ジマタロ

デザイン・ストラテジーについて日々かんがえています。本・イベント・体験したことなどから…

ジマタロ

デザイン・ストラテジーについて日々かんがえています。本・イベント・体験したことなどから気づいたことをグラレコメモを交えて感想を書きます。2018年までのアーカイブはこちら( https://designstrategy-studyroom.blogspot.com/

マガジン

  • 学習のデザイン

    「学校教育にデザインを」をテーマに、学習がもっと面白く創造的になれるようなデザインを考えていきます。

  • デザインストラテジー Studyroom

    デザインストラテジーについて学ぶために、ビジネス・ソーシャル・クリエイティブのいろいろな視点から、本を中心に感想とグラレコを合わせて紹介します。

  • リビングルームのあるHOTEL

    みんなが集まってPC作業をしたりおしゃべりができる「リビングルームのあるホテル」をテーマに、自身が宿泊してみた面白いホテル・ホステル・ゲストハウスをマンガ形式で紹介していきます。

最近の記事

  • 固定された記事

Designship2022に登壇してみた

11月12日にdesignship2022でお話した内容を、こちらに共有します。 カテゴリとか肩書きにとらわれず、自分がこれまでデザインで取り組んだり考えたことを整理する機会にもなりました。どうぞご覧ください。 1.はじめに こんにちは、中島です。 モノとデジタルのデザインについて、お話しします。 僕はデザイナーとして仕事をはじめて、今年で20年になります。そのうち最初の10年はモノのデザインに、後半の10年はサービスやデジタルのデザインに関わっています。 今年のは

    • 学校は不要・必要?(社会教育経営論)

      大学院で学ぶ「学習のデザイン」。今回は、刺激的なこのタイトルについて、考えてみます。 学校は義務? 「義務教育だから学校には行くべき」多くの大人はこういいます。 それに対する反論も昔からあります。例えば海外に目を向けると、アメリカではホーム・スクーリングが認められていて、学校が合わなかったエジソンなど、多くの偉人が存在します。 いじめ、不登校、学級崩壊など、学校に行くことが辛いと感じている生徒はたくさんいます。2022年の統計を見ても数は増え続けていて、もうすでに学校

      • 社会教育にもビジネスと戦略が必要である理由(社会教育経営論)

        大学院で学ぶ「学習のデザイン」。今回は社会教育士の資格取得に関する授業の1つ、社会教育経営論に関する内容です。 社会教育士とは まずは社会教育士について、あらためておさらいです。教える人といえば学校の先生を思い浮かべますが、2者を比較して書いてみます。 学校教師:学校や教育機関で教える資格を持ってる人 社会教育士:学校以外の場で教える専門性を持っている人 なので、僕が取ろうとしている社会教育士は、学校で教える資格があるわけではないけど、学校以外の場で教える何かしらの

        • 旺文社が切り開いた教育コンテンツのデザイン(教育コンテンツ開発)

          大学院で学ぶ「学習のデザイン」。今回は授業の名前通り、教育コンテンツで産業を切りひらいた先駆者のご紹介です。 旺文社という出版社はなんとなく知っているかと思いますが、この会社を創業した人が今回の主役です。 教育コンテンツの革新者 旺文社の創業者、赤尾好夫さんの実績はこちら。 1931年:旺文社を設立(大学卒業後すぐ) 1937年:赤尾の豆単といわれる英語単語集を発売(大ロングセラー) 1952年:文化放送の創業に参加 1957年:日本教育テレビ(現在のテレビ朝日

        • 固定された記事

        Designship2022に登壇してみた

        マガジン

        • 学習のデザイン
          80本
        • デザインストラテジー Studyroom
          108本
        • リビングルームのあるHOTEL
          1本

        記事

          「あいだ」こそが大事だとわかる中範囲理論(実践と理論の融合)

