Rave

先出) '95 till Infinity 089

90年代西オーストラリア州パースを舞台とする3人の少年の物語、" '95 till Infinity " 第6章・"World Skaters Day"の先出有料マガジン内の記事です。

マガジンをご購入頂ければ読めますが、第5章の全エピソードの無料投稿が終わり、第6章の無料投稿が始まる段階で、無料開放されます。

↓ 以下、"'95 till Infinity 089"です。

よければ、フォローもお願いします!
16

'95 till Infinity 086

⇒ 小説全体の目次は こちら 。

【 第5章: Buried in the Closet 007 】

ブラインドの隙間から射す朝日に起こされた俺は軽い二日酔いを引きずりながらキッチンへもそもそと歩く。

キッチンカウンターに全体重を任せ、電気湯沸かし器の口から上がる細い湯気を眺めながらお湯が沸くのをじっと待つ。

マグカップの中で待つリプトンティーバッグにお湯を注ぎ、ティースプーン山盛り2杯の

もっとみる
よければ、フォローもお願いします!
21

先出) '95 till Infinity 087

90年代西オーストラリア州パースを舞台とする3人の少年の物語、" '95 till Infinity " 第6章・"World Skaters Day"の先出有料マガジン内の記事です。

マガジンをご購入頂ければ読めますが、第5章の全エピソードの無料投稿が終わり、第6章の無料投稿が始まる段階で、無料開放されます。

↓ 以下、"'95 till Infinity 087"です。

こっぷんかっぷ!
13

先出) '95 till Infinity 085

90年代西オーストラリア州パースを舞台とする3人の少年の物語、" '95 till Infinity " 第5章・"Buried in the Closet"の先出有料マガジン内の記事です。

マガジンをご購入頂ければ読めますが、第4章の全エピソードの無料投稿が終わり、第5章の無料投稿が始まる段階で、無料開放されます。

↓ 以下、"'95 till Infinity 085"です。

よければ、フォローもお願いします!
11

'95 till Infinity 085

⇒ 小説全体の目次は こちら 。

【 第5章: Buried in the Closet 006 】

ベルベットのソファーの上で俺は夢を見る。

俺の鼻先にはカイロが立っている。目の前に立つカイロは俺の記憶の中のカイロとは全く違うし、現在のカイロとも大分違うだろう。

目の前に立つのは、俺が創り出した今のカイロ。

俺が知っている一番ひどかったときのカイロよりももっとガリガリで、10年分のドラ

もっとみる
こんなノートですみません!
16

'95 till Infinity 083

⇒ 小説全体の目次は こちら 。

【 第5章: Buried in the Closet 004 】

キッチンからはニコールがグラスを洗うかちゃかちゃという音。他にも夕食の食器があったのか、しばらく音が止むことはない。

無言で食器を洗うニコール。
ニコールは何もなかった訳がないことを知っている。
そして、もちろんそれが仕事に関係がないことも知っている。

俺は今まで仕事や仕事によってもたらさ

もっとみる
ありがとうございます!
18

Romy / Lifetime 輝かしい時代を取り戻すためのメッセージ

KKV Neighborhood #45 JUST LISTENING - 2020.10.02
by 与田太郎

The xxのロミーのソロ・デビュー曲”Lifetime”が公開された。春から発売が噂されていたソロ・アルバムからの先行シングルで僕はこの曲を今年一番楽しみにしていた。DJとして出演が決まっていたフジロックも延期となり、このままリリースも来年になるかと思った矢先の公開だった。

サウ

もっとみる

貸しっぱなしの「アイツ」

ずっと貸したままのマンガがある。
今から15年くらい前に週刊少年マガジンで連載されていた、真島ヒロさん作の「RAVE」である。
海原に浮かぶ小さな島で育った王族の末裔の少年が、「RAVEマスター」の後継者として、記憶喪失の少女や数々の仲間たちと共に世界を旅しながら、世界を闇の力で支配する「デーモンカード(DC)」に立ち向かうストーリーである。
ネタバレを避けるためにもあらすじはこれくらいにして、今

もっとみる
拙い文への「スキ」に感謝です。ご興味があればフォローもぜひどうぞ。
2

'95 till Infinity 079

⇒ 小説全体の目次は こちら 。

【 第4章: The World is Yours 011 】

誰にも、何にも負けない鋼鉄の意志。
こいつなら喧嘩になっても目を逸らして下を向くことはないんだろう。

それまでの堅い表情を照れ笑いで崩すと、リチャードはすぐにこう続ける。

「なんか、演説みたいになっちまったな。アボリジニ版マルコムXってか。
俺はリチャード、あんた名前は?」

俺たちは互いの名

もっとみる
こっぷんかっぷ!
25

'95 till Infinity 081

⇒ 小説全体の目次は こちら 。

【 第5章: Buried in the Closet 002 】

ドアノブまであと数歩のところで斜めに突き出した左足が堅い何かを踏む。と、同時にそれはギリギリと音をたて、レンガの上を滑り出す。

俺の左足は律儀にそれに付き合い、あれだけ酒を呑まされた右足に踏ん張ることを期待することもできず、バランスを失った俺は派手に背中から転んでしまう。

宙に浮かんだ俺は

もっとみる
頑張ります!
15