noteのはじめかた

はじめまして!

こんにちは

ぼくは現在中学3年生の受験生です。

しかし、勉強はしたいことしかしていません。

その理由を軽く、書いていきたいと思います

突然ですが、、、

僕自身、勉強が苦手だったわけではありません!

定期テストでは最高で478/500点、実力テストでは430/500点を取ったことがあります。テスト前の土日は本当に10時間近く勉強していました。

ですが、、

こんなに勉強を頑張って、テス

もっとみる

得意領域以外をnoteに書くことで、新しい趣味や価値観を探したいと思います。

初めての「note+SNS」はじめ方

集客・PR・お仕事募集など、情報発信を実務に活かしたくてnoteを書こうと思ってるあなたへ。ネット空間の情報に振り回されていませんか。リアルで学んだ「リアル」がどれほど大事なのか、お伝えしたいと思います。

書いて情報発信するとは「自分をどう知ってもらうか」と「自分が何を成したいのか」の両輪の輪だと思います。

何百本もnoteを書いて、年間15本以上ワークショップをやってきた経験を活かした貢献を

もっとみる
おお!うれしー!!
67

「noteOP」夜話

2019年10月8日、神戸市にあるコミュニティ型ワーキングスペース「 #ONPAPER 」でおこなわれた「 #noteのはじめかた 」というイベントに参加した。そのことは、すでに記事にしているので、noteを使う上で役立つ情報は上の記事を参照してほしい。

モデレーターを務めたのは、元大手広告代理店勤務で、現在は福岡在住の池松潤氏。自他共に認めるnoteのファンである。このことも、上の記事ですでに

もっとみる

【イベントレポート】「noteのはじめかた」に参加して

2019年10月8日、神戸市にあるコミュニティ型ワーキングスペース「#ONPAPER 」でおこなわれた「 #noteのはじめかた 」というイベントに参加した。

目次

モデレーターを務めたのは、元大手広告代理店勤務で、現在は福岡在住の池松潤氏。自他共に認めるnoteのファンである。

「自分のことを知ってもらう」ための7つのポイント

① プロフィールを書きましたか?

② プロフィール画像は工

もっとみる

noteを書くものとして、持ち続けたいこと

noteを書く時、どうやって書いていいのかわからない、どんなネタを書いたらいいのかわからない、どうしたらもっと読まれるのだろう…と考えるのはnoteを書いている人なら、思ったことがあるはず。

私が悶々とそんなことを思っていた時に出会った「本文のポイント(noteのはじめかた)」。

noteを書くうえでのポイントがわかりやすいです。

私はエッセイを書くことが多いので、無視する点も多いのですが。

もっとみる
嬉しいです!
8

noteのディレクターさんにnoteについて聞いてきました

6月某日、noteを運営されているピースオブケイクさんのオフィスを訪問させていただきました。
そこでディレクターの水野さんに魅力的なnote / たくさん読んでもらえるnote についてお話を聞いてきたことと、私が感じたことを書きたいと思います。

noteを読んでいる人について

noteの特徴の1つは、記事の読了率が高いことだそうです。

写真や動画などで視覚に訴えるInstagram、140

もっとみる

noteは自分用のメモと思って始めよう

昨日参加した #comemo#徳力さん セミナー。とてもよかったです。

noteを始める上の心構えとして徳力さんがおっしゃったのが冒頭のタイトルです。

noteをやってみたいなと思いながら手を出さずにいたところ、夫がこのセミナーを見つけてきてくれて参加しました。

SNS界隈に疎いせいで徳力さん自体を今回のセミナーで初めて知った次第だったのですが、有名な方なんですね。ご自身ではSNSオタ

もっとみる
嬉しいです^_^
15

Hello, World!

1年前、世間では難関と言われている某美術系大学の絵画科を卒業した。入学当時は美術作家になりたいし、なれるのだと思っていたが、色々あって今は美術とは関係のない別の仕事をしている。

最近また何か、絵に限らず創作活動をしてみたいと思い、noteのアカウントを作った。
文章を書くという行為は、自分の頭の中だけでぐるぐるしている思考をひとまず形にして残しておくことで、次へ次へと進んでいけるのがいいなと思う

もっとみる

note、はじめました。

こんにちは!

2019年3月17日…本日、note初投稿!
はじめまして。瀬川と申します。

まずは、簡単な #自己紹介 から。

2007年にサイバーエージェントに新卒で入社をし、営業を1年半。

2008年に子会社である(株)ウエディングパークに出向し、
Webディレクターとしてプロモーションやユーザーサポート、編集、ライティングなどの仕事に携わり

2013年に現在の広報宣伝のセクションを

もっとみる