          大学院で学ぶ「学習のデザイン」。前回につづけて理論について、今回はレイヤーの観点から整理してみます。 理論の階層 まず、すごく大きな話から入ると、理論の枠組みはこんなレイヤー分けで成り立っています。 哲学レベル:概念・存在論・世界観などメタ的な問い 理論レベル:理論のなかでの階層 実証レベル:方法論・アプローチ 上位はWhyで下位がHowのレイヤーですが、どれも〜論と呼べるような項目になっています。この上下の関係に対して、左右が実践の関係と考えると、関係性がわかり

          「あいだ」こそが大事だとわかる中範囲理論(実践と理論の融合)

          実践なき理論は役に立つのか?(実践と理論の融合)

          大学院で学ぶ「学習のデザイン」。前回は実践について書いたので、今回は理論側について書きます。 授業で学んだことをそのまま書いてみたら、難しい内容で自分でもよくわからなくなったので、概念的なことにはあまり深掘りせず、「理論ってなんの役に立つの?」に注力してまとめてみます。 理論=予測できる まず理論の定義から。このように書かれています。 うーん、よりわからないような。(理論を説明するのに「理論的に〜」という言葉を使うのは辞書としてどうなんだろう?)もう少し、ブレイクダウ

          実践なき理論は役に立つのか?(実践と理論の融合)

          社会教育が受けられる公共施設のそれぞれ(生涯学習支援論)

          大学院で学ぶ「学習のデザイン」。今回は、学校以外の場所で学習の機会が得られる公共施設についてまとめてみます。 区分としては大きく3つ、地方公共団体によって設置されている、公民館・図書館・博物館です。では、それぞれ見て見ましょう。 公民館 こう書くと古い印象ですが、こんな施設が公民館が該当します。 市民センター 生涯学習センター 文化センター みんなが住んでいる近所にもたくさんあるかと思います。どちらかというとシニアの方の利用が多いと思いますが、僕は生涯学習センタ

          社会教育が受けられる公共施設のそれぞれ(生涯学習支援論)

          教育ビジネスとコンテンツの変遷(教育コンテンツ開発)

          大学院で学ぶ「学習のデザイン」。記事とは関係ない内容ですが、6/3(金)に学習イベントで話します。行動経済学に関する内容ですので、ご興味ある方はぜひ。 さて、今日は、戦後から日本の教育ビジネスがどう移り変わり、コンテンツの進化について、まとめてみます。 1960年代:悪かろう高かろう 日本が高度経済成長に突入して、多くの団塊世代が高校や大学に通うようになった時代です。40-50人が10クラスもある学校など、人数に施設が追いついていない状況でした。 またこの時代は学生運

          教育ビジネスとコンテンツの変遷(教育コンテンツ開発)

          社会のためでもある生涯学習(生涯学習の理論と発展)

          大学院で学ぶ「学習のデザイン」。今回は生涯学習に関する授業の共有です。 今年から「社会教育士」の資格を取ることができるようになりました。自分は教員免許をもっていませんが、これから教育分野に関わるうえで持っておくとよいかと考え、資格必要な単位を取得するために授業を受けることにしました。 そのため前期の授業が大変になって、研究の進捗が大変ですが、これはこれとして、ちゃんと学びます。 社会教育とは何か 教育の領域は大きく分けて3つあります。 学校教育 家庭教育 社会教

          社会のためでもある生涯学習(生涯学習の理論と発展)

          実践知ってなんだ?(実践と理論の融合)

          大学院で学ぶ「学習のデザイン」。今回は実践と理論の関係のなかで、実践知にフォーカスして考察します。 実践知とは? 実践とは、実際にやってみることです。あたりまえですが。 もう少し踏み込んで言葉にすると、自身がもっている理論や知識を実際の状況で行動してみることです。なので実践には知識がともないます。だから実践知という言葉が成立します。 いや、知識なんか使わずに実践してることだったあるよ、という反論があるかもしれません。直感とか感覚的にとか本能とか。 でも、これも知識な

          実践知ってなんだ?(実践と理論の融合)

          教育だってビジネスだから戦略が必要(教育コンテンツ開発)

