々に上がってきているし、また、難しい試験の一つというように認識されているように感じる事が多々あります。
私の中では、きき酒師と酒匠の中間位のレベルの試験と認識していますが、業界の中での評価は意外に高

もっとみる
ありがとうございます。もしよろしければフォローお願いいたします
1

✲蓮根(れんこん)の煮物✲10分でとても美味しく作ります‼︎

✲蓮根(れんこん)の煮物✲
秋になると煮物が恋しい。
これは、あまり煮込まずに、
塩鮭を焼いている間にパパッと作成‼︎ 

煮込むような食材が入っていないので
10分くらいで作れます。
こんな短時間なのに美味しい一品。

お肉は今回は、薄切りの豚肉を使いましたが、鶏もも肉もおすすめ。

お肉と、蓮根と、厚揚げと深葱。
胡麻油で炒めて、
味付けは、
お砂糖、みりん、お酒、少しのだし醤油と
美味しさの

もっとみる
かたじけない💞
5

戦国期から江戸初期に日本酒造りの技術が発展した理由 本日の紹介酒は、澤の鶴 特別純米生酛 実楽山田錦 (兵庫県 灘)

応仁の乱が起こった頃の日本の人口と、関ヶ原の合戦頃の日本の人口(画像は応仁の乱wikipediaより引用)

 応仁の乱の発生時(1462年)前後の人口の目安として、1450年頃の日本の総人口は約1000万人前後だと言われています。その後、関ヶ原の戦いが行われた1600年頃の日本の総人口は1500~1600万人前後と言われていて、僅か150年の間に大きな戦乱の時代が全国規模で発生しているにもかかわ

もっとみる
ありがとうございます。もしよろしければフォローお願いいたします
7

疲れた時は、魚卵に限る〜酒処ユイじょりのカラスミそば

あなたはうどん派、そば派、どっち?

きのこたけのこに次ぐ、あなたはどっち系クエスチョン。

今の回答は、全力で「そば」なのだが、20台後半まで私のこたえは、「うどん」だった。

うどんが好きというより、そばが苦手だったのだ。

私と、そば

私はそばのメッカ、信州で高校卒業までを過ごした。

そばが大好きな両親に連れられて、よく安曇野方面や信州の山奥、秘境感ただよう村までそばを目当てに訪れたもの

もっとみる
こんな村山化してる眉毛ボーボーな俺でもいいですか?🐩
37

グルメ紹介/20200327@神保町・惣菜処やまじょう

美味しいお惣菜をつまみながらの会食を堪能いたしました。

和食の味わいは、身体にも優しい感じがします。
またぜひ行きたいお店です。

もっとみる
ありがとうございます!頑張ります!
3

酒処ユイじょり、女将の苦悩〜注文の多いお客へのtofu料理

先週土曜日の夜、パリのすみっこでひっそりと開店した、酒処ユイじょり。

このときのテーマは「お豆腐」だったので、「半年ぶりに食べたいtofuを使ったおしながき」を用意した。よって、女将的メインは揚げ出し豆腐だ。

このときのお客(もれなくOtto氏)の反応。詳しくは書かなかったのだけど、揚げ出し豆腐は一口かじった後、しれっと私のお皿によこしてその後目もくれず。

一方で、ひたすら自分が大好きすぎる

もっとみる
照れるなあ・・・😌
32

アメリカで生きる決断をして、0からスタートする

アメリカ側のナイアガラフォールズを土日で観光してきました。

コロナの影響で空いているお店は少なかったですが、NY州はlow risc stateに指定されているため、MA在住であれば自由に行き来できます。

ナイアガラフォールはカジノでも有名な観光スポットです。

止まったのはSheratonホテルですが、夕飯はSENECA内のレストランでいただきました。

結構チーズが多くてオイリーでした・・

もっとみる

パリの青空を、イカは泳ぐ〜飲兵衛による、夏の終わりの自由研究

8月31日。
世間では、今日をもって夏休みが終わる。

まだまだ30度ごえの日々が続く残暑厳しい日本とちがって、私の住むフランス・パリでは、すでに先週の時点で夏は終わりを告げたようだ。

今年の夏は、前代未聞の制約の多いバカンス期間だったように思う。
この時期のために生きていると言っても過言ではないバカンス大好きフランス人も、様々な制約、そして不安のもと、おそらくいつもより近場でそれぞれの夏を過ご

もっとみる
スキスキスキ🐶
35

パリのはしっこで今宵も開店、酒処ユイじょり

「日本では毎日食べるものなのでどこでも当たり前に手に入るけれど、海外ではなかなか手に入りにくいもの」

フランス以外は住んだことがないのでわからないけれど、個人的には、「納豆」と「豆腐」がまっさきに挙がる。

豆腐と、私

カエルの子は、カエル。
血は争えないもので、私の両親もまごうことなき飲兵衛だ。

父は利き酒の資格を持ってるんだよねって前にぼそっと言っていたし、母は鋼の肝臓を持っている。私か

もっとみる
スキスキスキ🐶
43