脱!一斉授業 反転授業で時間を生み出す
+1

脱!一斉授業 反転授業で時間を生み出す

一斉授業は古い。 「アクティブラーニング」、「主体的・対話的で深い学び」の推進が叫ばれ続けていますが、私の高校では未だに一斉授業が主体です。 人間染みついている指導スタイルを変えることは難しいのかも知れません。 当然変化をもたらせば、問題や混乱が出てきますので、負担が生じてしまいます。 しかし、これからの時代、一斉授業で身に付けられる知識に価値があるのでしょうか。 Googleで調べれば答えは簡単に見つかりますし、教科書をなぞるだけの授業であれば不要だと思います。

スキ
1
アフリカのデジタルリテラシーに取り組む、Ustackyの革新的なEdTechアプローチ
+3

アフリカのデジタルリテラシーに取り組む、Ustackyの革新的なEdTechアプローチ

ナイジェリア発のEdTechスタートアップのUstackyは、ウェブとモバイルをベースにした学習プラットフォームで、コンピュータ・プログラミングとITのトレーニングと認定「マイクロ・ディグリー」を提供しています。彼らは、質の高いビデオコンテンツ、クイズ、オンラインプロジェクトを通じて、アフリカの人々に業界関連のテクノロジースキルを教え、受講生の就職を支援することを目的としています。ナイジェリアの失業率は、2020年第4四半期の27%から、現在は33%に上昇しており、Ustac

スキ
3
有料
200
Kahoot!に最近ハマってしまい、毎日コツコツとKahoot!作りに励んでいます。
このた度、Kahoot!アカデミー認定教育者に認定されましたのでこれからもKahoot!作りに励み、反転授業の実践と生徒がアウトプットする時間の確保に精進しようと思います。

Kahoot!に最近ハマってしまい、毎日コツコツとKahoot!作りに励んでいます。 このた度、Kahoot!アカデミー認定教育者に認定されましたのでこれからもKahoot!作りに励み、反転授業の実践と生徒がアウトプットする時間の確保に精進しようと思います。

スキ
1
Manabieを退職し、ベトナムで起業しました
+3

Manabieを退職し、ベトナムで起業しました

サマリ・Manabieを退職しました。青春でした。Manabieに興味がある方、連絡お待ちしています。 ・ベトナムのホーチミンに会社を設立しました。 ・日本企業向けにソフトウェア開発、PdM、Growth、分析をベトナムで受託しています。仕事を依頼したい方・興味がある方がもしいたら、DMください。 ・ベトナム向けのサービスも作り始めました。ブレストしてくれる方、DMください。 ・TwitterのDMはこちらです。 Manabieでの思い出5月末から続く社会隔離生活でほとんど

スキ
30
「早く、いいものを作り続ける」ために走り続けるatama plusコンテンツチームのお仕事
+3

「早く、いいものを作り続ける」ために走り続けるatama plusコンテンツチームのお仕事

こんにちは!よこやんです。普段はatama plusという教育✕AIのスタートアップで、主に文系科目(英語・社会)の講義動画をつくる仕事をしています。 今回は「atama+」で実際に生徒さんが取り組む問題や動画などを制作している、コンテンツチームについてご紹介したいと思います! atama plusでは他社と比べてどんな点を工夫して教材制作をしているかなどについても、元々ベネッセで教材をつくっていた自分の立場も踏まえて解説させていただきます。 「atama plus」って

スキ
22
【AI x 教育 論文紹介】 第1回 Deep Knowledge Tracing
+12

【AI x 教育 論文紹介】 第1回 Deep Knowledge Tracing

はじめまして。atama plusというAI x 教育のスタートアップでエンジニアをしている安本です。4月に入社して、6ヶ月が経とうとしています。 教育の分野では、アカデミア・インダストリーの両方で、日々様々な研究が世界中で行われおり、特にAIをはじめとしたテクノロジーの活用は大きなトピックとなっています。これらの研究成果を必要に応じてプロダクトに適用できるよう、atama plusでは週に1度、AI x 教育に関連する論文の勉強会を行ない、世界的な技術トレンドのキャッチア

スキ
28
ミッション「新しい学びの環境を創り出す」に込めた想い【社長&副社長インタビュー】
+9

ミッション「新しい学びの環境を創り出す」に込めた想い【社長&副社長インタビュー】

こんにちは。採用広報チームの伊藤です。 先日公開した「はじめまして」の記事は読んでいただけましたでしょうか? 今回は、ミッションとして掲げる「新しい学びの環境を創り出す」をテーマに、上記の自己紹介でお話しさせていただいた、私たちCOMPASSが大切にしていることについて、もう少し詳しく(そして熱く!)ご紹介できればと思います。 ということで、今回登場してもらう”COMPASSの中の人”は、代表取締役CEOの小川(通称:正幹さん)、取締役副社長の佐藤(通称:潤さん)の経営ボ

スキ
14
ハグカム、設立6周年!未来を考え続けた1年。
+5

ハグカム、設立6周年!未来を考え続けた1年。

9月9日はハグカムの設立記念日。 2015年に創業したので、本日6周年を迎えました。 そして、今日から7年目となります。 毎年ささやかにケーキを買ってみんなで頬張りながらお祝いをしていましたが、去年からはオンラインでの記念撮影。 去年は私のお手製の背景画像でしたが、今年はデザイナーがいるのでお願いしました!(去年の私の背景がお恥ずかしいレベル…) 様々な雇用形態のメンバーがいるので全員での記念撮影はできませんでしたが、去年からメンバーは倍増し、できることが増えたおかげで

スキ
9
【INTERVIEW/カスタマーサクセス】教育×ITで課題解決を目指す
+2

【INTERVIEW/カスタマーサクセス】教育×ITで課題解決を目指す

今回は、モノグサ社のカスタマーサクセスチームでご活躍の伊藤卓さんにお話を伺いました!伊藤さんは主に生徒数50人~1000人未満の塾様を対象に、より良いMonoxer活用のための運用方法のご提案を行われています。ご自身の教育に関する思いとモノグサへの期待について語っていただきました。 (インタビュー・文:nono) 教育×ITを探す中で行きついたモノグサ---モノグサにいらっしゃる前のお仕事について教えてください。 モノグサは3社目です。 1社目はシステムインテグレータで

スキ
4
【meepa成長記録】第3話:偶然を味方につけるべし

【meepa成長記録】第3話:偶然を味方につけるべし

運を味方につける。こういうとなんかスピリチュアル系の人だと勘違いされてしまいそうですが、今回はそんなお話しです(ちなみに、僕は全然そっち系の人ではありません。占いとか無関心なタイプです)。 起業家の自伝を読むと結構な確率で一か八かの勝負に勝った的なエピソードが出てきますし、最近ハマってる『コテンラジオ 』を聞いていても、「歴史に名を残す人って能力や努力だけじゃなく、時代や当時の環境といった自分ではコントロールできない要因を味方につけてる人だよなぁ」って思ったりします。 m

スキ
12