          大学院で学ぶ「学習のデザイン」。M2の前期に履修する2つ目の科目は「教育コンテンツ開発」です。 教育は決して普遍的なものではなく、時代や社会に適した授業や学習プログラムを提供する必要があります。このようなビジネスやサービスの視点で教育に関われることが、この授業の目的です。1 講師は、「学びエイド」で教育事業も実践している廣政先生です。 今回は、全体をさっと見通す内容で紹介します。 コンテンツとは 教育とコンテンツ、あまり親和性がなさそうですが、法律ではこのように定義

          教育だってビジネスだから戦略が必要(教育コンテンツ開発)

          粘りと染み込みが大事な、暗黙知と形式知(実践と理論の融合)

          大学院で学ぶ「学習のデザイン」。やっとM2の授業がはじまりました。今年は論文に集中したいところですが、前期はもう少し履修します。 そのうちの1つが「実践と理論の融合」という科目です。M1で「知の理論」「教育学」「認知学習論」などの理論を多く学びましたが、実践で活用できないと宝の持ちぐされなので、めちゃ大事です。 では、はじめに暗黙知と形式知という異なる2タイプの知識から、理論と実践の関係を探ってみます。 暗黙知と形式知 暗黙知とは個人のなかに蓄積されている知識として、

          粘りと染み込みが大事な、暗黙知と形式知(実践と理論の融合)

          即興性がカギとなる、クリエイティブ・クラスルーム(探究演習)

          大学院で学ぶ「学習のデザイン」、今日は最初にちょっとお知らせです。 社会人の学習に関するメディアサイト、エレファント・キャリアさんからインタビューを受けて記事を掲載いただきましたー。 社会人大学院で学ぶいろいろな人が、自身のキャリアを考えながらに学んでいるお話がたくさん載っていますので、読んでみてください。(もし、自分のことも知ってもらいたい、という人がいましたらおつなぎしますよ) さて、今回はキース・ソーヤーさんという方の本を紹介します。 即興がカギ この人、コン

          即興性がカギとなる、クリエイティブ・クラスルーム(探究演習)

          わかりやすい省察的実践(探究演習)

          大学院で学ぶ「学習のデザイン」。今回は省察についてです。 省察とは? あんまり聞いたことない言葉ですが、省察とは簡単にいうと振り返ることです。漢字から読み解くと内省や自己観察という言葉があてはまります。だけど、そんな簡単なことではないようです。 省察的実践とはドナルド・ショーンという人が打ち立てた理論ですが、本人が書かれた本は超難解らしく、(なぜか)先生からは「あなたは授業を受けなくても大丈夫ですよ」と言われました。 代わりにこちらの本を勧められました。これを読めば基

          わかりやすい省察的実践(探究演習)

          日本だってこんな学校がある(探究演習)

          大学院で学ぶ「学習のデザイン」。まだ春休みなので本の紹介です。 今回は3冊の本をまとめて取り上げますが、いずれも著者はライター/編集者の崎谷実穂さんによるもので、新しい学校がテーマです。 3冊はN高、立命館アジア太平洋大学、三菱みらい育成財団について取材した内容になってます。それでは1つずつ見ていきましょう。 N高:ネットの高校はじめました N高はいわずと知れた、カドカワ出資によるネットを活用してリモートで授業が受けられる通信制の高校です。 N高の生徒数は2023年

          日本だってこんな学校がある(探究演習)

          学校の「当たり前」をやめた。(探究演習)

          大学院で学ぶ「学習のデザイン」。春休みなので今回は本の紹介です。 今日とりあげるのは、工藤勇一さんの本です。 教員の方です。麹町中学校の校長のときにいろいろな教育改革を行った方であり、現在も横浜創英中学校・高等学校の校長として教育現場に携わっている方です。ウェブ上にいろいろなインタビュー記事を読むことができます。 たくさんの本も出ていますが、その中でガツんと頭に入ってくる本を2冊紹介します。1冊目はこちら。 学校の当たり前を見直す この本の中では、次のような「当たり

          学校の「当たり前」をやめた。(探究演習)